Visual Studio のデバッグの概要Getting Started with Debugging in Visual Studio

Visual Studio は、プロジェクトのビルドとデバッグ ツールの強力な統合セットを提供します。Visual Studio provides a powerful integrated set of project build and debugging tools. このトピックでは、デバッグ UI 機能の最も基本的なセットの使用を開始する方法が説明されます。In this topic, find out how to start using the most basic set of debugging UI features.

注: より高度な機能およびプラットフォーム固有のトピックまたは機能固有のトピックへのリンクがこのページの下部にあります。Note: Links to more advanced features and platform- or feature-specific topics are at the bottom of this page.

コードが機能しません。My code doesn't work. Visual Studio の助けが必要です。Help me, Visual Studio!

エディターを見つけ、コードをいくらか作成しました。So you've figured out the editor and you've created some code. これから、そのコードのデバッグを開始します。Now, you want to start debugging that code. ほとんどの IDE と同じように、Visual Studio には、2 つのデバッグ フェーズがあります。1 つは、コードをビルドして、プロジェクト エラーとコンパイラ エラーをキャッチして解決するフェーズです。もう 1 つは、環境でそのコードを実行し、実行時エラーと動的エラーをキャッチして解決するフェーズです。In Visual Studio, as with most IDEs, there are two phases to debugging: building the code to catch and resolve project and compiler errors; and running that code in the environment to catch and resolve run-time and dynamic errors.

ビルドの構成Configuring a Build

ビルドの構成には、デバッグリリース の 2 つの基本的な種類があります。There are two basic types of build configuration: Debug and Release. 最初の構成では、より低速で大きな実行可能ファイルが生成されます。対話型の実行時デバッグ機能はより豊富ですが、これが出荷されることはありません。The first configuration produces a slower, larger executable that allows for a richer interactive run-time debugging experience, but should never be shipped. 2 つ目のビルドはより高速で、より最適化された実行可能ファイルです。(少なくともコンパイラの観点から) このビルドが出荷に適しています。The second builds a faster, more optimized executable that's appropriate to ship (at least from the perspective of the compiler).

既定のビルド構成は、デバッグです。The default build configuration is Debug.

Visual Studio の [デバッグ ビルド] ボタンVisual Studio Debug Build button

対象となる特定のビルド プラットフォームを指定することもできます。たとえば、x86 (32 ビット Intel CPUs)、x64 (64 ビット Intel CPU)、ARM (特定の種類のアプリでのみサポートされる ARM CPU) などです。You can also specify a specific build platform to target, such as x86 (32-bit Intel CPUs), x64 (64-bit Intel CPUs), and ARM (ARM CPUs, only supported for certain app types). マネージ プロジェクトとネイティブ プロジェクトの既定値は x86 です。The default is x86 for managed and native projects. これを変更するには、ビルド プラットフォームのドロップダウンをクリックし、異なるプラットフォームか [構成マネージャー] を選択します。To change it, click on build platform dropdown and select a different platform or Configuration Manager...

Visual Studio の構成ファイル マネージャー ウィンドウVisual Studio Configuration File Manager window

構成マネージャーを使用して、対象のビルド構成を指定できます。You can specify a targeted build configuration using the Configuration Manager. これを起動し、[構成] ドロップダウンか [CPU] ドロップダウンをクリックし、[新規作成] を選択して、新しいビルドまたはプラットフォームを作成します。Launch it, click the Configuration or the CPU dropdown, and select New... to create a new build or platform.

Visual Studio の構成マネージャー ウィンドウVisual Studio Configuration Manager window

開始時には、ビルド構成、プラットフォームとしてデバッグx86 だけを使用してください。Starting out, just use Debug and x86 as your build configuration and platform, respectively. コーディングとデバッグが完了したら、構成をリリースに変更し、特定のプラットフォームを対象にします。When you're done coding and debugging, change the configuration to Release and target a specific platform. (以前のバージョンの Visual Studio では、AnyCPU が .Net コード プロジェクトの既定のプラットフォームとして提供されていました。)(Older versions of Visual Studio provided an AnyCPU default platform for .Net code projects.)

