.NET Framework ベースの国際対応アプリケーションの概要

Visual Studio での国際対応アプリケーションの作成は 2 つの部分で構成されています。1 つはグローバリゼーションという、異なるカルチャに対応できるアプリケーションを設計するプロセスで、もう 1 つはローカリゼーションという、特定のカルチャに合わせてリソースを翻訳するプロセスです。 各国のユーザーに向けたアプリケーションの設計に関する一般的な情報については、「推奨される国際対応アプリケーション開発手順」を参照してください。

.NET Framework のローカリゼーション モデルは、アプリケーション コードとフォールバック リソース (アプリケーションが最初に開発されたときに使用された言語の文字列、イメージ、およびその他のオブジェクト) の両方を含むメイン アセンブリで構成されています。 ローカライズされた各アプリケーションには、サテライト アセンブリ (ローカライズされたリソースのみを含むアセンブリ) があります。 メイン アセンブリには常にフォールバック リソースが含まれるため、ローカライズされたサテライト アセンブリでリソースが見つからない場合、ResourceManager はそのリソースを階層的に読み込もうとし、最終的にはメイン アセンブリのリソースに戻ります。 リソースのフォールバック システムの詳細については、「ローカリゼーション用リソースの階層編成」を参照してください。

Microsoft のローカライズされたすべての製品に関する用語集も、ローカリゼーション リソースとして使用するよう考えてください。 この CSV ファイルには、12,000 を超える英語の用語と、最大 59 種類の言語に翻訳された用語が含まれます。 用語集は、Microsoft Terminology Translations Web ページからダウンロードできます。

Windows フォーム アプリケーションのプロジェクト システムでは、フォールバックと必要な追加の UI カルチャの両方のリソース ファイルを生成できます。 フォールバック リソース ファイルがメイン アセンブリに組み込まれてから、カルチャ固有のリソース ファイルがサテライト アセンブリ (UI カルチャごとに 1 つ) に組み込まれます。 プロジェクトをビルドすると、リソース ファイルは Visual Studio XML 形式 (.resx) から中間バイナリ形式 (.resources) にコンパイルされ、その後、サテライト アセンブリに埋め込まれます。

Windows フォームと Web フォームの両方のプロジェクト システムで、アセンブリ リソース ファイル テンプレートを使用してリソース ファイルをビルドし、リソースにアクセスしてプロジェクトをビルドすることができます。 サテライト アセンブリはメイン アセンブリと共に作成されます。

ローカライズされたアプリケーションの実行時の外観は 2 つのカルチャ値によって決まります (カルチャとは、ユーザーの言語、環境、および文化的な慣習に関連する、一連のユーザー設定情報です)。読み込まれるリソースは、UI カルチャ設定によって決まります。 UI カルチャは、Web.config ファイルとページ ディレクティブの UICulture として設定され、Visual Basic または Visual C# コードでは CurrentUICulture として設定されます。 カルチャ設定によって、日付、数値、通貨などの値の形式が決まります。 カルチャは、Web.config ファイルとページ ディレクティブでは Culture として設定され、Visual Basic または Visual C# コードでは CurrentCulture として設定されます。

関連項目

System.Globalization
System.Resources
アプリケーションのグローバライズとローカライズ
セキュリティおよびローカライズされたサテライト アセンブリ