方法: クラス デザイナーを使用して型を作成する

Visual C# .NET プロジェクトおよび Visual Basic .NET プロジェクトの新しい型を設計するには、これらをクラス ダイアグラム上で作成します。 既存の型を見る場合は、「方法: 既存の型を表示する (クラス デザイナー)」をご覧ください。

新しい型を作成する

  1. クラス デザイナーのツールボックスから、いずれかをクラス ダイアグラムにドラッグします。

    • [クラス] または [抽象クラス]

    • Enum

    • Interface

    • [構造体] (VB) または [構造体] (C#)

    • Delegate

    • [モジュール] (VB のみ)

  2. 型の名前を付けます。 それからアクセス レベルを選択します。

  3. 型の初期コードを追加するファイルを選択します。

    • 新しいクラス ファイルを作成して、そのファイルを現在のプロジェクトに追加するには、[新しいファイルの作成] をクリックし、ファイル名を入力します。

    • 既存のファイルにコードを追加するには、[存在するファイルに追加] をクリックします。

      ソリューションに複数のアプリでコードを共有しているプロジェクトがある場合、対応するクラス ファイルが同じアプリ プロジェクトまたは共有プロジェクトにある場合にのみ、アプリケーション プロジェクトで新しい型をクラス ダイアグラムに追加できます。

  4. 次に、型を定義するために他の項目を追加します。

    対象 [追加]
    クラス、抽象クラス、構造体 型を定義するメソッド、プロパティ、フィールド、イベント、コンストラクター (メソッド)、デストラクター (メソッド)、および定数
    列挙型 列挙型を構成するフィールド値
    インターフェイス インターフェイスを構成するメソッド、プロパティ、イベント
    Delegate デリゲートを定義するパラメーター
    Module モジュールを定義するメソッド、プロパティ、フィールド、イベント、コンストラクター (メソッド)、および定数

    メンバーの作成」をご覧ください。

カスタム属性を型に適用する

  1. クラス ダイアグラムで型の図形をクリックします。

  2. [プロパティ] ウィンドウで、型の [カスタム属性] プロパティの横の省略記号 (...) ボタンをクリックします。

  3. 1 つ以上のカスタム属性を 1 行あたり 1 つ追加します。 角かっこで閉じません。

    終了後、カスタム属性が型に適用されます。

カスタム属性を型のメンバーに適用する

  1. クラス ダイアグラムの型の図形でメンバーの名前をクリックするか、[クラスの詳細] ウィンドウでその行をクリックします。

  2. [プロパティ] ウィンドウで、メンバーの [カスタム属性] プロパティを探します。

  3. 1 つ以上のカスタム属性を 1 行あたり 1 つ追加します。 角かっこで閉じません。

    終了後、カスタム属性が型に適用されます。

関連項目

方法: 型の間の継承を作成する (クラス デザイナー)
方法: 型の間の関連付けを作成する (クラス デザイナー)
型のメンバーの作成と構成 (クラス デザイナー)
クラス ダイアグラムの使用 (クラス デザイナー)
クラスおよび型のデザイン (クラス デザイナー)