注: プロジェクトをビルドする際、実行可能ファイルを格納するために作成されるプロジェクト ディレクトリ パスを判断するために構成の値とプラットフォームの値も使用されます。Note: When you build your project, the configuration and platform values are also used to determine what project directory path is created to store the executable. 通常、これは <path-to-project>\\<configuration>\<platform> です。Typically, this is <path-to-project>\\<configuration>\<platform>. たとえば、構成が Debug で、プラットフォームが x86 のプロジェクトの場合、Projects\MyProjectNameHere\MyProjectNameHere\bin\Debug\x86 の下で見つかります。For example, a project with a configuration of Debug and a platform of x86 would be found under Projects\MyProjectNameHere\MyProjectNameHere\bin\Debug\x86. これは、ビルドされたこれらの実行可能ファイルを管理する独自のツールやスクリプトがある場合に役立ちます。This can be useful if you have your own tools or scripts that manage these built executables.

コードのビルドBuilding your Code

ビルドを構成すると、実際にプロジェクトのビルドを開始できます。With your build configured, it's time to actually build your project. 最も簡単な方法は F7 を押す方法ですが、メイン メニューから [ビルド]、[ソリューションのビルド] の順に選択してビルドを開始することもできます。The easiest way to do it to press F7, but you can also start the build by selecting Build->Build Solution from the main menu.

Visual Studio ビルド プロジェクト メニューの選択Visual Studio build project menu selection

ビルド プロセスは、Visual Studio UI の下部にある [出力] 状況ウィンドウで監視できます。You can observe the build process in the Output status window at the bottom of the Visual Studio UI. エラー、警告、ビルド操作がここに表示されます。Errors, warnings, and build operations are displayed here. エラーがあると (または構成されたレベルより上の警告があると)、ビルドは失敗します。If you have errors (or if you have a warnings above a configured level), your build will fail. エラーと警告をクリックすると、それが発生した行に移動できます。You can click on the errors and warnings to go to the line where they occurred. F7 をもう一度押すか (エラーがあるファイルのみを再コンパイルする場合)、Ctrl + Alt + F7 を押してプロジェクトを再ビルドします (クリーンかつ完全な再ビルドの場合)。Rebuild your project by pressing either F7 again (to recompile only the files with errors) or Ctrl+Alt+F7 (for a clean and complete rebuild).

エディターの下の結果ウィンドウに 2 つのビルド用のタブ付きウィンドウが表示されます。1 つは [出力] ウィンドウで、このウィンドウには生のコンパイラの出力が表示されます (エラー メッセージを含む)。もう 1 つは [エラー一覧] ウィンドウで、このウィンドウにはすべてのエラーと警告の、ソートおよびフィルターが可能な一覧が表示されます。There are two build tabbed windows in the results window below the editor: the Output window, which contains the raw compiler output (including error messages); and the Error List window, which provides a sortable and filterable list of all errors and warnings.

成功すると、[出力] ウィンドウに次のような結果が表示されます。When successful, you will see results like this in the Output window.

Visual Studio の成功したビルドの出力Visual Studio successful build output

エラー一覧のレビューReviewing the Error List

前にコンパイルが成功したコードに変更を加えた場合、エラーが出ることが少なくありません。Unless you've made no modifications to code you've previously and successfully compiled, you probably have an error. コーディングに不慣れな場合には、その可能性が高くなります。If you're new to coding, you probably have lots of them. エラーは、単純な構文エラーや変数名の間違いのように分かりやすい場合もあれば、手引きとして暗号のようなコードしかないような分かりにくい場合もあります。Errors are sometimes obvious, such a simple syntax error or incorrect variable name, and sometimes they are difficult to understand, with only a cryptic code to guide you. 問題を見やすくするには、[出力] ウィンドウの下部に移動し、[エラー一覧] タブをクリックします。これにより、プロジェクトのエラーと警告がより整理されて見やすくなり、いくつかの追加オプションも表示されます。For a cleaner view of the issues, navigate to the bottom of the build Output window, and click the Error List tab. This takes you to a more organized view of the errors and warnings for your project, and gives you some extra options as well.

