方法 : エディター モードを管理する

Visual Studio のコード エディターは、さまざまな表示モードで表示できます。

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、ヘルプの説明と異なる場合があります。 設定を変更するには、 [ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

全画面表示モードを有効にする

全画面表示モードを有効にすると、すべてのツール ウィンドウを非表示にして、ドキュメント ウィンドウだけを表示することができます。

全画面表示モードを有効にするには

  • 全画面表示モードを開始または終了するには、Alt + Shift + Enter キーを押します。

    または

  • [コマンド] ウィンドウで View.Fullscreen コマンドを実行します。

仮想空白モードを有効にする

仮想空白モードでは、各コード行の末尾に空白が挿入されます。 コードの横に一貫してコメントを入れる場合は、このチェック ボックスをオンにします。

仮想空白モードを有効にするには

  1. [ツール] メニューの [オプション] を選択します。

  2. [テキスト エディター] フォルダーを展開し、[すべての言語] を選択してこのオプションをグローバルに設定するか、または特定の言語フォルダーを選択します (たとえば、Visual Basic でのみ行番号を表示するには、[テキスト エディター] で [Basic] を選択します)。

  3. [全般] オプションを選択し、[設定][仮想空白文字を使用] を選択します。

    注意

    列の選択モードで仮想空白文字が有効になります。 仮想空白モードを有効にしないと、挿入ポイントは行の末尾から次の行の先頭文字に直接移動します。

関連項目

エディターのカスタマイズ
Visual Studio のウィンドウ レイアウトをカスタマイズする
[フォントおよび色] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])