[コンパイル] ページ、プロジェクト デザイナー (Visual Basic)Compile Page, Project Designer (Visual Basic)

プロジェクト デザイナーの [コンパイル] ページを使用して、コンパイル命令を指定します。Use the Compile page of the Project Designer to specify compilation instructions. このページでは、高度なコンパイラ オプションとビルド前またはビルド後のイベントを指定することもできます。You can also specify advanced compiler options and pre-build or post-build events on this page.

[コンパイル] ページにアクセスするには、ソリューション エクスプローラーでプロジェクト ノード ([ソリューション] ノードではありません) を選択します。To access the Compile page, choose a project node (not the Solution node) in Solution Explorer. その後、メニュー バーで [プロジェクト][プロパティ] の順に選択します。Then choose Project, Properties on the menu bar. プロジェクト デザイナーが表示されたら、[コンパイル] タブをクリックします。When the Project Designer appears, click the Compile tab.

注意

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. 詳細については、「IDE をカスタマイズする」をご覧ください。For more information, see Personalizing the IDE.

構成およびプラットフォームConfiguration and Platform

次の設定を使用すると、表示または変更する構成およびプラットフォームを選択できます。The following settings enable you to select the configuration and platform to display or modify.

注意

簡易ビルド構成を使用した場合、デバッグ バージョンとリリース バージョンのどちらをビルドするかの決定はプロジェクト システムによって行われます。With simplified build configurations, the project system determines whether to build a debug or release version. したがって、構成リストとプラットフォーム リストは表示されません。Therefore, the Configuration and Platform lists are not displayed.

構成Configuration

表示または変更する構成設定を指定します。Specifies which configuration settings to display or modify. 設定は、[デバッグ] (既定)、[リリース]、または [すべての構成] のいずれかになります。The settings are Debug (default), Release, or All Configurations. 詳細については、「ビルド構成について」と「方法 : 構成を作成および編集する」を参照してください。For more information, see Understanding Build Configurations and How to: Create and Edit Configurations.

プラットフォームPlatform

表示または変更するプラットフォーム設定を指定します。Specifies which platform settings to display or modify. [任意の CPU] (既定)、[x64]、または [x86] を指定できます。You can specify Any CPU (default), x64, or x86.

コンパイラの構成オプションCompiler Configuration Options

次の設定を使用すると、コンパイラの構成オプションを設定できます。The following settings enable you to set the compiler configuration options.

ビルド出力パスBuild output path

このプロジェクト構成の出力ファイルの場所を指定します。Specifies the location of the output files for this project's configuration. このボックスにビルド出力のパスを入力するか、[参照] ボタンをクリックしてパスを選択します。Type the path of the build output in this box, or click the Browse button to select a path. このパスは、相対パスであることに注意してください。絶対パスを入力しても、相対パスとして保存されます。Note that the path is relative; if you enter an absolute path, it will be saved as relative. 既定のパスは bin\Debug\ または bin\Release\ です。The default path is bin\Debug\ or bin\Release\.

簡易ビルド構成を使用した場合、デバッグ バージョンとリリース バージョンのどちらをビルドするかの決定はプロジェクト システムによって行われます。With simplified build configurations, the project system determines whether to build a debug or release version. [デバッグ] メニューの [ビルド] コマンド (F5) を使用すると、指定した [出力パス] に関係なく、デバッグ用の場所にビルドが配置されます。The Build command from the Debug menu (F5) will put the build in the debug location regardless of the Output path you specify. ただし、[ビルド] メニューの [ビルド] コマンドでは、指定した場所にビルドが配置されます。However, the Build command from the Build menu puts it in the location you specify.

Option ExplicitOption explicit
変数の暗黙的な宣言を許可するかどうかを指定します。Specifies whether to allow implicit declaration of variables. 変数の明示的な宣言を要求する場合は [オン] を選択します。Select On to require explicit declaration of variables. これにより、変数が使用される前に宣言されていないと、コンパイラがエラーを報告します。This causes the compiler to report errors if variables are not declared before they are used. 変数の暗黙的な宣言を許可するには、[オフ] を選択します。Select Off to allow implicit declaration of variables.

この設定は、/optionexplicit コンパイラ オプションに相当します。This setting corresponds to the /optionexplicit compiler option.