Visual Studio の出力とエラーの一覧Visual Studio Output and Error List

[エラー一覧] ウィンドウのエラー行をクリックし、エラーが発生した行にジャンプします。Click on the error line in the Error List window and jump to the line the error occurs in. (右上の [クイック起動] バーをクリックし、そこに "行番号" を入力し、Enter キーを押して、行番号をオンにします。(Or turn on line numbers by clicking in the Quick Launch bar in the upper-right, typing "line numbers" into it, and pressing Enter. これは、[オプション] ウィンドウ エントリを表示する最も簡単な方法です。そのウィンドウで行番号をオンにすることができます。This is the fastest way to get to Options window entry where you can turn on line numbers. [クイック起動] バーの使用について学ぶと、UI をクリックする回数を減らすことができます。)Learn to use the Quick Launch bar and save yourself a lot of UI clicks!)

Visual Studio の行番号を含むエディターVisual Studio editor with line numbers

Visual Studio の行番号オプションVisual Studio line numbers option

Ctrl + G を押すと、エラーが発生した行番号にすぐにジャンプします。Use Ctrl+G to quickly jump to the line number where the error occurred.

エラーは、赤い "波線" の下線によって示されます。The error is identified by a red "squiggle" underscore. その上に移動すると、追加の詳細が表示されます。Hover over it for additional details. 修正を加え (これによって新たなエラーが入り込む可能性はあります)、別の場所に移動します。Make the fix and it will go away, although you may introduce a new error with the correction. (これを "回帰" と呼びます。)(This is called a "regression".)

Visual Studio のエラー ホバーVisual Studio error hover

エラー一覧を確認し、コード内のすべてのエラーを解決します。Walk through the error list and address all the errors in your code.

Visual Studio の [デバッグ エラー] ウィンドウVisual Studio Debug errors window

エラーの詳細のレビューReviewing Errors in Detail

コンパイラの観点からすると、多くのエラーはあまり意味がない可能性があります。Many errors may make no sense to you, phrased as they are in the terms of the compiler. その場合、追加情報が必要です。In those cases, you will need additional information. [エラー一覧] ウィンドウから、対応する入力行を右クリックし、コンテキスト メニューから [エラーのヘルプを表示] 選択することで、Bing の自動検索を実行して、エラー (または警告) に関する詳細を入手することができます。From the Error List window, you can do an automatic Bing search for more information on the error (or warning) by right-clicking on the corresponding entry line and selecting Show Error Help from the context menu.

Visual Studio のエラー一覧の Bing 検索Visual Studio error list Bing search

これにより、エラー コードとテキストの Bing 検索の結果をホストするタブが Visual Studio 内で起動します。This launches a tab inside Visual Studio that hosts the results of a Bing search for the error code and text. インターネット上の異なるさまざまなソースからの結果を入手できますが、すべてが役立つ情報であるとは限りません。The results are from many different sources on the Internet, and not all may be helpful.

[エラー一覧][コード] 列のハイパーリンク付きのエラー コード値をクリックすることもできます。Alternatively, you can click on the hyperlinked error code value in the Code column of the Error List. これにより、エラー コードだけを探す Bing 検索が起動します。This will launch a Bing search for just the error code.

静的コード分析の実行Performing Static Code Analysis

"静的コード分析" とは、"コード管理における実行時エラーまたは問題の発生原因となり得る一般的な問題を探して自動的にコードをチェックすること" のしゃれた言い方です。"Static code analysis" is a fancy way of saying "automatically check my code for common problems that can lead to run-time errors or problems in code management". ビルドの妨げとなる明らかなエラーをクリーンアップした後に静的コード分析を実行することを習慣づけてください。それによって生成される可能性がある警告に対処するための時間を取ってください。Get in the habit of running it once you've cleaned up the obvious errors preventing build, and take some time to address the warnings it may produce. 将来の頭痛の種を取り除き、コード スタイルの手法をいくらか学ぶことになります。You'll save yourself some headaches down the road, as well as learn a few code style techniques.

