コード内の参照の検索

適用対象:yesVisual Studio noVisual Studio for Mac noVisual Studio Code

[すべての参照の検索] コマンドを使用して、コードベース全体で特定のコード要素が参照されている場所を検索することができます。 [すべての参照の検索] コマンドは、参照を検索する要素のコンテキスト (右クリック) メニューで使用できます。 キーボードを使用する場合は、Shift + F12 キーを押します。

結果が <element> references というツール ウィンドウに表示されます。ここで、element は検索対象の項目の名前です。 references ウィンドウのツール バーを使用して、次のことを行うことができます。

  • ドロップダウン リスト ボックスで検索の範囲を変更します。 ソリューション全体で変更されたドキュメントだけを検索対象にすることができます。
  • 参照されている項目を選択し、 [コピー] ボタンを選択してコピーします。
  • 前または次の場所に移動するボタンを一覧から選択するか、F8 キーおよび Shift + F8 キーを押します。
  • 返された結果からフィルターを解除するには、 [すべてのフィルターをクリア] ボタンを選択します。
  • 返された項目をグループ化する方法を変更するには、 [グループ化] ドロップダウン リスト ボックスで設定を選択します。
  • 現在の検索結果ウィンドウを維持するには、 [Keep Results (結果を保持)] ボタンをクリックします。 このボタンを選択すると、現在の検索結果がこのウィンドウに残り、新しい検索結果が新しいツール ウィンドウに表示されます。
  • 検索結果内で文字列を検索するには、 [[すべての参照の検索] の検索] テキスト ボックスにテキストを入力します。

また、検索結果の上にマウスを置くと、参照のプレビューを表示できます。

Find All References tool window

references ウィンドウでは、次の方法を使用して参照に移動できます。

  • F8 キーを押して次の参照に移動するか、Shift + F8 キーを押して前の参照に移動します。
  • 参照で Enter キーを押すか、参照をダブルクリックして、コード内のその参照に移動します。
  • 参照の右クリック (コンテキスト) メニューで、 [前の場所へ移動] または [次の場所へ移動] コマンドを選択します。
  • 上方向キーと下方向キー ( [オプション] ダイアログ ボックスで有効になっている場合) を選択します。 この機能を有効にするには、メニュー バーの [ツール][オプション][環境][タブとウィンドウ][プレビュー] タブの順に選択し、 [[プレビュー] タブで新しいファイルを開くことを許可する] ボックスと [検索結果で選択されたファイルをプレビューする] ボックスをオンにします。

参照のグループ化の変更

既定では、参照はまずプロジェクトによってグループ化され、次に定義によってグループ化されます。 ただし、ツール バーの [グループ化] ドロップダウン リスト ボックスで設定を変更すると、このグループ化の順序を変更できます。 たとえば、既定の設定である [プロジェクト、その次に定義] から [定義、その次にプロジェクト] に、またはその他の設定に変更できます。

[定義][プロジェクト] の 2 つが既定のグループ化として使用されますが、選択した項目の右クリック (コンテキスト) メニューで [グループ化] コマンドを選択して、その他のグループ化を追加できます。 ソリューションのファイルとパスが多い場合は、その他のグループ化を追加すると便利です。

.NET での参照型でのフィルター処理

C# または Visual Basic の [参照の検索] ウィンドウには、検索された参照の種類が一覧表示される [種類] 列があります。 この列は、列ヘッダーにマウスと置くと表示されるフィルター アイコンをクリックすることにより、参照の種類でフィルター処理するために使用できます。 参照は、読み取り、書き込み、参照、名前、名前空間、種類でフィルター処理できます。

Find References Window Kind column

関連項目