[ビルドの詳細設定] ダイアログ ボックス (Visual Basic)Advanced Compiler Settings Dialog Box (Visual Basic)

プロジェクト デザイナー[コンパイラの詳細設定] ダイアログ ボックスを使用して、プロジェクトの詳細なビルド構成プロパティを指定します。Use the AdvancedCompiler Settings dialog box of the Project Designer to specify the project's advanced build-configuration properties. このダイアログ ボックスは、Visual Basic プロジェクトにのみ適用されます。This dialog box applies to Visual Basic projects only.

このダイアログ ボックスを表示するにはTo access this dialog box

  1. ソリューション エクスプローラーで、[ソリューション] ノードではなくプロジェクト ノードを選びます。In Solution Explorer, choose a project node (not the Solution node).

  2. [プロジェクト] メニューの [プロパティ] をクリックします。On the Project menu, click Properties. プロジェクト デザイナーが表示されたら、[コンパイル] タブをクリックします。When the Project Designer appears, click the Compile tab.

  3. [コンパイル] ページ、プロジェクト デザイナー (Visual Basic) で、[構成][プラットフォーム] を選択します。On the Compile Page, Project Designer (Visual Basic), select the Configuration and Platform. 簡易ビルド構成では、[構成][プラットフォーム] の一覧は表示されません。In simplified build configurations, the Configuration and Platform lists are not displayed. 詳細については、「方法: デバッグ構成とリリース構成を設定する」を参照してください。For more information, see How to: Set debug and release configurations.

  4. [詳細コンパイル オプション] をクリックします。Click Advanced Compile Options.

注意

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. 詳細については、「IDE をカスタマイズする」をご覧ください。For more information, see Personalizing the IDE.

最適化Optimizations

次のオプションは最適化を指定するもので、プログラム ファイルの小型化、プログラムの実行の高速化、またはビルド プロセスの時間短縮を実現できる場合があります。The following options specify optimizations that can in some cases make a program file smaller, make a program run faster, or speed up the build process.

整数オーバーフローのチェックを解除Remove integer overflow checks

既定では、このチェック ボックスはオフになっており、整数のオーバーフロー チェックが有効になります。This check box is cleared, by default, to enable integer overflow checking. 整数のオーバーフロー チェックを解除するには、このチェック ボックスをオンにします。Select this check box to remove integer overflow checking. このチェック ボックスをオンにすると、整数の計算が高速になる場合があります。If you select this check box, integer calculations might be faster. ただし、オーバーフロー チェックを解除し、データ型の容量がオーバーフローした場合、エラーが発生せずに誤った結果が格納される可能性があります。However, if you remove overflow checking and data type capacities overflow, incorrect results might be stored without an error being raised.

オーバーフロー状態がチェックされ、整数演算がオーバーフローした場合、OverflowException 例外がスローされます。If overflow conditions are checked and an integer operation overflows, an OverflowException exception is thrown. オーバーフロー状態がチェックされていない場合、整数演算のオーバーフロー時に例外はスローされません。If overflow conditions are not checked, integer operation overflows don't throw an exception.

最適化を有効にするEnable optimizations

既定では、このチェック ボックスはオフになっており、コンパイラの最適化は無効になります。This check box is cleared, by default, to disable compiler optimizations. コンパイラの最適化を有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。Select this check box to enable compiler optimizations. コンパイラを最適化すると、出力ファイルのサイズが小さくなり、動作が速くなり、処理の効率が向上します。Compiler optimizations make your output file smaller, faster, and more efficient. ただし、最適化によって出力ファイル内のコードが再配置されるため、コンパイラを最適化するとデバッグが困難になる場合があります。However, because optimizations cause code rearrangement in the output file, compiler optimizations can make debugging difficult.

DLL ベース アドレスDLL base address

このテキスト ボックスには、既定の DLL ベース アドレスが 16 進形式で表示されます。This text box displays the default DLL base address in hexadecimal format. クラス ライブラリおよびコントロール ライブラリ プロジェクトでは、このテキスト ボックスを使用して、DLL の作成時に使用されるベース アドレスを指定できます。In Class Library and Control Library projects, you can use this text box to specify the base address to be used when the DLL is created.

デバッグ情報を作成Generate debug info

リストから [None][Full]、または [pdb-only] を選択します。Select None, Full, or pdb-only from the list. [None] を指定すると、デバッグ情報が生成されません。None specifies that no debugging information be generated. [Full] を指定すると、完全なデバッグ情報が生成され、[pdb-only] を指定すると、PDB デバッグ情報のみが生成されます。Full specifies that full debugging information be generated, and pdb-only specifies that only PDB debugging information should be generated. このオプションの既定値は [Full] です。The default value for this option is Full.

コンパイル定数Compilation Constants

条件付きコンパイル定数は、ソース ファイルに #Const のプリプロセッサ ディレクティブを使用する場合と同じような効果がありますが、定義された定数は public で、プロジェクトのすべてのファイルに適用されます。Conditional compilation constants have an effect similar to that of using a #Const preprocessor directive in a source file, except that constants defined are public and apply to all files in the project. 条件付きコンパイル定数を #If...Then...#Else ディレクティブと共に使用することで、ソース ファイルを条件付きでコンパイルできます。You can use conditional compilation constants together with the #If...Then...#Else directive to compile source files conditionally. 条件付きコンパイル」を参照してください。See Conditional Compilation.

定数 DEBUG の定義Define DEBUG constant

既定では、このチェック ボックスはオンになり、DEBUG 定数を設定するように指定されます。By default, this check box is selected, specifying that a DEBUG constant be set.

定数 TRACE の定義Define TRACE constant

既定では、このチェック ボックスはオンになり、TRACE 定数を設定するように指定されます。By default, this check box is selected, specifying that a TRACE constant be set.

カスタム定数Custom constants

このテキスト ボックスには、アプリケーションのカスタム定数を入力します。Enter any custom constants for your application in this text box. エントリは、Name1="Value1",Name2="Value2",Name3="Value3" の形式を使用して、コンマで区切る必要があります。Entries should be delimited by commas, using this form: Name1="Value1",Name2="Value2",Name3="Value3".

その他の設定Other Settings

シリアル化アセンブリの生成Generate serialization assemblies

この設定は、コンパイラが XML シリアル化アセンブリを作成するかどうかを指定します。This setting specifies whether the compiler will create XML serialization assemblies. コード内で型をシリアル化するために XmlSerializer クラスを使用している場合は、シリアル化アセンブリによってそのクラスの起動効率を改善できます。Serialization assemblies can improve the startup performance of XmlSerializer if you've used that class to serialize types in your code. このオプションの既定値は [自動] です。[自動] の場合、コード内の型を XML にエンコードするために XmlSerializer を使用している場合にのみシリアル化アセンブリを生成することが指定されます。The default value for this option is Auto. Auto specifies that serialization assemblies be generated only if you've used XmlSerializer to encode types in your code to XML. [オフ] は、コードで XmlSerializer を使用するかどうかに関係なく、シリアル化アセンブリを生成しないことを指定します。Off specifies that serialization assemblies never be generated, regardless of whether your code uses XmlSerializer. [オン] の場合、シリアル化アセンブリが必ず生成されます。On specifies that serialization assemblies always be generated. シリアル化アセンブリには、TypeName.XmlSerializers.dll のように名前が付けられます。Serialization assemblies are named TypeName.XmlSerializers.dll.

関連項目See also