Alt+F11 を押して (または、上部のメニューから [分析]、[ソリューションでコード分析を実行] の順に選択して) 静的コード分析を開始します。Press Alt+F11 (or select Analyze->Run Code Analysis on Solution from the top menu) to start static code analysis. 多くのコードがある場合は時間がかかる可能性があります。This may take some time if you have a lot of code.

Visual Studio Code 分析メニュー項目Visual Studio Code Analysis menu item

新しい警告または更新された警告があれば、IDE 下部の [エラー一覧] タブに表示されます。Any new or updated warnings will appear in the Error List tab at the bottom of the IDE. 警告をクリックして、その警告にジャンプします。Click on the warnings to jump to them.

Visual Studio の警告を含むエラーの一覧Visual Studio Error List with Warnings

警告は、赤色の波線ではなく、明るい黄緑色の波線で示されます。The warnings will be identified with a bright yellow-green squiggle instead of a red one. その警告の上に移動すると詳細が表示されます。右クリックすると、コンテキスト メニューが表示され、修正やリファクタリング オプションを支援します。Hover over them for more detail, and right-click on them to get a context menu to assist in fixes or refactoring options.

Visual Studio Code 分析の警告ホバーVisual Studio Code Analysis Warning hover

電球を使用したコードの修正またはリファクタリングUsing Light Bulbs to Fix or Refactor Code

電球は、Visual Studio の新しい機能です。電球を使用すると、コード インラインをリファクタリングできます。Light Bulbs are a new feature for Visual Studio that let you refactor code inline. これは、一般的な警告を迅速かつ効率的に修正する簡単な方法です。They are an easy way to fix common warnings quickly and effectively. 電球にアクセスするには、警告の波線を右クリックします (あるいは、波線の上にいる間に Ctrl + を押します)。To access them, right-click on a warning squiggle (or press Ctrl+. その後、[クイック操作] を選択します。while hovering over the squiggle), and then select Quick Actions.

Visual Studio 電球クイック オプションVisual Studio Light Bulb quick options

そのコード行に適用できる修正またはリファクタの一覧が表示されます。You will see a list of possible fixes or refactors you can apply to that line of code.

Visual Studio 電球プレビューVisual Studio Light Bulb preview

電球は、コード アナライザーが、コードの修正、リファクタリング、改善の機会があると判断したときはいつでも使用できます。Light Bulbs can be used wherever the code analyzers determine there is an opportunity to fix, refactor, or improve your code. 任意のコード行をクリックし、右クリックしてコンテキスト メニューを開き、[クイック オプション] を選択します (あるいは、効率的な方法としては、Ctrl + を押します)。Click on any line of code, right-click to open the context menu, and select Quick Options (or, again, if you prefer efficiency, press Ctrl+.). 領域リファクタリングまたは改善のオプションが使用可能な場合、そのオプションが表示されます。使用可能でない場合、「No quick options available here」というメッセージが IDE の左下隅のベゼルに表示されます。If there is area refactoring or improvement options available, they will be displayed; otherwise, the message No quick options available here will be displayed in the lower-left corner bezel of the IDE.

Visual Studio 電球 'オプションなし' textVisual Studio Light Bulb 'no option' text

慣れてくれば、矢印キーと Ctrl + で簡単に操作できます。With experience, you can quickly use the arrow keys and Ctrl+. を使用して、クイック オプションのリファクタリング機会をチェックし、コードをクリーンアップできます。to check for Quick Option refactoring opportunities and clean up your code!

電球の詳細については、「電球を使ってクイック操作をする」を参照してください。For more information on Light Bulbs, read Perform quick actions with light bulbs.

