アプリケーションのローカライズ

ローカライズは、特定のカルチャまたはロケールに合わせてアプリケーションをカスタマイズする処理です。 ローカライズは主にユーザー インターフェイスの翻訳で構成されます。

このセクションの内容

ローカリゼーション用リソースの階層編成
Visual Studio でローカライズされたリソースを格納し、アクセスする方法について説明します。

セキュリティおよびローカライズされたサテライト アセンブリ
公開キーと秘密キーのペアを使用したサテライト アセンブリへの署名について説明します。

メイン アセンブリおよびローカライズされたサテライト アセンブリのバージョン番号
アプリケーションのメイン アセンブリと共に使用するサテライト アセンブリを決定する、SatelliteContractVersionAttribute クラスの概要を説明します。

ローカリゼーションのニュートラル リソース言語
アプリケーションのメイン アセンブリに含まれるリソースのカルチャを指定する、NeutralResourcesLanguageAttribute クラスの概要を説明します。

.NET Framework ベースの国際対応アプリケーションの概要
Visual Basic または Visual C# を使用した国際市場向けのソフトウェア開発についての概念を説明します。

Windows フォームのグローバル化
複数のカルチャをサポートする Windows アプリケーションの作成について説明したページへのリンクを提供します。

グローバライズとローカライズ
複数のカルチャをサポートする Web アプリケーションの作成について説明したページへのリンクを提供します。

推奨される国際対応アプリケーション開発手順
設計に関する問題や用語など、各国のユーザー向けのプログラミングについての情報を示します。