コマンド ウィンドウCommand Window

[コマンド] ウィンドウは、Visual StudioVisual Studio の統合開発環境 (IDE) でコマンドやエイリアスを実行するときに使用します。The Command window is used to execute commands or aliases directly in the Visual StudioVisual Studio integrated development environment (IDE). メニュー コマンドと、メニューに表示されないコマンドの両方を実行できます。You can execute both menu commands and commands that do not appear on any menu. [コマンド] ウィンドウを表示するには、[表示] メニューの [その他のウィンドウ] を選択し、[コマンド ウィンドウ] をクリックします。To display the Command window, choose Other Windows from the View menu, and select Command Window.

変数の値の表示Displaying the Values of Variables

変数 varA の値を確認するには、印刷コマンドを使用します。To check the value of a variable varA, use the Print Command:

>Debug.Print varA  

疑問符 (?) はDebug.Print のエイリアスであるため、このコマンドは次のように書き換えることもできます。The question mark (?) is an alias for Debug.Print, so this command can also be written:

>? varA  

コマンドをどちらで入力した場合でも、変数 varA の現在の値が返されます。Both versions of this command will return the value of the variable varA.

コマンドの入力Entering Commands

不等号 (>) は改行を示す記号としてコマンド ウィンドウの左端に表示されます。The greater than symbol (>) appears at the left edge of the Command window as a prompt for new lines. 上方向キーおよび下方向キーを使用して、以前に入力したコマンドの間をスクロールします。Use the UP ARROW and DOWN ARROW keys to scroll through previously issued commands.

タスクTask ソリューションSolution Example
式を評価する。Evaluate an expression. 式の先頭に疑問符 (?) を付けます。Preface the expression with a question mark (?). ? myvar
[イミディエイト] ウィンドウに切り替る。Switch to an Immediate window. 不等号 (>) を付けずにウィンドウに「immed」と入力します。Enter immed into the window without the greater than sign (>) immed
[イミディエイト] ウィンドウから [コマンド] ウィンドウに切り替る。Switch back to the Command window from an Immediate window. ウィンドウに「cmd」と入力します。Enter cmd into the window. >cmd

コマンド モードでの移動には、次のショートカット キーを使用できます。The following shortcuts help you navigate while in Command mode.

アクションAction カーソルの位置Cursor location ショートカット キーKeybinding
以前に入力したコマンドを一覧内で順番に参照する。Cycle through the list of previously entered commands. 入力行Input line ↑キーおよび↓キーUP ARROW & DOWN ARROW
ウィンドウを上にスクロールする。Scroll up the window. コマンド ウィンドウの内容Command window contents Ctrl + ↑CTRL+UP ARROW
ウィンドウを下にスクロールする。Scroll down the window. コマンド ウィンドウの内容Command window contents ↓キーまたは Ctrl + ↓キーDOWN ARROW or CTRL+DOWN ARROW

ヒント

以前に入力したコマンドの全体または一部を入力行にコピーするには、そのコマンドまでスクロールし、その全体または一部を強調表示してから Enter キーを押します。You can copy all or part of a previous command to the input line by scrolling to it, highlighting all or part of it, and then pressing ENTER.

マーク モードMark Mode

[コマンド] ウィンドウで、既に出力されている任意の行をクリックすると、自動的にマーク モードに切り替わります。When you click on any previous line in the Command window, you shift automatically into Mark mode. これにより、テキスト エディターでの操作と同じように、既に入力されたコマンドのテキストを選択、編集、およびコピーし、現在の行に貼り付けることができます。This allows you to select, edit, and copy the text of previous commands as you would in any text editor, and paste them into the current line.

等号 (=)The Equals (=) Sign

EvaluateStatement コマンドをどのウィンドウに入力するかによって、等号 (=) を比較演算子として解釈するのか、代入演算子として解釈するのかが決まります。The window used to enter the EvaluateStatement command determines whether an equals sign (=) is interpreted as a comparison operator or as an assignment operator.

[コマンド] ウィンドウの場合、等号 (=) は、比較演算子と解釈されます。In the Command window, an equals sign (=) is interpreted as a comparison operator. [コマンド] ウィンドウでは、代入演算子は使用できません。You cannot use assignment operators in the Command window. したがって、たとえば変数 varA と変数 varB の値が異なる場合、コマンド >Debug.EvaluateStatement(varA=varB)False の値を返します。So, for example, if the values of variables varA and varB are different, then the command >Debug.EvaluateStatement(varA=varB) will return a value of False.