実行されているコードのデバッグDebugging Your Running Code

これでコードが正常にビルドされ、クリーンアップが実行されたので、次に、F5 キーを押すか [デバッグ]、[デバッグの開始] の順に選択してコードを実行します。Now that you've successfully built your code and performed a little clean up, run it by pressing F5 or selecting Debug->Start Debugging. これにより、デバッグ環境でアプリが開始され、その動作を詳しく監視できるようになります。This will start your app in a debug environment so you can observe its behavior in detail. Visual Studio IDE は、アプリの実行中に変更されます。[出力] ウィンドウは、2 つの新しいウィンドウに置き換えられます (既定のウィンドウ構成)。その 1 つは [自動変数/ローカル/モジュール/ウォッチ] タブ付きウィンドウで、もう 1 つは [呼び出し履歴/ブレークポイント/例外設定/出力] タブ付きウィンドウです。The Visual Studio IDE changes while your app is running: the Output window is replaced by two new ones (in the default window configuration), the Autos/Locals/Modules/Watch tabbed window and the Call Stack/Breakpoints/Exception Settings/Output tabbed window. これらのウィンドウには複数のタブがあり、そのタブでアプリの変数、スレッド、呼び出し履歴、その他さまざまな動作を実行と同時に調べ、評価することができます。These windows have multiple tabs which allow you to inspect and evaluate your app's variables, threads, call stacks, and various other behaviors as it runs.

Visual Studio の自動変数ウィンドウと呼び出し履歴ウィンドウVisual Studio Autos and Call Stack Windows

さまざまなアプリで操作を試し、変更を確認してください。Try various actions with your app and observe the changes. 異常が表示された場合は、Ctrl + Alt + Break を押してアプリを一時停止してください (あるいは、[一時停止] ボタンをクリックしてください)。If something appears abnormal, pause the app by pressing Ctrl+Alt+Break (or click on the Pause button).

Visual Studio の [すべて中断] ボタンVisual Studio Break All button

F5 を押し、アプリの実行を続行します (または [続行] ボタンをクリックします)。Press F5 to continue running the app (or click the Continue button).

Visual Studio の [デバッグの続行] ボタンVisual Studio Debug Continue button

Shift+F5 を押すか、[停止] ボタンをクリックすると、アプリを一時停止できます。You can stop your app by pressing Shift+F5 or by clicking the Stop button. あるいは、単にアプリのメイン ウィンドウを閉じます (またはコマンド ライン ダイアログ)。Or, you can simply close the app's main window (or command line dialog).

コードが完璧に、予想通りに実行されれば、成功です。If your code ran perfectly and exactly as expected, congratulations! ビルド構成を [リリース] に変更し、配置のために再ビルドします。Change the build configuration to Release and rebuild it for deployment! (プロであれば、単体テストにジャンプすることもできます。)ただし、ハングまたはクラッシュする場合、あるいは予期しない結果になる場合、問題の原因を見つけ、バグを修正する必要があります。(Professionals may want to jump to the bit on Unit Testing at the end, though.) However, if it hung, or crashed, or gave you some strange results, you'll need to find the source of those problems and fix the bugs.

単純なブレークポイントの設定Setting Simple Breakpoints

ブレークポイントは、信頼できるデバッグの最も基本的で重要な機能です。Breakpoints are the most basic and essential feature of reliable debugging. ブレークポイントは、Visual Studio が実行コードを中断する場所を示します。これにより、変数の値またはメモリの動作を確認したり、コードの分岐が実行されるかどうかを確認したりすることができます。A breakpoint indicates where Visual Studio should suspend your running code so you can take a look at the values of variables, or the behavior of memory, or whether or not a branch of code is getting run. ブレークポイントを設定して削除した後、プロジェクトを再ビルドする必要はありません。You do NOT need to rebuild a project after setting and removing breakpoints.

