[ビルド イベント] ダイアログ ボックス (Visual Basic)

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ビルド構成命令を指定するには、[ビルド イベント] ダイアログ ボックスを使用します。 また、ビルド前またはビルド後の任意のイベントを実行する条件を指定することもできます。 詳細については、「方法 : ビルド イベントを指定する (Visual Basic)」を参照してください。

ビルド前に実行するコマンド ライン
ビルド開始前に実行する任意のコマンドを指定します。 長いコマンドを入力するには、[ビルド前の編集] をクリックして [ビルド前に実行するコマンド ライン] / [ビルド後に実行するコマンド ライン] ダイアログ ボックスを表示します。

注意

ビルド前のイベントは、プロジェクトが最新の状態で、ビルドが発生しない場合には実行しません。

ビルド後のイベント コマンド ライン
ビルド終了後に実行する任意のコマンドを指定します。 長いコマンドを入力するには、[ビルド後の編集] をクリックして [ビルド後に実行するコマンド ライン] ダイアログ ボックスを表示します。

注意

.bat ファイルを実行するすべてのビルド後コマンドの前に、call ステートメントを追加します。 たとえば、call C:\MyFile.bat または call C:\MyFile.bat call C:\MyFile2.bat です。

ビルド後のコマンド ラインの実行条件
次の表に示すように、実行するビルド後のイベントの条件を指定します。

オプション 結果
常時 ビルド後のイベントは、ビルドが成功したかどうかに関係なく実行されます。
ビルドが成功したとき ビルド後のイベントは、ビルドが成功した場合に実行されます。 ビルドが成功した場合は、最新のプロジェクトでもイベントが実行されます。 これは、既定の設定です。
[ビルドがプロジェクト出力を更新したとき] ビルド後のイベントは、コンパイラの出力ファイル (.exe または .dll) が以前のコンパイラの出力ファイルと異なる場合にだけ実行されます。 プロジェクトが最新の場合、ビルド後のイベントは実行されません。

参照

[コンパイル] ページ、プロジェクト デザイナー (Visual Basic)
方法 : ビルド イベントを指定する (Visual Basic)
[ビルド前に実行するコマンド ライン] / [ビルド後に実行するコマンド ライン] ダイアログ ボックス