方法: 型の間の継承を表示する (クラス デザイナー)

基本型とその派生型の間に継承関係がある場合は、クラス デザイナーのクラス ダイアグラムでそのことがわかります。 2 つの型の間に継承関係が存在しない場合に作成する方法については、「方法: 型の間の継承を作成する (クラス デザイナー)」をご覧ください。

基本型を特定するには

  1. クラス ダイアグラムで、基底クラスまたは基本インターフェイスを表示する型をクリックします。

  2. [クラス ダイアグラム] メニューで、[基底クラスの表示] または [基底インターフェイスの表示] を選択します。

    該当する型の基底クラスまたは基本インターフェイスがダイアグラムに表示され、選択されます。 2 つの図形間に非表示の継承線がある場合、それも表示されます。

    また、基本型を表示する型を右クリックして、[基底クラスの表示] または [基底インターフェイスの表示] を選択することもできます。

派生型を特定するには

  1. クラス ダイアグラムで、派生クラスまたは派生インターフェイスを表示する型をクリックします。

  2. [クラス ダイアグラム] メニューで、[派生クラスの表示] または [派生インターフェイスの表示] を選択します。

    該当する型の派生クラスまたは派生インターフェイスがダイアグラムに表示されます。 図形間に非表示の継承線がある場合、それも表示されます。

    また、派生型を表示する型を右クリックして、[派生クラスの表示] または [派生インターフェイスの表示] を選択することもできます。

関連項目

方法: 型の間の関連付けを作成する (クラス デザイナー)
型およびリレーションシップの表示 (クラス デザイナー)