中断させたい場所の行の外側の余白をクリックし、コードの行を選択し、F9 を押して、ブレークポイントを設定します。Set a breakpoint by clicking in the far margin of the line where you want the break to occur, or select the line of code and press F9. コードを実行すると、このコードの行の指示が実行される前に停止します。When you run your code, it will stop before the instructions for this line of code are executed.

Visual Studio ブレークポイントVisual Studio breakpoint

コードが中断すると、コードのマークの付いた行はまだ実行されません。When the code breaks, the marked line of code has not executed yet. この時点で、ブレークポイントによってマークが付けられているコードの行の指示を実行し、変更された値を確認することもできます。At this point, you may want to execute the instructions for the line of code marked by the breakpoint and inspect the changed values. これを、コードの "ステップ イン" と呼びます。This is called "stepping into" the code. マークされているコードがメソッド呼び出しの場合、F11 キーを押してステップ インすることができます。If the marked code is a method call, you can step into it by pressing F11. F10 キーを押して、コードの行を "ステップ オーバー" することもできます。You can also "step over" the line of code by pressing F10. コード ステップ実行の詳細については、「デバッガーでのコード間の移動」 を参照してください。For more details on code stepping, read Navigating through Code with the Debugger.

ブレークポイントの一般的な使用は、次のとおりです。Common uses for breakpoints include:

  1. クラッシュまたはハングの原因を絞り込み、失敗の原因になっていると思われるメソッド呼び出しのコード全体またはその周辺に散布する。To narrow down the source of a crash or hang, scatter them throughout and around the code of the method call you think is causing the failure. コードをステップ実行しながら、問題の原因になっているコードの行が見つかるまで、そこに近づくよう、コードのブレークポイントを削除してリセットしていきます。As you step through the code, remove and then reset the breakpoints closer together until you find the offending line of code.

  2. 新しいコードを導入する際、その先頭にブレークポイントを設定し、コードをステップ実行し、予想どおり動作するかを確かめます。When you introduce new code, set a breakpoint at the beginning of it and step through the code to make sure it is behaving as expected.

  3. 複雑な動作を実装している場合は、プログラムが中断したときに変数の値やデータを調べることができるよう、アルゴリズムのコードに対してブレークポイントを設定します。If you have implemented a complicated behavior, set breakpoint(s) for the algorithmic code so you can inspect the values of the variables and data when the program breaks.

  4. C または C++ コードを作成している場合、ブレークポイントを使用してコードを停止します。これにより、メモリに関連した障害をデバッグするときに、アドレス値 (NULL の検索) および参照カウントを調べることができます。If you are writing C or C++ code, use breakpoints to stop the code so you can inspect address values (look for NULL) and reference counts when debugging for memory-related failures.

    ブレークポイントの詳細については、「ブレークポイントの使用」を参照してください。For more information on using breakpoints, read Using Breakpoints

条件付きブレークポイントの設定Setting Conditional Breakpoints

ループまたは再帰処理の中にブレークポイントがある場合、または頻繁にステップ実行するブレークポイントが多数ある場合、条件付きブレークポイントを使用して、特定の条件が満たされる場合のみコードが中断するようにしてください。If you have a breakpoint in a loop or recursion, or if you have a lot of breakpoints which you frequently step through, use a conditional breakpoint to ensure that your code is suspended ONLY when specific conditions are met. そうしないと、F11 キーをひたすら押し続けることになります。Otherwise, you'll be pressing F11 an awful lot.

条件付きブレークポイントを設定し、変数が特定の値に設定されたとき、または特定のしきい値を渡したときにコードを中断するようにするには、余白をクリックしてブレークポイントを設定し、表示されるホバー メニューから "歯車" を選択します。To set a conditional breakpoint and suspend your code when a variable is set to a certain value or passes a certain threshold, click in the margin to set a breakpoint, and then select the "cog" from the hover menu that appears.

