[検索/コマンド] ボックスFind/Command Box

[検索] ボックスでは、テキストを検索し、Visual Studio コマンドを検索できます。You can search for text and run Visual Studio commands from the Find/Command box. [検索] ボックスは、ツール バー コントロールとして使用できますが、既定では表示されません。The Find/Command box is still available as a toolbar control, but is no longer visible by default. [標準] ツール バーの [ボタンの追加または削除] を選択し、[検索] を選択すると、[検索] ボックスを表示できます。You can display the Find/Command box by choosing Add or Remove Buttons on the Standard toolbar and then choosing Find.

Visual StudioVisual Studio コマンドを実行するには、コマンドの先頭に不等号 (>) を付けます。To run a Visual StudioVisual Studio command, preface it with a greater than (>) sign.

[検索] ボックスでは、最近入力した 20 個のアイテムが記憶され、ドロップダウン リストに表示されます。The Find/Command box retains the last 20 items entered and displays them in a drop-down list. 方向キーを選択すると、一覧を参照できます。You can navigate through the list by choosing the arrow keys.

[検索] ボックスFind/Command Box
[検索/コマンド] ボックスFind/Command Box

テキストの検索Searching for Text

既定では、[検索] ボックスにテキストを指定して Enter キーを押すと、Visual Studio によって、[フォルダーを指定して検索] ダイアログ ボックスで指定したオプションが使用され、現在のドキュメント ウィンドウまたはツール ウィンドウで検索されます。By default, when you specify text in the Find/Command box and then choose the ENTER key, Visual Studio searches the current document or tool window using the options that are specified in the Find in Files dialog box. 詳細については、「テキストの検索と置換」を参照してください。For more information, see Finding and Replacing Text.

コマンドの入力Entering Commands

[検索] ボックスを使用して、文字列の検索ではなく、Visual StudioVisual Studio の単一のコマンドまたはエイリアスを実行するには、先頭に不等号 (>) を付けて Visual StudioVisual Studio コマンドを入力します。To use the Find/Command box to issue a single Visual StudioVisual Studio command or alias rather than search for text, enter the Visual StudioVisual Studio command, prefaced with a greater than (>) symbol. 例:For example:

>File.NewFile c:\temp\MyFile /t:"General\Text File"  

または、コマンド ウィンドウを使って、単一または複数のコマンドを入力して実行することもできます。Alternatively, you can also use the Command window to enter and execute single or multiple commands. コマンドまたはエイリアスには、単独で入力して実行できるものと、構文に引数の指定が必要なものがあります。Some commands or aliases can be entered and executed by themselves; others have required arguments in their syntax. 引数を持つコマンドの一覧については、「Visual Studio コマンド」をご覧ください。For a list of commands that have arguments, see Visual Studio Commands.

エスケープ文字Escape Characters

コマンド ラインにカレット (^) 文字があると、その直後の文字は制御文字としてではなくリテラル文字として解釈されます。A caret (^) character in a command line means that the character immediately following it is interpreted literally, rather than as a control character. したがって、引用符 (")、スペース、先頭のスラッシュ、カレット、その他の任意のリテラル文字をパラメーターまたはスイッチの値に直接埋め込むことができます。ただし、スイッチ名には埋め込むことができません。This can be used to embed straight quotation marks ("), spaces, leading slashes, carets, or any other literal characters in a parameter or switch value, with the exception of switch names. 次に例を示します。For example,

>Edit.Find ^^t /regex  

カレットは、引用符の前後のどちらに置かれた場合でも同じ働きをします。A caret functions the same whether it is inside or outside quotation marks. 行の最後の文字がカレットの場合は無視されます。If a caret is the last character on the line, it is ignored.

関連項目See Also

コマンド ウィンドウ Command Window
テキストの検索と置換Finding and Replacing Text