方法: プロジェクトを構成してターゲット プラットフォームを設定する

Visual Studio では、64 ビット プラットフォームを含む、さまざまなプラットフォーム向けにアプリケーション ビルドを設定できます。 Visual Studio での 64 ビット プラットフォームのサポートについて詳しくは、「64 ビット アプリケーション」を参照してください。

注意

Visual Studio 2022 Preview は 64 ビット アプリケーションとして実行されます。 これは、Visual Studio でプロジェクトの対象にできるプラットフォームとはまったく別のものです。 任意のバージョンの Visual Studio を使用し、32 ビットと 64 ビットの両方のプラットフォームを対象にできます。

注意

Visual Studio は、32 ビット アプリケーションとして実行されます。 これは、Visual Studio でプロジェクトの対象にできるプラットフォームとはまったく別のものです。 任意のバージョンの Visual Studio を使用し、32 ビットと 64 ビットの両方のプラットフォームを対象にできます。

構成マネージャーを使用して対象プラットフォームを指定する

構成マネージャー を使うと、プロジェクトの対象となる新しいプラットフォームをすばやく追加できます。 Visual Basic に用意されているプラットフォームのいずれかを選択すると、プロジェクトのプロパティは、選択したプラットフォーム向けにプロジェクトをビルドするように変更されます。

64 ビット プラットフォームを対象とするようにプロジェクトを構成するには

  1. メニュー バーで [ビルド] > [構成マネージャー] の順に選択します。

  2. [アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧で、ソリューションの対象となる 64 ビット プラットフォームを選び、 [閉じる] を選びます。

    1. 必要なプラットフォームが表示されない場合は、 [アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスの一覧の [新規作成] を選びます。

      [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスが表示されます。

    2. [新しいプラットフォームを入力または選択してください] ボックスの一覧で、 [x64] を選びます。

      注意

      構成に新しい名前を指定する場合は、 [プロジェクト デザイナー] で適切なプラットフォームを対象にするよう設定の変更が必要になることがあります。

    3. 現在のプラットフォーム構成から設定をコピーする場合は、構成を選んでから [OK] を選びます。

ソリューションで 64 ビット プラットフォームを対象とするすべてのプロジェクトのプロパティが更新され、プロジェクトの次のビルドは 64 ビット プラットフォーム用に最適化されます。

注意

Win32 プラットフォーム名は、C++ プロジェクトに使用され、x86 を意味します。 Visual Studio では、プロジェクトレベルのプラットフォームとソリューションレベルのプラットフォームの両方が考慮され、プロジェクト プラットフォームは言語固有のプロジェクト システムから取得されます。 C++ プロジェクトでは Win32x64 が使用されますが、ソリューション プラットフォームでは x86x64 が使用されます。 ソリューション構成として x86 を選択すると、Visual Studio によって C++ プロジェクトに Win32 プラットフォームが選択されます。 プロジェクトレベルのプラットフォームとソリューションレベルのプラットフォームの両方の設定を表示するには、 [構成マネージャー] を開き、2 つのプラットフォームの設定を確認します。 ソリューションレベルのプラットフォームは [アクティブ ソリューション プラットフォーム] ドロップダウンに表示され、テーブルには各プロジェクトのプロジェクトレベルのプラットフォームが表示されます。 ソリューション プラットフォームとプロジェクト プラットフォームを示すスクリーンショット

プロジェクト デザイナーで対象プラットフォームを指定する

プロジェクト デザイナー にも、さまざまなプラットフォームをプロジェクトの対象にする方法が用意されています。 [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスの一覧にあるプラットフォームのいずれかを選んでも、ソリューションで機能しない場合は、カスタム構成名を作成し、プロジェクト デザイナー で設定を変更して、適切なプラットフォームを対象にすることができます。

このタスクの実行方法は、使用するプログラミング言語によって異なります。 詳細については、次のリンクを参照してください。

プロジェクト ファイルを手動で編集する

カスタムの構成によっては、プロジェクト ファイルを手動で編集しなければならないことがあります。 たとえば、次の例のように、2 つの異なるプラットフォームで異なっている参照など、IDE で指定できない条件があるときです。

例:x86 アセンブリ、x64 アセンブリ、DLL を参照する

x86 バージョンと x64 バージョンの両方を持つ .NET アセンブリまたは DLL がある場合があります。 これらの参照を使用するようにプロジェクトを設定するには、まず参照を追加し、次にプロジェクト ファイルを開いて編集し、構成とターゲット プラットフォームの両方を参照する条件を含む ItemGroup を追加します。 たとえば、参照しているバイナリが ClassLibrary1 のとき、デバッグ構成とリリース構成に異なるパスがあり、さらに x86 バージョンと x64 バージョンがあります。 その場合、次のように、設定の全組み合わせで 4 つの ItemGroup 要素を使用します。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">

  <PropertyGroup>
    <OutputType>Exe</OutputType>
    <TargetFramework>netcoreapp2.0</TargetFramework>
    <Platforms>AnyCPU;x64;x86</Platforms>
  </PropertyGroup>

  <ItemGroup Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Debug|x64'">
    <Reference Include="ClassLibrary1">
      <HintPath>..\..\ClassLibrary1\ClassLibrary1\bin\x64\Debug\netstandard2.0\ClassLibrary1.dll</HintPath>
    </Reference>
  </ItemGroup>

  <ItemGroup Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Release|x64'">
    <Reference Include="ClassLibrary1">
      <HintPath>..\..\ClassLibrary1\ClassLibrary1\bin\x64\Release\netstandard2.0\ClassLibrary1.dll</HintPath>
    </Reference>
  </ItemGroup>

  <ItemGroup Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Debug|x86'">
    <Reference Include="ClassLibrary1">
      <HintPath>..\..\ClassLibrary1\ClassLibrary1\bin\x86\Debug\netstandard2.0\ClassLibrary1.dll</HintPath>
    </Reference>
  </ItemGroup>
  
  <ItemGroup Condition=" '$(Configuration)|$(Platform)' == 'Release|x86'">
    <Reference Include="ClassLibrary1">
      <HintPath>..\..\ClassLibrary1\ClassLibrary1\bin\x86\Release\netstandard2.0\ClassLibrary1.dll</HintPath>
    </Reference>
  </ItemGroup>
</Project>

注意

Visual Studio 2017 では、プロジェクト ファイルを編集するには先にプロジェクトをアンロードする必要があります。 プロジェクトをアンロードするには、プロジェクト ノードを右クリックし、 [プロジェクトのアンロード] を選択します。 編集が完了したら、変更内容を保存し、プロジェクト ノードを右クリックして [プロジェクトの再読み込み] を選択してプロジェクトを再度読み込みます。

プロジェクト ファイルの詳細は、「MSBuild プロジェクト ファイル スキーマ リファレンス」を参照してください。

関連項目