エンコーディングと改行

Visual Studio では、[ファイル] メニューの [保存オプションの詳細設定] を使用して、必要な改行の種類を決定できます。 また、同じ設定でファイルのエンコーディングを変更することもできます。

注意

開発設定の種類によっては (Visual Basic、F#、Web 開発)、メニューに [保存オプションの詳細設定] が表示されない場合があります。 設定を (たとえば [全般] に) 変更するには、[ツール] から [設定のインポートとエクスポート] を開きます。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

Visual Studio では、次の文字が改行として解釈されます。

  • CRLF: キャリッジ リターン文字とライン フィード文字 (Unicode 文字では 000D + 000A)

  • LF: ライン フィード文字 (Unicode 文字では 000A)

  • NEL: 次行記号 (Unicode 文字では 0085)

  • LS: 行区切り記号 (Unicode 文字では 2028)

  • PS: 段落区切り記号 (Unicode 文字では 2029)

    他のアプリケーションからコピーされたテキストでは、元のエンコーディングと改行文字が保持されます。 たとえば、メモ帳からテキストをコピーし、Visual Studio でテキスト ファイルに貼り付けた場合、貼り付けたテキストの設定は、メモ帳で使用していた設定と同じになります。

    改行文字が異なるファイルを開くと、一致しない改行文字を正規化するかどうか、また、どの種類の改行を使用するかを確認するダイアログ ボックスが表示される場合があります。