一方、[イミディエイト] ウィンドウの場合、等号 (=) は、代入演算子と解釈されます。In the Immediate window, by contrast, an equals sign (=) is interpreted as an assignment operator. たとえば、コマンド >Debug.EvaluateStatement(varA=varB) は変数 varA に変数 varB の値を代入します。So, for example, the command >Debug.EvaluateStatement(varA=varB) will assign to variable varA the value of variable varB.

パラメーター、スイッチ、および値Parameters, Switches, and Values

Visual StudioVisual Studio コマンドには、引数、スイッチ、および値を必要とするコマンドと省略できるコマンドがあります。Some Visual StudioVisual Studio commands commands have required and optional arguments, switches and values. このようなコマンドを処理するときは、いくつかの規則が適用されます。Certain rules apply when dealing with such commands. リッチ コマンドの例を次に示し、用語について説明します。The following is an example of a rich command to clarify the terminology.

Edit.ReplaceInFiles /case /pattern:regex var[1-3]+ oldpar   

この例の用語の意味は次のとおりです。In this example,

  • Edit.ReplaceInFiles はコマンドです。Edit.ReplaceInFiles is the command

  • /case/pattern:regex はスイッチです (前にスラッシュ (/) を付けます)。/case and /pattern:regex are switches (prefaced with the slash [/] character)

  • regex/pattern スイッチの値です。/case スイッチには値がありません。regex is the value of the /pattern switch; the /case switch has no value

  • var[1-3]+oldpar はパラメーターです。var[1-3]+ and oldpar are parameters

    注意

    コマンド、パラメーター、スイッチ、または値にスペースが含まれる場合は、二重引用符 (") で囲む必要があります。Any command, parameter, switch, or value that contains spaces must have double quotation marks on either side.

スイッチとパラメーターの位置は、コマンド ライン上で自由に入れ替えることができます。例外として、Shell コマンドの場合は、スイッチとパラメーターを特定の順序に指定する必要があります。The position of switches and parameters can be interchanged freely on the command line with the exception of the Shell command, which requires its switches and parameters in a specific order.

コマンドでサポートされるほとんどすべてのスイッチには、短い形式 (1 文字) と長い形式の 2 とおりの形式があります。Nearly every switch supported by a command has two forms: a short (one character) form and a long form. 複数の短い形式のスイッチは、結合して 1 つのグループにまとめることができます。Multiple short-form switches can be combined into a group. たとえば、/p /g /m をまとめて /pgm と表現できます。For example, /p /g /m can be expressed alternately as /pgm.

複数の短い形式のスイッチがグループ化され、値が指定された場合、その値はすべてのスイッチに適用されます。If short-form switches are combined into a group and given a value, that value applies to every switch. たとえば、/pgm:123/p:123 /g:123 /m:123 と同等です。For example, /pgm:123 equates to /p:123 /g:123 /m:123. グループ内のいずれかのスイッチが値を受け付けない場合は、エラーになります。An error occurs if any of the switches in the group does not accept a value.

エスケープ文字Escape Characters

コマンド ラインにカレット (^) 文字があると、その直後の文字は制御文字としてではなくリテラル文字として解釈されます。A caret (^) character in a command line means that the character immediately following it is interpreted literally, rather than as a control character. したがって、引用符 (")、スペース、先頭のスラッシュ、カレット、その他の任意のリテラル文字をパラメーターまたはスイッチの値に直接埋め込むことができます。ただし、スイッチ名には埋め込むことができません。This can be used to embed straight quotation marks ("), spaces, leading slashes, carets, or any other literal characters in a parameter or switch value, with the exception of switch names. 次に例を示します。For example,

>Edit.Find ^^t /regex  

カレットは、引用符の前後のどちらに置かれた場合でも同じ働きをします。A caret functions the same whether it is inside or outside quotation marks. 行の最後の文字がカレットの場合は無視されます。If a caret is the last character on the line, it is ignored. ここに示した例では、"^t" というパターンを検索する方法を示しています。The example shown here demonstrates how to search for the pattern "^t".

スペースを含むパス名には引用符を使用するUse Quotes for Path Names with Spaces

たとえば、スペースを含むパスを持つファイルを開く場合は、スペースを含むパスまたはパス セグメントを二重引用符で囲む必要があります (C:\"Program Files" または "C:\Program Files")。If, for example, you want to open a file that has a path containing spaces, you must put double quotes around the path or path segment that contains spaces: C:\"Program Files" or "C:\Program Files".

関連項目See Also

Visual Studio Command Aliases Visual Studio Command Aliases
Visual Studio のコマンドVisual Studio Commands