方法 : エディター モードを管理するHow to: manage editor modes

Visual Studio のコード エディターは、さまざまな表示モードで表示できます。You can display the Visual Studio code editor in various display modes.

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、この記事の説明と異なる場合があります。The dialog boxes and menu commands you see might differ from those described in this article depending on your active settings or edition. 設定を、たとえば、[全般][Visual C++] に変更するには、[ツール][設定のインポートとエクスポート][すべての設定をリセット] の順に選択します。To change your settings, for example to General or Visual C++ settings, choose Tools, Import and Export Settings, and then choose Reset all settings.

全画面表示モードを有効にするEnabling Full Screen mode

全画面表示モードを有効にすると、すべてのツール ウィンドウを非表示にして、ドキュメント ウィンドウだけを表示することができます。You can choose to hide all tool windows and view only document windows by enabling Full Screen mode.

全画面表示モードを有効にするにはTo enable Full Screen mode

  • 全画面表示モードを開始または終了するには、Alt+Shift+Enter キーを押します。Press Alt+Shift+Enter to enter or exit Full Screen mode.

    または-- or --

  • [コマンド] ウィンドウで View.Fullscreen コマンドを実行します。Issue the command View.Fullscreen in the Command window.

仮想空白モードを有効にするEnabling Virtual Space mode

仮想空白モードでは、各コード行の末尾に空白が挿入されます。In Virtual Space mode, spaces are inserted at the end of each line of code. コードの横に一貫してコメントを入れる場合は、このチェック ボックスをオンにします。Select this option to position comments at a consistent point next to your code.

仮想空白モードを有効にするにはTo enable Virtual Space mode

  1. [ツール] メニューの [オプション] を選択します。Select Options from the Tools menu.

  2. [テキスト エディター] フォルダーを展開し、[すべての言語] を選択してこのオプションをグローバルに設定するか、または特定の言語フォルダーを選択します Expand the Text Editor folder, and choose All Languages to set this option globally, or choose a specific language folder. (たとえば、Visual Basic でのみ行番号を表示するには、[テキスト エディター] ノードで [Basic] を選択します)。For example, to turn on line numbers only in Visual Basic, choose the Basic, Text Editor node.

  3. [全般] オプションを選択し、[設定][仮想空白文字を使用] を選択します。Select General options, and under Settings, select Enable Virtual Space.

    注意

    列の選択モードで仮想空白文字が有効になります。Virtual Space is enabled in Column Selection mode. 仮想空白モードを有効にしないと、挿入ポイントは行の末尾から次の行の先頭文字に直接移動します。When Virtual Space mode is not enabled, the insertion point moves from the end of one line directly to the first character of the next.

関連項目See also

エディターのカスタマイズ Customizing the Editor
Visual Studio のウィンドウ レイアウトをカスタマイズする Customize window layouts in Visual Studio
[フォントおよび色] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])Fonts and Colors, Environment, Options Dialog Box