[ビルド] ページ (プロジェクト デザイナー) (C#)Build Page, Project Designer (C#)

プロジェクト デザイナー[ビルド] ページでは、プロジェクトのビルド構成プロパティを指定します。Use the Build page of the Project Designer to specify the project's build configuration properties. このページは、Visual C#Visual C# プロジェクトにのみ適用されます。This page applies to Visual C#Visual C# projects only.

[ビルド] ページにアクセスするには、ソリューション エクスプローラーのプロジェクト ノード ([ソリューション] ノードではありません) を選択します。To access the Build page, choose a project node (not the Solution node) in Solution Explorer. メニューで [表示][プロパティ ページ]の順に選択します。Then choose View, Property Pages on the menu. プロジェクト デザイナーが表示されたら、[ビルド] タブを選択します。When the Project Designer appears, choose the Build tab.

注意

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. 詳細については、「IDE をカスタマイズする」をご覧ください。For more information, see Personalizing the IDE.

構成およびプラットフォームConfiguration and Platform

次のオプションを使用すると、表示または変更する構成およびプラットフォームを選択できます。The following options enable you to select the configuration and platform to display or modify.

注意

簡易ビルド構成を使用した場合、デバッグ バージョンとリリース バージョンのどちらをビルドするかの決定はプロジェクト システムによって行われます。With simplified build configurations, the project system determines whether to build a debug or release version. したがって、これらのオプションは表示されません。Therefore, these options are not displayed. 詳細については、「デバッグ構成およびリリース プロジェクト構成」を参照してください。For more information, see Debug and Release Project Configurations.

構成Configuration
表示または変更する構成設定を指定します。Specifies which configuration settings to display or modify. この設定は、[アクティブ (Debug)] (既定)、[Debug][Release]、または [すべての構成] に指定できます。The settings can be Active (Debug) (this is the default), Debug, Release, or All Configurations.

プラットフォームPlatform
表示または変更するプラットフォーム設定を指定します。Specifies which platform settings to display or modify. 既定の設定は [アクティブ (Any CPU)] です。The default setting is Active (Any CPU). アクティブなプラットフォームは、構成マネージャーを使って変更できます。You can change the active platform using the Configuration Manager. 詳細については、「How to: Create and Edit Configurations」(方法 : 構成を作成および編集する) を参照してください。For more information, see How to: Create and Edit Configurations.

全般General

次のオプションでは、いくつかの C# コンパイラ設定を構成できます。The following options enable you to configure several C# compiler settings.

条件付きコンパイル シンボルConditional compilation symbols
条件付きコンパイルを実行するシンボルを指定します。Specifies symbols on which to perform conditional compilation. シンボルはセミコロン (";") で区切ります。Separate symbols with a semi-colon (";"). 詳しくは、「/define (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /define (C# Compiler Options).

定数 DEBUG の定義Define DEBUG constant
DEBUG をアプリケーションのすべてのソース コード ファイル内のシンボルとして定義します。Defines DEBUG as a symbol in all source code files in your app. これを選択することは、/define:DEBUG コマンド ライン オプションを使用することと同じです。Selecting this is equivalent to using the /define:DEBUG command line option.

定数 TRACE の定義Define TRACE constant
TRACE をアプリケーションのすべてのソース コード ファイル内のシンボルとして定義します。Defines TRACE as a symbol in all source code files in your app. これを選択することは、/define:TRACE コマンド ライン オプションを使用することと同じです。Selecting this is equivalent to using the /define:TRACE command line option.

プラットフォーム ターゲットPlatform Target
出力ファイルがターゲットとするプロセッサを指定します。Specifies the processor to be targeted by the output file. 32 ビット Intel 互換プロセッサの場合は [x86] を、64 ビット Intel 互換プロセッサの場合は [x64] を、ARM プロセッサの場合は [ARM] をそれぞれ選択します。または、どのプロセッサでもかまわないことを指定する場合は、[Any CPU] を選択します。Choose x86 for any 32-bit Intel-compatible processor, choose x64 for any 64-bit Intel-compatible processor, choose ARM for ARM processors, or choose Any CPU to specify that any processor is acceptable. [Any CPU] はプロジェクトの既定の値であり、さまざまなハードウェアでアプリケーションを実行できるようにします。Any CPU is the default value for projects, because it allows the application to run on the broadest range of hardware.

詳しくは、「/platform (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /platform (C# Compiler Options).

