[サービスの詳細設定] ダイアログ ボックスAdvanced Settings for Services Dialog Box

クライアント アプリケーション サービスにより、Windows フォーム アプリケーションおよび Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションから Microsoft AjaxMicrosoft Ajax ログイン サービス、ロール サービス、プロファイル サービスに簡単にアクセスできます。Client application services provide simplified access to Microsoft AjaxMicrosoft Ajax login, roles, and profile services from Windows Forms and Windows Presentation Foundation (WPF) applications. プロジェクト デザイナー[サービス] ページを使用して、クライアント アプリケーション サービスを構成することができます。You can use the Services page in the Project Designer to configure client application services. [サービス] ページの詳細については、「Services Page, Project Designer」([サービス] ページ (プロジェクト デザイナー)) を参照してください。For more information about the Services page, see Services Page, Project Designer.

プロジェクト デザイナー[サービスの詳細設定] ダイアログ ボックスの [サービス] ページを使用して、クライアント アプリケーション サービスの詳細設定を構成します。Use the Advanced Settings for Services dialog box of the Services page in the Project Designer to configure advanced settings for client application services. これらの設定を使用すると、既定のアプリケーション サービスの動作の一部を上書きして、あまり一般的ではないシナリオに対応することができます。By using these settings, you can override some default application service behaviors to enable less common scenarios. 詳細については、「クライアント アプリケーション サービス」を参照してください。For more information, see Client Application Services.

[サービスの詳細設定] ダイアログ ボックスにアクセスするには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクト ノードを選択し、[プロジェクト] メニューの [プロパティ] をクリックします。To access the Advanced Settings for Services dialog box, select a project node in Solution Explorer, and then click Properties on the Project menu. プロジェクト デザイナーが表示されたら、[サービス] タブをクリックし、[詳細設定] ボタンをクリックします。When the Project Designer appears, click the Services tab, and then click the Advanced button. クライアント アプリケーション サービスを有効にするまで、このボタンは無効です。This button will be disabled until you enable client application services.

タスク一覧Task List

方法 : クライアント アプリケーション サービスを構成するHow to: Configure Client Application Services

方法 : クライアント アプリケーション サービスをオフライン モードで操作するHow to: Work Offline with Client Application Services

UIElement の一覧UIElement List

オフラインでログインできるようにパスワードのハッシュをローカルに保存するSave password hash locally to enable offline login
暗号化された形式のユーザー パスワードをローカルにキャッシュして、アプリケーションがオフライン モードのときでもユーザーがログインできるようにするかどうかを指定します。Specifies whether an encrypted form of the user's password will be cached locally to enable the user to log in when the application is in offline mode. 詳細については、「How to: Work Offline with Client Application Services」(方法: クライアント アプリケーション サービスをオフライン モードで操作する) を参照してください。For more information, see How to: Work Offline with Client Application Services. 既定では、このオプションはオンです。This option is selected by default.

サーバー クッキーの期限が切れた場合は常に再度ログオンすることをユーザーに要求するRequire users to log on again whenever the server cookie expires
アプリケーションがロールまたはプロファイル サービスにアクセスし、サーバー認証の Cookie が期限切れになっているときに、以前に認証済みのユーザーを自動的に再認証するかどうかを指定します。Specifies whether previously authenticated users are automatically reauthenticated when your application accesses the roles or profile service and the server authentication cookie has expired. Cookie の期限切れ後はアプリケーション サービスへのアクセスを拒否し、明示的に再認証を必須にするには、このオプションをオンにします。Select this option to deny access to the application services and require explicit reauthentication after the cookie expires. このオプションは、公共の場所に配置されたアプリケーションで、使用後にアプリケーションを実行中のままにしているユーザーが無期限に認証されないようにするのに便利です。This is useful for applications deployed in public locations to make sure that users who leave the application running after use will not remain authenticated indefinitely. 既定では、このオプションはオフになっています。This option is cleared by default.

ロール サービスのキャッシュのタイムアウトRole service cache timeout
クライアント ロール プロバイダーが、ロール サービスにアクセスせずにキャッシュ済みのロール値を使用する時間を指定します。Specifies the amount of time the client role provider will use cached role values instead of accessing the roles service. この時間間隔は、ロールが頻繁に更新される場合は小さい値に設定し、ロールが頻繁に更新されない場合はより大きい値に設定します。Set this time interval to a small value when roles are updated frequently or to a larger value when roles are updated infrequently. 既定値は 1 日です。The default value is one day.

IsInRole メソッドを呼び出すと、ロール プロバイダーがキャッシュされたロール値またはロール サービスにアクセスします。The role provider accesses the cached role values or the roles service when you call the IsInRole method. プログラムによってキャッシュを消去し、強制的にこのメソッドがリモート サービスにアクセスするようにするには、ResetCache メソッドを呼び出します。To programmatically clear the cache and force this method to access the remote service, call the ResetCache method.

カスタム接続文字列を使用Use custom connection string
クライアント サービス プロバイダーがローカル キャッシュにカスタムのデータ ストアを使用するかどうかを指定します。Specifies whether the client service providers will use a custom data store for the local cache. 既定では、サービス プロバイダーはキャッシュのローカル ファイル システムを使用します。By default, the service providers will use the local file system for the cache. このオプションをオンにすると、テキスト ボックスには既定の接続文字列が自動的に入力されます。Selecting this option will automatically populate the text box with a default connection string. 自動生成される既定の接続文字列のままにして、SQL Server Compact Edition データベースを使用するか、既存の SQL Server データベースに対する接続文字列を指定することができます。You can keep the default connection string to automatically generate and use a SQL Server Compact Edition database, or you can specify a connection string to an existing SQL Server database. 詳細については、「方法 : クライアント アプリケーション サービスを構成する」を参照してください。For more information, see How to: Configure Client Application Services. 既定では、このオプションはオフになっています。This option is cleared by default.

関連項目See Also

クライアント アプリケーション サービス Client Application Services
[サービス] ページ (プロジェクト デザイナー) Services Page, Project Designer
方法 : クライアント アプリケーション サービスを構成する How to: Configure Client Application Services
方法 : クライアント アプリケーション サービスをオフライン モードで操作するHow to: Work Offline with Client Application Services