外部ツールの管理

Visual Studio から [ツール] メニューを使用して外部ツールを呼び出すことができます。 いくつかの既定ツールは [ツール] メニューで使用できますが、他の実行可能ファイルを独自に追加することもできます。

[Visual Studio ツール] メニューで使用できるツール

[ツール] メニューには、次のように組み込みコマンドがいくつか表示されます。

[ツール] メニューに新しいツールを追加する

[ツール] メニューに外部ツールを追加することができます。 [外部ツール] ダイアログ ボックスを開き、[追加] をクリックして、情報を入力します。 たとえば、次のエントリを指定すると、Visual Studio で現在開いているファイルのディレクトリでエクスプローラーが開きます。

  1. タイトル: 開いているファイルの場所

  2. コマンド: explorer.exe

  3. 引数: /root, "$(ItemDir)"

    外部ツールの定義時に使用できる引数の一覧を次に示します。

注意

IDE のステータス バーに、アクティブなコード エディターの挿入位置を示す、Current Line 変数および Current Column 変数が表示されます。 Current Text 変数は、その場所で選択されているテキストまたはコードを返します。

名前 引数 説明
項目のパス $(ItemPath) 現在のファイルの完全なファイル名 (ドライブ + パス + ファイル名)。
項目のディレクトリ $(ItemDir) 現在のファイルのディレクトリ (ドライブ + パス)。
項目のファイル名 $(ItemFilename) 現在のファイルのファイル名 (ファイル名)。
項目の拡張子 $(ItemExt) 現在のファイルのファイル名拡張子。
カレント行 $(CurLine) コード ウィンドウ内のカーソルの現在の行位置。
カレント列 $(CurCol) コード ウィンドウ内のカーソルの現在の列位置。
カレント テキスト $(CurText) 選択されているテキスト。
ターゲット パス $(TargetPath) 作成するアイテムの完全なファイル名 (ドライブ + パス + ファイル名)。
ターゲット ディレクトリ $(TargetDir) 作成するアイテムのディレクトリ。
ターゲット名 $(TargetName) 作成するアイテムのファイル名。
ターゲットの拡張子 $(TargetExt) 作成するアイテムのファイル名拡張子。
バイナリ ディレクトリ $(BinDir) 作成中のバイナリの最終的な場所 (ドライブ + パスとして定義されます)。 例: \...\My Documents\Visual Studio <Version>\<ProjectName>\bin\debug
プロジェクト ディレクトリ $(ProjDir) 現在のプロジェクトのディレクトリ (ドライブ + パス)。
プロジェクト ファイル名 $(ProjFileName) 現在のプロジェクトのファイル名 (ドライブ + パス + ファイル名)。
ソリューション ディレクトリ $(SolutionDir) 現在のソリューションのディレクトリ (ドライブ + パス)。
ソリューション ファイル名 $(SolutionFileName) 現在のソリューションのファイル名 (ドライブ + パス + ファイル名)。

関連項目

C と C++ のビルド ツール