32 ビットを優先Prefer 32-bit
[32 ビットの優先] チェック ボックスがオンの場合、アプリケーションは、Windows の 32 ビット バージョンおよび 64 ビット バージョンで 32 ビット アプリケーションとして実行されます。If the Prefer32-bit check box is selected, the application runs as a 32-bit application on both 32-bit and 64-bit versions of Windows. このチェック ボックスがオフの場合、アプリケーションは、Windows の 32 ビット バージョンで 32 ビット アプリケーションとして、および Windows の 64 ビット バージョンで 64 ビット アプリケーションとしてそれぞれ実行されます。If the check box is cleared, the application runs as a 32-bit application on 32-bit versions of Windows and as a 64-bit application on 64-bit versions of Windows.

アプリケーションを 64 ビット アプリケーションとして実行する場合は、ポインター サイズが 2 倍になり、32 ビットのみの他のライブラリとの互換性の問題が発生する可能性があります。If you run an application as a 64-bit application, the pointer size doubles, and compatibility problems can occur with other libraries that are exclusively 32-bit. 4 GB 以上のメモリが必要な場合、または 64 ビットにするとパフォーマンスが大幅に向上する場合にのみ、64 ビット アプリケーションを実行すると便利です。It is useful to run a 64-bit application only if it needs more than 4 GB of memory or 64-bit instructions provide a significant performance improvement.

このチェック ボックスは、次の条件がすべて満たされた場合にのみ利用できます。This check box is available only if all of the following conditions are true:

  • [ビルド] ページの [プラットフォーム ターゲット] ボックスの一覧で、[Any CPU] が設定されている。On the Build Page, the Platform target list is set to Any CPU.

  • [アプリケーション] ページの [出力の種類] ボックスの一覧で、プロジェクトがアプリケーションであることが指定されている。On the Application Page, the Output type list specifies that the project is an application.

  • [アプリケーション] ページの [ターゲット フレームワーク] ボックスの一覧で、.NET Framework 4.5 が指定されている。On the Application Page, the Target framework list specifies the .NET Framework 4.5.

アンセーフ コードの許可Allow unsafe code
unsafe キーワードを使用するコードをコンパイルできるようにします。Allows code that uses the unsafe keyword to compile. 詳しくは、「/unsafe (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /unsafe (C# Compiler Options).

コードの最適化Optimize code
コンパイラで実行する最適化を有効または無効にします。最適化を実行すると、出力ファイルのサイズが小さくなり、速度と効率が向上します。Enable or disable optimizations performed by the compiler to make your output file smaller, faster, and more efficient. 詳しくは、「/optimize (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /optimize (C# Compiler Options).

エラーと警告Errors and Warnings

ビルド処理におけるエラーおよび警告のオプションの構成には、次の設定が使用されます。The following settings are used to configure the error and warning options for the build process.

警告レベルWarning level
コンパイラの警告を表示するレベルを指定します。Specifies the level to display for compiler warnings. 詳しくは、「/warn (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /warn (C# Compiler Options).

警告の表示なしSuppress warnings
1 つ以上の警告について、警告を生成するコンパイラの機能を無効にします。Blocks the compiler's ability to generate one or more warnings. 警告番号が複数ある場合は、コンマまたはセミコロンで区切ります。Separate multiple warning numbers with a comma or semicolon. 詳しくは、「/nowarn (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /nowarn (C# Compiler Options).

[警告をエラーとして扱う]Treat Warnings as Errors

エラーとして扱う警告を指定するには、次の設定が使用されます。The following settings are used to specify which warnings are treated as errors. ビルドが警告を検出したときに、どのような状況でエラーを返すのかを、次のいずれかのオプションを選択して指定します。Select one of the following options to indicate under what conditions to return an error when the build encounters a warning. 詳しくは、「/warnaserror (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /warnaserror (C# Compiler Options).

NoneNone
警告をエラーとして扱いません。Treats no warnings as errors.

[特定の警告]Specific warnings
指定した警告をエラーとして扱います。Treats the specified warnings as errors. 警告番号が複数ある場合は、コンマまたはセミコロンで区切ります。Separate multiple warning numbers with a comma or semicolon.

AllAll
すべての警告をエラーとして扱います。Treats all warnings as errors.

出力Output

次の設定は、ビルド処理の出力オプションを構成するために使用します。The following settings are used to configure the output options for the build process.

