[ビルドの詳細設定] ダイアログ ボックス (C#)Advanced Build Settings Dialog Box (C#)

プロジェクト デザイナー[ビルドの詳細設定] ダイアログ ボックスを使用して、プロジェクトの詳細なビルド構成プロパティを指定します。Use the Advanced Build Settings dialog box of the Project Designer to specify the project's advanced build configuration properties. このダイアログ ボックスは、Visual C#Visual C# プロジェクトにのみ適用されます。This dialog box applies to Visual C#Visual C# projects only.

全般General

次のオプションを使用すると、全般的な詳細設定を有効にできます。The following options enable you to set general advanced settings.

言語バージョン 使用する言語のバージョンを指定します。Language Version Specifies the version of the language to use. 機能セットはバージョンによって異なるので、このオプションを使用して、コンパイラが特定の実装機能のみを許可するように強制したり、既存の標準と互換性のある機能のみを有効にしたりすることができます。The feature set is different in each version, so this option can be used to force the compiler to allow only a subset of the implemented features, or to enable only those features compatible with an existing standard. この設定には、次のオプションがあります。This setting has the following options:

  • defaultdefault

    現在のバージョンをターゲットにします。Targets the current version.

  • ISO-1ISO-2ISO-1 and ISO-2

    それぞれ、標準機能の ISO-1 と ISO-2 をターゲットにします。Targets the ISO-1 and ISO-2 standard features, respectively.

  • C# [バージョン番号]C# [version number]

    特定のバージョンの C# をターゲットにします。Targets a specific version of C#. 詳しくは、「/langversion (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /langversion (C# Compiler Options).

内部コンパイル エラー報告 コンパイラ エラーを Microsoft に報告するかどうかを指定します。Internal Compiler Error Reporting Specifies whether to report compiler errors to Microsoft. prompt (既定) に設定すると、内部コンパイラ エラーが発生した場合にプロンプトが表示され、エラー報告を電子的に Microsoft に送信するオプションが示されます。If set to prompt (the default), you will receive a prompt if an internal compiler error occurs, giving you the option of sending an error report electronically to Microsoft. send に設定すると、エラー報告は自動的に送信されます。If set to send, an error report will be sent automatically. queue に設定すると、報告はキューに追加されます。If set to queue, error reports will be queued. none に設定すると、エラーはコンパイラのテキスト出力にのみ報告されます。If set to none, the error will be reported only in the compiler's text output. 詳しくは、「/errorreport (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /errorreport (C# Compiler Options).

演算のオーバーフローおよびアンダーフローのチェック checked キーワードまたは unchecked キーワードのスコープ内に含まれない整数の算術ステートメントと、データ型の範囲外の値になる整数の算術ステートメントで、ランタイム例外が発生するかどうかを指定します。Check for arithmetic overflow/underflow Specifies whether an integer arithmetic statement that is not in the scope of the checked or unchecked keywords and that results in a value outside the range of the data type will cause a run-time exception. 詳しくは、「/checked (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /checked (C# Compiler Options).

mscorlib.dll を参照しない System 名前空間全体を定義して、mscorlib.dll をプログラムにインポートするかどうかを指定します。Do not reference mscorlib.dll Specifies whether mscorlib.dll will be imported into your program, defining the entire System namespace. 独自の System 名前空間およびオブジェクトを定義または作成する場合は、このチェック ボックスをオンにします。Check this box if you want to define or create your own System namespace and objects. 詳しくは、「/nostdlib (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /nostdlib (C# Compiler Options).

出力Output

次のオプションを使用すると、詳細な出力オプションを指定できます。The following options enable you to specify advanced output options.

デバッグ情報 コンパイラによって生成されるデバッグ情報の種類を指定します。Debug Information Specifies the type of debugging information generated by the compiler. アプリケーションのデバッグ パフォーマンスを構成する方法については、「イメージのデバッグの簡略化」を参照してください。For information on how to configure the debug performance of an application, see Making an Image Easier to Debug. この設定には、次のオプションがあります。This setting has the following options:

  • nonenone

    デバッグ情報を生成しないことを指定します。Specifies that no debugging information will be generated.

  • fullfull

    実行中のプログラムにデバッガーをアタッチできるようにします。Enables attaching a debugger to the running program.

  • pdbonlypdbonly

    プログラムがデバッガーで開始されたとき、ソース コードのデバッグが有効になりますが、実行中のプログラムがデバッガーにアタッチされているときにのみアセンブラーが表示されます。Allows source code debugging when the program is started in the debugger but will only display assembler when the running program is attached to the debugger.

  • ポータブルportable

    プラットフォーム固有ではない、移植可能なシンボル ファイルである .PDB ファイルを生成します。このファイルは、他のツール、特にデバッガーに、主要な実行可能ファイルの内容やそれが作られた経緯に関する情報を提供します。Produces a .PDB file, a non-platform-specific, portable symbol file that provides other tools, especially debuggers, information about what is in the main executable file and how it was produced. 詳細については、「ポータブル PDB」を参照してください。See Portable PDB for more information.

  • 埋め込みembedded

    ポータブル シンボル情報をアセンブリに埋め込みます。Embeds portable symbol information into the assembly. 外部 .PDB ファイルは作成されません。No external .PDB file is produced.

詳しくは、「/debug (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /debug (C# Compiler Options).

ファイルの配置 出力ファイル内のセクションのサイズを指定します。File Alignment Specifies the size of sections in the output file. 有効値は 512102420484096、および 8192 です。Valid values are 512, 1024, 2048, 4096, and 8192. これらの値の単位はバイトです。These values are measured in bytes. 各セクションは、この値の倍数である境界内にアラインされるので、出力ファイルのサイズに影響があります。Each section will be aligned on a boundary that is a multiple of this value, affecting the size of the output file. 詳しくは、「/filealign (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /filealign (C# Compiler Options).

ライブラリ ベース アドレス DLL を読み込む位置に推奨されるベース アドレスを指定します。Library Base Address Specifies the preferred base address at which to load a DLL. DLL の既定のベース アドレスは、.NET Framework.NET Framework 共通言語ランタイムにより設定されます。The default base address for a DLL is set by the .NET Framework.NET Framework common language runtime. 詳しくは、「/baseaddress (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /baseaddress (C# Compiler Options).

参照See Also