[ツールボックス アイテムの選択]、[WPF コンポーネント]

[ツールボックス アイテムの選択] ダイアログ ボックスのこのタブには、ローカル コンピューターで利用可能な Windows Presentation Foundation (WPF) コントロールの一覧が表示されます。 この一覧を表示するには、[ツール] メニューの [ツールボックス アイテムの選択] を選んで [ツールボックス アイテムの選択] ダイアログ ボックスを表示し、次に [WPF コンポーネント] タブを選びます。 コンポーネントの一覧を並べ替えるには、列ヘッダーをクリックします。

  • コンポーネントの横にあるチェック ボックスをオンにすると、そのコンポーネントのアイコンが [ツールボックス] に表示されます。

    ヒント

    編集用に開かれるプロジェクト ドキュメントに WPF コントロールのインスタンスを追加するには、そのツールボックス アイコンをデザイン ビュー サーフェイスにドラッグします。 コンポーネントの既定のマークアップとコードがプロジェクトに挿入されて、変更できるようになります。 詳細については、「ツールボックスの使用」を参照してください。

  • コンポーネントの横にあるチェック ボックスをオフにすると、対応するアイコンが [ツールボックス] に表示されなくなります。

    注意

    コンピューターにインストールされている .NET Framework コンポーネントは、アイコンが [ツールボックス] に表示されているかどうかに関係なく使用できます。

    [WPF コンポーネント] タブの列には次の情報が含まれます。

    名前
    コンピューターのレジストリにエントリが存在する WPF コントロールの名前が一覧表示されます。

    名前空間
    コンポーネントの構造を定義している .NET Framework クラス API 名前空間の階層構造が表示されます。 コンピューターにインストールされている各 .NET Framework 名前空間内で使用可能なコンポーネントを一覧表示するには、この列で並べ替えます。

    アセンブリ名
    各コンポーネントの名前空間を含む .NET Framework アセンブリの名前が表示されます。 コンピューターにインストールされている各 .NET Framework アセンブリに含まれる名前空間を一覧表示するには、この列で並べ替えます。

    ディレクトリ
    .NET Framework アセンブリの場所が表示されます。 アセンブリはすべて、既定では、グローバル アセンブリ キャッシュにあります。 グローバル アセンブリ キャッシュについて詳しくは、「アセンブリとグローバル アセンブリ キャッシュの使用」をご覧ください。

UIElement の一覧

フィルター
テキスト ボックスに入力した文字列に基づいて、WPF コントロールの一覧をフィルター処理します。 4 つの列のいずれかで一致したものがすべて表示されます。

クリア
フィルター文字列をクリアします。

参照
[開く] ダイアログ ボックスが開き、WPF コントロールを含むアセンブリに移動することができます。 グローバル アセンブリ キャッシュに含まれないアセンブリを読み込むには、これを使います。

Language
選んだ WPF コントロールを含むアセンブリのローカライズされた言語を表示します。

制限事項

ツールボックスにカスタム コントロールや UserControl を追加するとき、次の制限があります。

  • 現在のプロジェクトの外部で定義されたカスタム コントロールに対してのみ機能します。

  • ソリューションの構成をデバッグからリリース、またはリリースからデバッグに変更したときに、正しく更新されません。 これは、参照がプロジェクト参照ではなく、ディスク上のアセンブリに対するものであるためです。 コントロールが現在のソリューションの一部である場合、デバッグからリリースに変更しても、プロジェクトは引き続きコントロールのデバッグ バージョンを参照します。

    さらに、デザイン時のメタデータがカスタム コントロールに適用されていて、<xref:Microsoft.Windows.Design.ToolboxBrowsableAttribute> が false に設定されていることがこのメタデータで指定されている場合、コントロールはツールボックスに表示されません。

    コントロールの名前空間とアセンブリをマッピングすることにより、XAML ビューでコントロールを直接参照できます。

関連項目

ツールボックス

WPF の概要