出力パスOutput path
このプロジェクト構成の出力ファイルの場所を指定します。Specifies the location of the output files for this project's configuration. このボックスにビルド出力のパスを入力するか、[参照] をクリックし、パスを指定します。Enter the path of the build output in this box, or choose the Browse button to specify a path. このパスは、相対パスであることに注意してください。絶対パスを入力しても、相対パスとして保存されます。Note that the path is relative; if you enter an absolute path, it will be saved as relative. 既定のパスは bin\Debug または bin\Release\ です。The default path is bin\Debug or bin\Release\. 詳細については、「デバッグ構成およびリリース プロジェクト構成」を参照してください。For more information, see Debug and Release Project Configurations.

簡易ビルド構成を使用した場合、デバッグ バージョンとリリース バージョンのどちらをビルドするかの決定はプロジェクト システムによって行われます。With simplified build configurations, the project system determines whether to build a debug or release version. [デバッグ] メニューの [ビルド] コマンド (F5) を使用すると、指定した [出力パス] に関係なく、デバッグ用の場所にビルドが配置されます。The Build command from the Debug menu (F5) will put the build in the debug location regardless of the Output path you specify. ただし、[ビルド] メニューの [ビルド] コマンドでは、指定した場所にビルドが配置されます。However, the Build command from the Build menu puts it in the location you specify. 詳細については、「デバッグ構成およびリリース プロジェクト構成」を参照してください。For more information, see Debug and Release Project Configurations.

XML ドキュメント ファイルXML documentation file
ドキュメントのコメントを処理するファイルの名前を指定します。Specifies the name of a file into which documentation comments will be processed. 詳しくは、「/doc (C# コンパイラ オプション)」をご覧ください。For more information, see /doc (C# Compiler Options).

COM の相互運用機能に登録Register for COM interop
マネージ アプリケーションにより、COM オブジェクトがマネージ アプリケーションとやり取りできるようにする COM オブジェクト (COM 呼び出し可能ラッパー) が公開されることを示します。Indicates that your managed application will expose a COM object (a COM callable wrapper) that allows a COM object to interact with your managed application. [COM 相互運用機能の登録] プロパティを使用できるようにするには、このアプリケーションのプロジェクト デザイナー[アプリケーション] ページで [出力の種類] プロパティを [クラス ライブラリ] に設定する必要があります。The Output type property in the Application page of the Project Designer for this application must be set to Class Library in order for the Register for COM interop property to be available. Visual C#Visual C# アプリケーションに追加して、COM オブジェクトとして公開するクラスの例については、「Example COM Class」(COM クラスの例) を参照してください。For an example class that you might include in your Visual C#Visual C# application and expose as a COM object, see Example COM Class.

シリアル化アセンブリの生成Generate serialization assembly
コンパイラが XML シリアライザー ジェネレーター ツール (Sgen.exe) を使用して XML シリアル化アセンブリを作成するかどうかを指定します。Specifies whether the compiler will use the XML Serializer Generator Tool (Sgen.exe) to create XML serialization assemblies. コード内で型をシリアル化するために XmlSerializer クラスを使用している場合は、シリアル化アセンブリによってそのクラスの起動効率を改善できます。Serialization assemblies can improve the startup performance of XmlSerializer if you have used that class to serialize types in your code. 既定では、このオプションは [自動] に設定されています。これは、コード内の型を XML にエンコードするために XmlSerializer を使用している場合にのみシリアル化アセンブリを生成することを指定します。By default, this option is set to Auto, which specifies that serialization assemblies be generated only if you have used XmlSerializer to encode types in your code to XML. [オフ] は、コードで XmlSerializer を使用するかどうかに関係なく、シリアル化アセンブリを生成しないことを指定します。Off specifies that serialization assemblies never be generated, regardless of whether your code uses XmlSerializer. [オン] の場合、シリアル化アセンブリが必ず生成されます。On specifies that serialization assemblies always be generated. シリアル化アセンブリには、TypeName.XmlSerializers.dll のように名前が付けられます。Serialization assemblies are named TypeName.XmlSerializers.dll. 詳細については、「XML シリアライザー ジェネレーター ツール (Sgen.exe)」を参照してください。For more information, see XML Serializer Generator Tool (Sgen.exe).

詳細設定Advanced
クリックすると、[ビルドの詳細設定] ダイアログ ボックス (C#) ダイアログ ボックスが表示されます。Click to display the Advanced Build Settings Dialog Box (C#) dialog box.

関連項目See Also

プロジェクトのプロパティのリファレンス Project Properties Reference
C# コンパイラ オプションC# Compiler Options