方法 : ScrollBar のカスタマイズによるコードの追跡How to: Track Your Code by Customizing the Scrollbar

長いコード ファイルで作業していると、すべてを頭に入れておくことは困難です。When you are working with long code files, it can be hard to keep everything in mind. コード ウィンドウのスクロール バーをカスタマイズして、コード全体を見渡せるようにすることができます。You can customize the scroll bar of the code window to give you a bird's eye view of what's happening in your code.

スクロール バーにコメントを表示するにはTo show annotations on the scroll bar

  1. コードの変更、ブレークポイント、エラー、およびブックマークを表示するようにスクロール バーを設定できます。You can set up the scroll bar to show code changes, breakpoints, errors, and bookmarks.

    スクロール バーのオプション ページを開きます ([ツール]、[オプション]、[テキスト エディター]、[すべての言語] または特定の言語を選択、または [クイック起動] ウィンドウに「スクロール バー」と入力)。Open the Scroll Bar options page (Tools, Options Text Editor. All Languages or a specific language, or type scroll bar in the Quick Launch window).

  2. [垂直スクロール バーへのコメントの表示] を選択し、表示するコメントを選択します Select Show Annotations over vertical scroll bar, then select the annotations you want to see. ([マーク] オプションには、ブレークポイントとブックマークが含まれています)。(The Marks option includes breakpoints and bookmarks.)

  3. 試してみましょう。大きなコード ファイルを開き、ファイル内の複数の場所で出現するコードを置き換えます。Now try it out. Open a large code file and replace something that occurs in several places in the file. スクロール バーに置き換えた結果が表示されるため、置き換えるべきでないものを置き換えた場合は変更を取り消すことができます。The scroll bar shows you the effect of the replacements, so you can back out your changes if you replaced something you shouldn't have.

    次の図は、文字列を検索した後のスクロール バーです。Here's how the scroll bar looks after a search for a string. 文字列のすべてのインスタンスが表示されています。Notice that all instances of the string appear.

    文字列の検索後のスクロール バー。The scroll bar after searching for a string.

    次の図は、文字列のすべてのインスタンスを置き換えた後のスクロール バーです。Here's the scroll bar after replacing all the instances of the string. この操作で問題が発生したことがわかります。You can see immediately that the operation caused some problems.

    文字列の置換でエラーが発生した後のスクロール バーThe scrollbar after replacing a string with errors

スクロール バーの表示モードを設定するにはTo set the display mode for the scroll bar

  1. スクロール バーには、バー モード (既定) とマップ モードの 2 つのモードがあります。The scroll bar has two modes, bar mode (the default) and map mode. バー モードでは、コメントのインジケーターだけがスクロール バーに表示されます。Bar mode just displays annotation indicators on the scroll bar. マップ モードでは、スクロール バーにコード行が表示されます。In map mode the lines of code are represented on the scroll bar. コード行の幅を選択でき、コード行の上にポインターを置いたときに基になるコードを表示するかどうかを選択できます。You can choose how wide they are and whether they show the underlying code when you rest the pointer on them. スクロール バー上のある位置をクリックすると、カーソルがコード内のその位置に移動します。When you click a location on the scroll bar, the cursor moves to that location in the code. 折りたたまれた部分は他と異なる影付きで表示され、ダブルクリックすると展開されます。Collapsed regions are shaded differently; they are expanded when you double-click them.

    スクロール バーのオプション ページで、[垂直スクロール バーでのバー モードの使用] または [垂直スクロール バーでのマップ モードの使用] を選択します。On the Scroll Bar options page, select either Use Bar mode for vertical scroll bar or Use Map mode for vertical scroll bar. [ソースの概要] ドロップダウンで幅を選択できます。You can choose the width in the Source Overview dropdown.

    マップ モードが有効で、幅が [中] に設定されているときの検索例を示します。Here's how the search example looks when map mode is on and the width is set to Medium:

    マップ モードのスクロール バーThe scroll bar in map mode

  2. マップ モードで、スクロール バーの上下にポインターを移動したときのコードのプレビューを有効にするには、[プレビュー ツール ヒントの表示] オプションを選択します。In map mode, to enable previews of the code when you move the cursor up and down the scroll bar, select the Show Preview Tooltip option. 次のように表示されます。Here's how it looks:

    ツールヒント付きのスクロール バーThe scrollbar with a tooltip

    マップ モードのスクロール動作とプレビュー ツール ヒントはそのままで、ソース コードの概要を表示しない場合は、[ソースの概要][オフ] に設定できます。If you want to keep the map mode scrolling behavior and the preview tooltip but don't want to see the source code overview, you can set Source Overview to Off.