ソース コード ファイルに Option Explicit ステートメントが含まれている場合、ステートメント内の On または Off の値が、[コンパイル] ページの [Option Explicit] 設定をオーバーライドします。If a source code file contains an Option Explicit Statement, the On or Off value in the statement overrides the Option Explicit setting on the Compile page.

新しいプロジェクトを作成するときに、[コンパイル] ページの [Option Explicit] 設定が [オプション] ダイアログ ボックスの [Option Explicit] 設定の値に設定されます。When you create a new project, the Option Explicit setting on the Compile page is set to the value of the Option Explicit setting in the Options dialog box. このダイアログ ボックスの設定を表示または変更するには、[ツール] メニューで [オプション] をクリックします。To view or change the setting in this dialog box, on the Tools menu, click Options. [オプション] ダイアログ ボックスの [プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[VISUAL BASIC の既定値] をクリックします。In the Options dialog box, expand Projects and Solutions, and then click VB Defaults. [VISUAL BASIC の既定値] での [Option Explicit] の初期の既定値は [オン] です。The initial default setting of Option Explicit in VB Defaults is On.

[Option Explicit]Off に設定することは、通常はお勧めできません。Setting Option Explicit to Off is generally not a good practice. 変数名のスペルを 1 か所以上間違えると、プログラムの実行時に予期しない結果を招く可能性があります。You could misspell a variable name in one or more locations, which would cause unexpected results when the program is run.

Option StrictOption strict
厳密な型セマンティクスを適用するかどうかを指定します。Specifies whether to enforce strict type semantics. [Option Strict][オン] になっていると、次の条件によりコンパイル時エラーが発生します。When Option Strict is On, the following conditions cause a compile-time error:

  • 暗黙的な縮小変換Implicit narrowing conversions

  • 遅延バインディングLate binding

  • 結果が Object 型となる暗黙の型指定Implicit typing that results in an Object type

縮小変換する暗黙的なデータ型変換がある場合は、暗黙的な縮小変換エラーが発生します。Implicit narrowing conversion errors occur when there is an implicit data type conversion that is a narrowing conversion. 詳細については、「Option Strict ステートメント」、「暗黙の型変換と明示的な型変換」、および「拡大変換と縮小変換」を参照してください。For more information, see Option Strict Statement, Implicit and Explicit Conversions, and Widening and Narrowing Conversions.

Object 型として宣言された変数のプロパティまたはメソッドにオブジェクトを代入する場合は、そのオブジェクトは遅延バインディングされます。An object is late bound when it is assigned to a property or method of a variable that is declared to be of type Object. 詳細については、「Option Strict ステートメント」および「事前バインディングと遅延バインディング」を参照してください。For more information, see Option Strict Statement and Early and Late Binding.

適切な型が宣言された変数を推論できない場合は暗黙的なオブジェクトの型エラーが発生するため、Object の型が推論されます。Implicit object type errors occur when an appropriate type cannot be inferred for a declared variable, so a type of Object is inferred. これは主に、As 句を使用せず、Option Infer をオフにして、Dim ステートメントを使用して変数を宣言した場合に発生します。This primarily occurs when you use a Dim statement to declare a variable without using an As clause, and Option Infer is off. 詳細については、「Option Strict ステートメント」、「Option Infer ステートメント」、および「Visual Basic Language Specification」 (Visual Basic 言語仕様) を参照してください。For more information, see Option Strict Statement, Option Infer Statement, and the Visual Basic Language Specification.

[Option Strict] 設定は、/optionstrict コンパイラ オプションに相当します。The Option Strict setting corresponds to the /optionstrict compiler option.

ソース コード ファイルに Option Strict ステートメントが含まれている場合、ステートメント内の On または Off の値が、[コンパイル] ページの [Option Strict] 設定をオーバーライドします。If a source code file contains an Option Strict Statement, the On or Off value in the statement overrides the Option Strict setting on the Compile page.

