Visual Studio の機能拡張を管理する

拡張機能は Visual Studio 内で実行されるコード パッケージであり、新しい機能や改善された機能が提供されます。 拡張機能には、Visual Studio に機能を追加するためのコントロール、サンプル、テンプレート、ツール、またはその他のコンポーネントなどがあり、Live ShareVisual Studio IntelliCode がその例です。

Visual Studio 機能拡張の作成方法については、「Visual Studio SDK」を参照してください。 拡張機能の使用方法については、Visual Studio Marketplace で拡張機能別のページを参照してください。

[拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックス

[拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスを使用して、Visual Studio の拡張機能をインストールおよび管理します。 [拡張機能と更新プログラム] ダイアログを開くには、[ツール] > [拡張機能と更新プログラム] を選択するか、または クイック起動 検索ボックスに「拡張機能」と入力します。

[拡張機能の管理] ダイアログ ボックスの管理

[拡張機能の管理] ダイアログ ボックスを使用して、Visual Studio の拡張機能をインストールおよび管理します。 [拡張機能の管理] ダイアログを開くには、 [拡張機能] > [拡張機能の管理] を選択します。 または、検索ボックスに「拡張機能」と入力し、 [拡張機能の管理] を選択します。

Visual Studio の [拡張機能] ウィンドウ

左側のウィンドウには、インストールされている拡張機能、Visual Studio Marketplace で利用可能な拡張機能 ( [オンライン] )、入手可能な更新プログラムがある拡張機能に分類されて表示されます。 [拡張機能マネージャーのローミング] では、任意のコンピューターまたは Visual Studio のインスタンスにインストールしたすべての Visual Studio 拡張機能のリストが維持されます。 好みの拡張機能をより簡単に検索できるように設計されています。

拡張機能を見つけてインストールする

拡張機能は Visual Studio Marketplace か、Visual Studio で [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスからインストールできます。

Visual Studio 内から拡張機能をインストールするには:

  1. [ツール][拡張機能と更新プログラム] で、インストールする拡張機能を見つけます。 拡張機能の名前か名前の一部がわかっている場合は、 [検索] ウィンドウで検索できます。

  2. [ダウンロード] を選択します。

    拡張機能がインストール対象としてスケジュールされます。 拡張機能は Visual Studio のすべてのインスタンスが閉じられた後にインストールされます。

依存関係がある拡張機能のインストールを試みると、依存関係の対象が既にインストールされているかどうかがインストーラーで検証されます。 インストールされていない場合は、拡張機能のインストール前にインストールする必要がある依存関係の一覧が、 [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスに示されます。

[拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスを使用しないインストール

.vsix ファイルにパッケージ化された拡張機能が、Visual Studio Marketplace 以外の場所から取得できる場合があります。 [ツール][拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスではこれらのファイルを検出できませんが、.vsix ファイルをインストールすることはできます。その場合、.vsix ファイルをダブルクリックするか、ファイルを選択して Enter を押します。 その後、指示に従って操作します。 拡張機能がインストールされたら、 [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスを使用して、拡張機能を有効化、無効化、またはアンインストールできます。

注意

  • Visual Studio Marketplace には、VSIX と MSI 両方の拡張機能が含まれています。 [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスでは、MSI ベースの拡張機能を有効化または無効化することはできません。
  • MSI ベースの拡張機能に extension.vsixmanifest ファイルが含まれている場合は、 [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスに拡張機能が表示されます。

拡張機能は Visual Studio Marketplace か、Visual Studio で [拡張機能の管理] ダイアログ ボックスからインストールできます。

Visual Studio 内から拡張機能をインストールするには:

  1. [拡張機能][拡張機能の管理] で、インストールする拡張機能を見つけます。 (拡張機能の名前か名前の一部がわかっている場合は、 [検索] ウィンドウで検索できます。)

  2. [ダウンロード] を選択します。

    拡張機能がインストール対象としてスケジュールされます。 拡張機能は Visual Studio のすべてのインスタンスが閉じられた後にインストールされます。

依存関係がある拡張機能のインストールを試みると、依存関係の対象が既にインストールされているかどうかがインストーラーで検証されます。 インストールされていない場合は、拡張機能のインストール前にインストールする必要がある依存関係の一覧が、 [拡張機能の管理] ダイアログ ボックスに示されます。