Visual Studio のブレークポイント設定Visual Studio breakpoint settings

次のようなダイアログが表示され、このダイアログで、中断が発生するための特定の条件を設定できます。You will see a dialog that looks like this where you can set specific conditions for the break to occur.

Visual Studio 条件付き書式ブレークポイントVisual Studio conditional breakpoint

条件付きブレークポイントの評価に使用する式を宣言する方法については、Channel9 ビデオ「Breakpoint Configuration Experience in Visual Studio」 (Visual Studio でのブレークポイント構成操作) をご覧ください。For more detail on how to declare the expressions used to evaluate conditional breakpoints, check out the Channel9 video Breakpoint Configuration Experience in Visual Studio.

実行時のコードの検査Inspecting Your Code at Run-time

実行中のコードがブレークポイントにヒットして停止したときに、変数と呼び出し履歴を調べ、内容を確認することができます。When your running code hits a breakpoint and halts, you can inspect your variables and call stacks to determine what is going on. 範囲内の値は、予期していたとおりのものですか。Are the values in the ranges you expect to see? 呼び出しの順序は正しいですか。Are calls being made in the right order?

Visual Studio の実行時の値の検査Visual Studio run-time value inspection

変数の上に移動し、その変数に現在格納されている値と参照を確認します。Hover over a variable to see the value(s) and reference(s) it currently contains. 表示される値が、予期していたものと異なる場合、先行するコード行または呼び出しているコード行にバグがある可能性があります。If you see a value you didn't expect, you probably have a bug in the preceding or calling lines of code. ブレークポイントを上に移動するか、条件を既存のブレークポイントに追加して、検索の範囲を狭めます。Move breakpoints up or add conditions to the existing breakpoints to narrow your search further.

さらに、Visual Studio では [診断ツール] ウィンドウが表示されます。このウィンドウで、時間の経過に伴うアプリの CPU 使用率とメモリ使用量の変化を監視することができます。Additionally, Visual Studio displays the Diagnostic Tools window, where you can observe your app's CPU and memory usage over time. これを使用して、予期していなかった高い CPU 使用率またはメモリ割り当てがないか調べます。Use them to look for unanticipated heavy CPU usage or memory allocation. これを [ウォッチ] ウィンドウおよびブレークポイントとともに使用して、予期していなかった多量の使用の原因となっているもの、または解放されていないリソースを特定します。Use it in conjunction with the Watch window and breakpoints to determine what's causing unexpected heavy usage or unreleased resources.

Visual Studio [診断ツール] ウィンドウVisual Studio Diagnostic Tools window

単体テストの実行Running Unit Tests

単体テストは、アプリやサービスのコード パスを実行するプログラムです。Unit tests are programs that exercise code paths in your app or service. Visual Studio は、マネージ コードおよびネイティブ コード用の Microsoft 単体テスト フレームワークをインストールします。Visual Studio installs the Microsoft unit testing frameworks for both managed and native code. 単体テスト フレームワークを使用して、単体テストを作成して実行し、そのテストの結果を報告します。Use a unit testing framework to create unit tests, run them, and report the results of these tests. 変更を加えたときは単体テストを再実行し、コードが正しく機能するかテストします。Rerun unit tests when you make changes to test that your code is still working correctly. Visual Studio Enterprise Edition を使用すると、ビルドの後でテストを自動的に実行できます。When you use Visual Studio Enterprise edition, you can run tests automatically after every build.

最初に、「IntelliTest でのコードの単体テストの生成」をお読みください。To get started, read Generate unit tests for your code with IntelliTest.

Visual Studio の単体テストの詳細、およびより優れた品質のコードの作成に単体テストがどのように役立つかについては、「単体テストの基本」をお読みください。To learn more about unit tests in Visual Studio and how they can help you create better quality code, read Unit Test Basics.

関連項目See Also

デバッガー機能ツアー Debugger Feature Tour
デバッガーの設定と準備 Debugger Settings and Preparation
64 ビット アプリケーションをデバッグする Debug 64-Bit Applications
デバッガーの基本事項Debugger Basics