方法: メンバー表記と関連付け表記の間で変更する (クラス デザイナー)

クラス デザイナーでは、クラス ダイアグラムで&2; つの型の間の関連付けの関係が表される方法を、メンバー表記から関連付け表記に、またはその逆に、変更できます。 関連行として表示されるメンバーは、多くの場合、型の関連をわかりやすく視覚化します。

注意

関連付けの関係は、メンバー プロパティまたはフィールドとして表すことができます。 メンバー表記を関連付け表記に変更するには、一方の型に別の型のメンバーが含まれている必要があります。 関連付け表記をメンバー表記に変更するには、2 つの型が関連行によって接続されている必要があります。 詳しくは、「方法: 型の間の関連付けを作成する (クラス デザイナー)」をご覧ください。 プロジェクトに複数のクラス ダイアグラムが含まれている場合、ダイアグラムでの関連付けの関係の表示方法に対する変更は、そのダイアグラムだけに適用されます。 別のダイアグラムでの関連付けの関係の表示方法を変更するには、そのダイアグラムを開くか表示して、次の手順を実行します。

メンバー表記を関連付け表記に変更するには

  1. ソリューション エクスプローラーのプロジェクト ノードから、クラス ダイアグラム (.cd) ファイルを開きます。

  2. クラス ダイアグラムの型の図形で、メンバー プロパティまたは関連付けを表すフィールドを右クリックして、[関連として表示] を選びます。

    ヒント

    型の図形にプロパティまたはフィールドが表示されていない場合は、図形のコンパートメントが折りたたまれている可能性があります。 型の図形を展開するには、コンパートメントの名前をダブルクリックするか、または型の図形を右クリックして [展開] を選びます。

    型の図形のコンパートメントにメンバーが表示されなくなり、2 つの型を接続する関連行が表示されます。 関連行のラベルには、プロパティまたはフィールドの名前が表示されます。

関連付け表記をメンバー表記に変更するには

  • クラス ダイアグラムで関連行を右クリックし、[プロパティとして表示] または [フィールドとして表示] を選びます。

    関連行が表示されなくなり、ダイアグラムの型の図形内の適切なコンパートメントにプロパティが表示されます。

関連項目

方法: 型の間の継承を作成する (クラス デザイナー)
方法: 型の間の継承を表示する (クラス デザイナー)
型およびリレーションシップの表示 (クラス デザイナー)
方法: コレクションの関連付けをビジュアル化する (クラス デザイナー)