[拡張機能の管理] ダイアログ ボックスを使用しないインストール

.vsix ファイルにパッケージ化された拡張機能が、Visual Studio Marketplace 以外の場所から取得できる場合があります。 [拡張機能][拡張機能の管理] ダイアログ ボックスではこれらのファイルを検出できませんが、.vsix ファイルをインストールすることはできます。その場合、.vsix ファイルをダブルクリックするか、ファイルを選択して Enter を押します。 その後、指示に従って操作します。 拡張機能がインストールされたら、 [拡張機能の管理] ダイアログ ボックスを使用して、拡張機能を有効化、無効化、またはアンインストールできます。

注意

  • Visual Studio Marketplace には、VSIX と MSI 両方の拡張機能が含まれています。 [拡張機能の管理] ダイアログ ボックスでは、MSI ベースの拡張機能を有効化または無効化することはできません。
  • MSI ベースの拡張機能に extension.vsixmanifest ファイルが含まれている場合は、 [拡張機能の管理] ダイアログ ボックスに拡張機能が表示されます。

拡張機能をアンインストールするか、無効にする

拡張機能の使用を停止するには、その拡張機能を無効化またはアンインストールします。 拡張機能を無効にした場合、その拡張機能はインストールされたままですが、アンロードされます。 拡張機能を見つけて、 [アンインストール] または [無効にする] をクリックします。 Visual Studio を再起動して、無効にした拡張機能をアンロードします。

注意

VSIX 拡張機能を無効にすることはできますが、MSI を使用してインストールした拡張機能を無効にすることはできません。 MSI でインストールした拡張機能はアンインストールのみが可能です。

ユーザー単位の拡張機能と管理者用拡張機能

ほとんどの拡張機能はユーザー単位であり、 %LocalAppData%\Microsoft\VisualStudio\<Visual Studio version>\Extensions\ フォルダーにインストールされます。 一部の拡張機能は管理者用拡張機能であり、 <Visual Studio installation folder>\Common7\IDE\Extensions\ フォルダーにインストールされます。

エラーや悪意のあるコードを含む可能性がある拡張機能からシステムを保護するために、通常ユーザーのアクセス許可で Visual Studio が実行されている場合にのみユーザー単位の拡張機能を読み込むように制限できます。 そうすれば、管理者特権のアクセス許可で Visual Studio を実行している場合には、ユーザー単位の拡張機能が無効にされます。

ユーザー単位の拡張機能のロードを制限するには:

  1. 拡張機能のオプション ページを開きます ( [ツール] > [オプション] > [環境] > [拡張機能] )。

  2. [管理者として実行しているときにユーザーの拡張機能を読み込む] チェック ボックスをオフにします。

  3. Visual Studio を再起動します。

拡張機能の自動更新

拡張機能は、Visual Studio Marketplace で新しいバージョンが使用可能になると自動的に更新されます。 拡張機能の新しいバージョンは、バックグラウンドで検出されてインストールされます。 次に Visual Studio 開いたときには、新しいバージョンの拡張機能が実行されます。

自動更新を無効にする場合は、すべての拡張機能または特定の拡張機能のみを対象としてこの機能を無効にできます。

  • すべての拡張機能の自動更新を無効にするには、[ツール][拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスの [[拡張機能と更新プログラム] 設定の変更] リンクを選択します。 [オプション] ダイアログで、 [拡張機能を自動的に更新します] をオフにします。

  • 特定の拡張機能の自動更新を無効にするには、 [拡張機能と更新プログラム] ダイアログの右側にある拡張機能の詳細ウィンドウで、 [この拡張機能を自動的に更新する] オプションをオフにします。

  • すべての拡張機能の自動更新を無効にするには、[拡張機能][拡張機能の管理] ダイアログの [拡張機能の設定を変更する] リンクを選択します。 [オプション] ダイアログで、 [拡張機能を自動的に更新します] をオフにします。