プロジェクトを作成するときに、[コンパイル] ページの [Option Strict] 設定が [オプション] ダイアログ ボックスの [Option Strict] 設定の値に設定されます。When you create a project, the Option Strict setting on the Compile page is set to the value of the Option Strict setting in the Options dialog box. このダイアログ ボックスの設定を表示または変更するには、[ツール] メニューで [オプション] をクリックします。To view or change the setting in this dialog box, on the Tools menu, click Options. [オプション] ダイアログ ボックスの [プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[VISUAL BASIC の既定値] をクリックします。In the Options dialog box, expand Projects and Solutions, and then click VB Defaults. [VISUAL BASIC の既定値] での [Option Strict] の初期の既定値は [オフ] です。The initial default setting of Option Strict in VB Defaults is Off.

Option Strict の個々の警告。Option Strict Individual Warnings. [コンパイル] ページの [警告の構成] セクションには、Option Strict がオンになっているときにコンパイル時エラーが発生する 3 つの条件に相当する設定があります。The Warning configurations section of the Compile page has settings that correspond to the three conditions that cause a compile-time error when Option Strict is on. これらの設定を次に示します。Following are these settings:

  • 暗黙的な変換Implicit conversion

  • 遅延バインディング、呼び出しが実行時に失敗する可能性がありますLate binding; call could fail at run time

  • 暗黙的な型、オブジェクトと見なされますImplicit type; object assumed

[Option Strict][オン] に設定すると、これら 3 つの警告の構成設定のすべてが [エラー] に設定されます。When you set Option Strict to On, all three of these warning configuration settings are set to Error. [Option Strict][オフ] に設定すると、3 つの設定すべてが [なし] に設定されます。When you set Option Strict to Off, all three settings are set to None.

各警告の構成設定を個別に [なし][警告]、または [エラー] に変更することができます。You can individually change each warning configuration setting to None, Warning, or Error. 3 つの警告の構成設定がすべて [エラー] に設定されている場合、Option strict ボックスに On が表示されます。If all three warning configuration settings are set to Error, On appears in the Option strict box. 3 つすべてが [なし] に設定されている場合、このボックスには Off が表示されます。If all three are set to None, Off appears in this box. これらの設定のその他の組み合わせに対しては、(カスタム) が表示されます。For any other combination of these settings, (custom) appears.

Option CompareOption compare
使用する文字列比較の種類を指定します。Specifies the type of string comparison to use. バイナリの大文字と小文字を区別する文字列比較を使用するようにコンパイラに指示するには、[バイナリ] を選択します。Select Binary to instruct the compiler to use binary, case-sensitive string comparisons. ロケール固有の大文字と小文字を区別しないテキスト文字列比較を使用するには、[テキスト] を選択します。Select Text to use locale-specific, case-insensitive text string comparisons.

この設定は、/optioncompare コンパイラ オプションに相当します。This setting corresponds to the /optioncompare compiler option.

ソース コード ファイルに Option Compare ステートメントが含まれている場合、ステートメント内の Binary または Text の値が、[コンパイル] ページの [Option Compare] 設定をオーバーライドします。If a source code file contains an Option Compare Statement, the Binary or Text value in the statement overrides the Option Compare setting on the Compile page.

プロジェクトを作成するときに、[コンパイル] ページの [Option Compare] 設定が [オプション] ダイアログ ボックスの [Option Compare] 設定の値に設定されます。When you create a project, the Option Compare setting on the Compile page is set to the value of the Option Compare setting in the Options dialog box. このダイアログ ボックスの設定を表示または変更するには、[ツール] メニューで [オプション] をクリックします。To view or change the setting in this dialog box, on the Tools menu, click Options. [オプション] ダイアログ ボックスの [プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[VISUAL BASIC の既定値] をクリックします。In the Options dialog box, expand Projects and Solutions, and then click VB Defaults. [VISUAL BASIC の既定値] での [Option Compare] の初期の既定値は [バイナリ] です。The initial default setting of Option Compare in VB Defaults is Binary.

Option InferOption infer
変数宣言でローカル型推論を許可するかどうかを指定します。Specifies whether to allow local type inference in variable declarations. ローカル型推論の使用を許可するには、[オン] を選択します。Select On to allow the use of local type inference. ローカル型推論をブロックするには、[オフ] を選択します。Select Off to block local type inference.

この設定は、/optioninfer コンパイラ オプションに相当します。This setting corresponds to the /optioninfer compiler option.

ソース コード ファイルに Option Infer ステートメントが含まれている場合、ステートメント内の On または Off の値が、[コンパイル] ページの [Option Infer] 設定をオーバーライドします。If a source code file contains an Option Infer Statement, the On or Off value in the statement overrides the Option Infer setting on the Compile page.

