方法: [定義をここに表示] を使用してコードを表示および編集する (Alt + F12)

[定義をここに表示] を使うと、記述中のコードから切り替えずにコードを表示および編集できます。 [定義をここに表示][定義へ移動] では同じ情報が表示されますが、[定義をここに表示] ではコードがポップアップ ウィンドウに表示され、[定義へ移動] では別のコード ウィンドウに表示されます。 [定義へ移動] を実行すると、コンテキスト (アクティブなコード ウィンドウ、現在の行、およびカーソルの位置) が定義コード ウィンドウに切り替わります。 [定義をここに表示] を使うと、元のコード ファイル内での位置を保ちながら、定義を表示および編集したり、定義ファイル内を移動したりできます。

[定義をここに表示] は、C#、Visual Basic、および C++ のコードで使うことができます。 Visual Basic では [定義をここに表示] に、定義メタデータのないシンボル (.NET Framework の組み込み型など) のオブジェクト ブラウザーへのリンクが表示されます。

重要

このコマンドは、Visual Studio 2013 の Express Edition では使用できません。

[定義をここに表示] の操作

[定義をここに表示] ウィンドウを開くには

  1. [定義をここに表示] は、調査対象のメソッドのショートカット メニューを開くと見つかります (キーボード: Alt + F12)。

    次の図に、Print() という名前のメソッドの [定義をここに表示] ウィンドウを示します。

    [定義をここに表示] ウィンドウ

    定義ウィンドウは、元のファイルの printer.Print("Hello World!") 行の下に表示されます。 このウィンドウにより、元のファイル内のどのコードも隠れて見えなくなることはありません。 printer.Print("Hello World!") 呼び出しに続く行は定義ウィンドウの下に表示されます。

  2. コード定義ウィンドウ内のさまざまな位置にカーソルを移動できます。 定義ウィンドウの上または下の元のコード ウィンドウ内でも、今までどおりカーソルを移動できます。

  3. 定義ウィンドウから文字列をコピーし、元のコード内で貼り付けることができます。 定義ウィンドウから元のコードに文字列をドラッグ アンド ドロップすることもできますが、定義ウィンドウからその文字列は削除されません。

  4. Esc キーを押すか、定義ウィンドウ タブの [閉じる] ボタンをクリックすることで、定義ウィンドウを閉じることができます。

[定義をここに表示] ウィンドウ内から [定義をここに表示] を開くには

  • 既に [定義をここに表示] ウィンドウを開いている場合、そのウィンドウ内のコードで [定義をここに表示] を再度呼び出すことができます。 もう 1 つの定義ウィンドウが開きます。 定義ウィンドウ タブの横に一連の階層リンクの点が表示されます。これらの点を使用して定義ウィンドウ間を移動できます。 各点のツールヒントには、それぞれの点が表す定義ファイルの名前とパスが表示されます。

    [定義をここに表示] ウィンドウ内の [定義をここに表示] ウィンドウ

複数の結果で [定義をここに表示] を使用するには

  • 複数の定義 (部分クラスなど) があるコードで [定義をここに表示] を使うと、結果の一覧がコード定義ビューの右側に表示されます。 一覧内の結果を選択してその定義を表示できます。

    複数の結果がある [定義をここに表示] ウィンドウ

[定義をここに表示] ウィンドウ内で編集するには

  • [定義をここに表示] ウィンドウ内で編集を始めると、変更中のファイルがコード エディターの別のタブで自動的に開き、既に行った変更が反映されます。 [定義をここに表示] ウィンドウで続けて変更を加えたり、元に戻したり、保存したりすることができ、タブにはそれらの変更が反映され続けます。 変更を保存せずにウィンドウを閉じた場合でも、タブ内で変更を加えたり、元に戻したり、保存したりすることができ、ウィンドウで作業をやめた箇所から再開することができます。

    [定義をここに表示] ウィンドウ内での編集

[定義をここに表示] のキーボード ショートカットを使用するには

  • [定義をここに表示] ウィンドウでは次のキーボード ショートカットを使うことができます。

    機能 キーボード ショートカット
    定義ウィンドウを開く Alt + F12
    定義ウィンドウを閉じる Esc
    定義ウィンドウを通常のドキュメント タブに昇格する Shift + Alt + Home
    定義ウィンドウ間を移動する Ctrl + Alt + マイナス記号 (-) と Ctrl + Alt + 等号 (=)
    複数の結果の間を移動する F8 と Shift + F8
    コード エディター ウィンドウと定義ウィンドウの間で切り替える Shift + Esc
    注意

    Visual Studio の他の場所でも、同じキーボード ショートカットを使って [定義をここに表示] ウィンドウでコードを編集できます。

関連項目

生産性に関するヒント