  • 特定の拡張機能の自動更新を無効にするには、[拡張機能の管理] ダイアログの右側にある拡張機能の詳細ウィンドウで、[この拡張機能を自動的に更新する] オプションをオフにします。

クラッシュと無応答の通知

Visual Studio では、前回のセッション中に拡張機能がクラッシュした可能性がある場合に通知されます。 Visual Studio がクラッシュすると、例外スタックが保存されます。 Visual Studio を次回起動したときに、リーフからベースの方向にスタックが調査されます Visual Studio で、フレームがインストール済みで有効な拡張機能の一部であるモジュールに属していると判断されると、通知が表示されます。

また、拡張機能によって UI が無応答になった可能性がある場合にも通知が表示されます。

これらの通知が表示された場合、通知を無視するか、次のいずれかの操作を実行することができます。

  • [Disable this extension](この拡張機能を無効にする) を選択します。 この拡張機能が無効になり、無効にする処理を反映するためにシステムの再起動が必要かどうかが通知されます。 必要に応じて、[ツール][拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスで拡張機能を再び有効にすることができます。
  • [Disable this extension](この拡張機能を無効にする) を選択します。 この拡張機能が無効になり、無効にする処理を反映するためにシステムの再起動が必要かどうかが通知されます。 必要に応じて、[拡張機能][拡張機能の管理] ダイアログ ボックスで拡張機能を再び有効にすることができます。
  • [Never show this message again](今後このメッセージを表示しない) を選択します。

    • 通知が前のセッションでのクラッシュに関係している場合、Visual Studio では、この拡張機能に関連するクラッシュが発生したときに、通知が表示されなくなります。 無応答がこの拡張機能に関連する可能性がある場合、または、その他の拡張機能に関連する可能性があるクラッシュまたは無応答の場合、Visual Studio には通知が表示され続けます。
    • 通知が無応答に関係している場合、統合開発環境 (IDE) では、この拡張機能が無応答に関連するときに、通知が表示されなくなります。 Visual Studio では、この拡張機能のクラッシュに関連する通知とその他の拡張機能のクラッシュや無応答に関連する通知は引き続き表示されます。
  • [詳細] を選択すると、このページに移動します。

  • 通知の最後にある [X] ボタンを選択すると、通知は閉じられます。 新しい通知は、クラッシュや UI の無応答に関連している拡張機能の今後のインスタンスに表示されます。

注意

UI の無応答やクラッシュの通知は、UI の無応答やクラッシュが発生したときに、拡張機能のモジュールの 1 つのみがスタックに存在したことを意味します。 必ずしも、拡張機能自体が問題の原因とは限りません。 順番に無応答の UI またはクラッシュを発生させる、Visual Studio の一部のコードを拡張機能で呼び出す可能性があります。 ただし、UI の無応答やクラッシュにつながる拡張機能が重要ではない場合でも、通知が有効な場合があります。 この場合、この拡張機能を無効にすると、生産性に影響を与えることなく、今後 UI の無応答やクラッシュが回避されます。

サンプル

オンライン サンプルをインストールすると、ソリューションは次の 2 つの場所に格納されます。

  • 作業コピーは、プロジェクトの作成時に指定した場所に格納されます。

  • これとは別に、マスター コピーがコンピューター上に格納されます。

[ツール] > [拡張機能と更新プログラム] ダイアログ ボックスを使用すると、次のサンプル関連タスクを実行できます。

[拡張機能] > [拡張機能の管理] ダイアログ ボックスを使用すると、次のサンプル関連タスクを実行できます。

  • インストールしたサンプルのマスター コピーを一覧表示する。

  • サンプルのマスター コピーを無効化またはアンインストールする。

  • 特定のテクノロジまたは機能に関連するサンプルのコレクションであるサンプル パックをインストールする。

  • 個々のオンライン サンプルをインストールする

  • インストール済みサンプルのソース コード変更が発行されたときに更新通知を表示する。

  • 更新通知があったときにインストール済みサンプルのマスター コピーを更新する。

関連項目