AddExistingSolutionItem コマンド

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

既存のファイルを現在のソリューションに追加して、そのファイルを開きます。

構文

File.AddExistingItem filename [/e:editorname]  

引数

filename
必ず指定します。 現在のソリューションに追加するアイテムの完全パスとファイル名を拡張子を付けて指定します。 ファイルのパスまたはファイル名にスペースが含まれている場合は、パス全体を引用符で囲みます。

スイッチ

\/e: editorname
省略可能です。 ファイルを開くために使用するエディターの名前を指定します。 引数を指定してあり、エディター名を指定していない場合は、[ファイルを開くアプリケーションの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

引数 \/e:editorname の構文では、エディター名を [ファイルを開くアプリケーションの選択] ダイアログ ボックスに表示されたとおりに引用符で囲んで使用します。 たとえば、ソース コード エディターでスタイル シートを開くには、引数 \/e:editorname に次のように入力します。

/e:"Source Code (text) Editor"  

解説

オート コンプリートでは、入力した文字列と一致する正しいパスおよびファイル名が検索されます。

使用例

ファイル Form1.frm を現在のソリューションに追加するコードは次のとおりです。

>File.AddExistingItem "C:\public\solution files\Form1.frm"  

参照

Visual Studio コマンド
コマンド ウィンドウ
[検索] ボックス
Visual Studio コマンドの定義済みのエイリアス