プロジェクトを作成するときに、[コンパイル] ページの [Option Infer] 設定が [オプション] ダイアログ ボックスの [Option Infer] 設定の値に設定されます。When you create a project, the Option Infer setting on the Compile page is set to the value of the Option Infer setting in the Options dialog box. このダイアログ ボックスの設定を表示または変更するには、[ツール] メニューで [オプション] をクリックします。To view or change the setting in this dialog box, on the Tools menu, click Options. [オプション] ダイアログ ボックスの [プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[VISUAL BASIC の既定値] をクリックします。In the Options dialog box, expand Projects and Solutions, and then click VB Defaults. [VISUAL BASIC の既定値] での [Option Infer] の初期の既定値は [オン] です。The initial default setting of Option Infer in VB Defaults is On.

対象の CPUTarget CPU
出力ファイルがターゲットとするプロセッサを指定します。Specifies the processor to be targeted by the output file. 32 ビット Intel 互換プロセッサの場合は [x86] を、64 ビット Intel 互換プロセッサの場合は [x64] を、ARM プロセッサの場合は [ARM] をそれぞれ指定します。または、どのプロセッサでもかまわないことを指定する場合は、[任意の CPU] を選択します。Specify x86 for any 32-bit Intel-compatible processor, x64 for any 64-bit Intel-compatible processor, ARM for any ARM processor, or Any CPU to specify that any processor is acceptable. [任意の CPU] は、ほとんどのハードウェアの種類でアプリケーションの実行を許可しているため、これが新しいプロジェクトの既定値となります。Any CPU is the default value for new projects because it allows the application to run on the largest number of hardware types.

詳細については、「/platform (Visual Basic)」を参照してください。For more information, see /platform (Visual Basic).

32 ビットを優先Prefer 32-bit
[32 ビットの優先] チェック ボックスがオンの場合、アプリケーションは、Windows の 32 ビット バージョンおよび 64 ビット バージョンで 32 ビット アプリケーションとして実行されます。If the Prefer32-bit check box is selected, the application runs as a 32-bit application on both 32-bit and 64-bit versions of Windows. それ以外の場合は、アプリケーションは、Windows の 32 ビット バージョンでは 32 ビット アプリケーションとして、Windows の 64 ビット バージョンでは 64 ビット アプリケーションとして実行されます。Otherwise, the application runs as a 32-bit application on 32-bit versions of Windows and as a 64-bit application on 64-bit versions of Windows.

64 ビット アプリケーションを実行すると、ポインターのサイズが 2 倍になり、32 ビット専用のライブラリで互換性の問題が発生する可能性があります。Running as a 64-bit application doubles the pointer size, and it can cause compatibility problems with libraries that are exclusively 32-bit. アプリケーションを 64 ビットで実行するのが合理的なのは、アプリケーションの実行速度が非常に速いか、4 GB を超えるメモリが必要な場合だけです。It makes sense to run an application as 64-bit only if it runs significantly faster or needs more than 4 GB of memory.

このチェック ボックスは、次の条件がすべて満たされた場合にのみ利用できます。This check box is available only if all of the following conditions are true:

  • [コンパイル] ページで、[ターゲット CPU] リストが [任意の CPU] に設定されている。On the Compile Page, the Target CPU list is set to Any CPU.

  • [アプリケーション] ページの [アプリケーションの種類] リストで、プロジェクトがアプリケーションであることが指定されている。On the Application Page, the Application type list specifies that the project is an application.

  • [アプリケーション] ページの [ターゲット フレームワーク] ボックスの一覧で、.NET Framework 4.5 が指定されている。On the Application Page, the Target framework list specifies the .NET Framework 4.5.

警告の構成Warning configurations
この表には、ビルドの条件とそれぞれに対応する通知レベル ([なし][警告]、または [エラー]) が一覧表示されます。This table lists build conditions and the corresponding notification level of None, Warning, or Error for each.

既定では、コンパイル時のすべてのコンパイラ警告が、[タスク一覧] に追加されます。By default, all compiler warnings are added to the Task List during compilation. [すべての警告を表示しない] を選択し、警告またはエラーを発行しないようにコンパイラに指示します。Select Disable all warnings to instruct the compiler not to issue warnings or errors. コンパイラが警告を修正する必要があるエラーとして扱うにする場合は、[すべての警告をエラーとして扱う] を選択します。Select Treat all warnings as errors if you want the compiler to treat warnings as errors that must be fixed.

すべての警告を表示しないDisable all warnings
このドキュメントで既に説明した、条件と通知テーブルで指定されているとおりにコンパイラに通知の発行を許可するかどうかを指定します。Specifies whether to allow the compiler to issue notifications as specified in the Condition and Notification table described earlier in this document. 既定では、このチェック ボックスはオフになっています。By default, this check box is cleared. 警告またはエラーを発行しないようにコンパイラに指示するには、このチェック ボックスを選択します。Select this check box to instruct the compiler not to issue warnings or errors.

この設定は、/nowarn コンパイラ オプションに相当します。This setting corresponds to the /nowarn compiler option.

すべての警告をエラーとして扱うTreat all warnings as errors
警告の処理方法を指定します。Specifies how to treat warnings. 既定では、このチェック ボックスはオフになっているため、すべての警告通知が [警告] に設定されたままになっています。By default, this check box is cleared, so that all warning notifications remain set to Warning. すべての警告通知を [エラー] に変更するには、このチェック ボックスをオンにします。Select this check box to change all warning notifications to Error.

このオプションは、[すべての警告を表示しない] がオフになっている場合にのみ使用できます。This option is available only if Disable all warnings is cleared.

XML ドキュメント ファイルを生成するGenerate XML documentation file
ドキュメント情報を生成するかどうかを指定します。Specifies whether to generate documentation information. 既定では、このチェック ボックスはオンになっており、ドキュメント情報を生成してそれを XML ファイルに含めるようにコンパイラに指示します。By default, this check box is selected, instructing the compiler to generate documentation information and include it in an XML file. ドキュメントを作成しないようにコンパイラに指示するには、このチェック ボックスをオフにします。Clear this check box to instruct the compiler not to create documentation.

この設定は、/doc コンパイラ オプションに相当します。This setting corresponds to the /doc compiler option.

COM の相互運用機能に登録Register for COM interop
マネージド アプリケーションで、COM オブジェクトがアプリケーションとやり取りできるようにする COM オブジェクト (COM 呼び出し可能ラッパー) を公開するかどうかを指定します。Specifies whether your managed application will expose a COM object (a COM-callable wrapper) that enables a COM object to interact with the application.

既定では、このチェック ボックスはオフになっており、アプリケーションで COM 相互運用を許可しないことを指定します。By default, this check box is cleared, which specifies that the application will not allow COM interop. COM 相互運用を許可するには、このチェック ボックスを選択します。Select this check box to allow COM interop.

このオプションは、Windows アプリケーション、またはコンソール アプリケーション プロジェクトでは使用できません。This option is not available for Windows Application or Console Application projects.

ビルド イベントBuild Events
このボタンをクリックして [ビルド イベント] ダイアログ ボックスにアクセスします。Click this button to access the Build Events dialog box. このダイアログ ボックスを使用して、プロジェクトのビルド前およびビルド後の構成手順を指定します。Use this dialog box to specify pre-build and post-build configuration instructions for the project. このダイアログ ボックスは、Visual Basic プロジェクトにのみ適用されます。This dialog box applies to Visual Basic projects only. 詳細については、「[ビルド イベント] ダイアログ ボックス (Visual Basic)」を参照してください。For more information, see Build Events Dialog Box (Visual Basic).

詳細コンパイル オプションAdvanced Compile Options
このボタンをクリックして、[コンパイラの詳細設定] ダイアログ ボックスにアクセスします。Click this button to access the AdvancedCompiler Settings dialog box. [コンパイラの詳細設定] ダイアログ ボックスを使用して、プロジェクトの詳細なビルド構成プロパティを指定します。Use the AdvancedCompiler Settings dialog box to specify a project's advanced build configuration properties. このダイアログ ボックスは、Visual Basic プロジェクトにのみ適用されます。This dialog box applies to Visual Basic projects only. 詳細については、「[ビルドの詳細設定] ダイアログ ボックス (Visual Basic)」を参照してください。For more information, see Advanced Compiler Settings Dialog Box (Visual Basic).

関連項目See also