一般的なユーザー インターフェイス要素 (Visual Studio)

このセクションでは、統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) のいくつかのユーザー インターフェイス要素について説明します。

このセクションの内容

呼び出し階層
コードの呼び出し元と呼び出し先の関係のセットを表します。

コード スニペット ピッカー
言語のスニペットのセットからスニペットを選択できます。

[エラー一覧] ウィンドウ
コンパイルのエラーおよび警告を表示します。

指定行へのジャンプ
ファイル内の特定の行に移動できます。

[オプション] ダイアログ ボックス
オプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[全般]
テキスト エディターの一般的なオプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[ファイル拡張子]
エディターのファイル拡張子を指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[すべての言語]
すべてのプログラミング言語に共通のオプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[すべての言語]、[タブ]
すべてのプログラミング言語に共通のタブ オプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[基本] (Visual Basic)
Visual Basic ファイルのオプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[書式設定]
C ファイルまたは C++ ファイルの書式指定オプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[詳細]
C ファイルまたは C++ ファイルの高度なオプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[詳細]
C ファイルまたは C++ ファイルの実験的オプションを指定できます。 これらのオプションを試用して、フィードバックをお送りください。 これらのオプションは、後で製品から削除されるか、別の名前で製品に組み込まれる可能性があります。

[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[書式設定]
C# ファイルの書式指定オプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[詳細]
C# ファイルの高度なオプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[IntelliSense]
C# ファイルの IntelliSense オプションを指定できます。

[オプション]、[テキスト エディター]、[XAML]、[書式設定]
XAML ファイルの書式指定オプションを指定できます。

プロジェクトのプロパティのリファレンス
プロジェクトのプロパティを指定できます。

[プロジェクトおよびソリューション] の [オプション] ダイアログ ボックス
プロジェクトとソリューションのオプションを指定できます。

[プロパティ] ウィンドウ
IDE ウィンドウおよびデザイナーのプロジェクト、ファイル、コントロール、およびフィールドの各プロパティを表示します。

[クイック起動] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])
Visual Studio のウィンドウ、コマンド、オプション、およびメニューをすばやく見つける方法を提供します。

ツールボックス
デザイン サーフェイスにコントロールを追加できます。

ツールボックス、[コンポーネント] タブ
デザイン サーフェイスにコンポーネントを追加できます。

ツールボックス、[データ] タブ
デザイン サーフェイスにデータ コントロールを追加できます。

ツールボックス、[HTML] タブ
デザイン サーフェイスに html タグを追加できます。

[全般] ([オプション] ダイアログ ボックス - [テキスト エディター] - [CSS])
CSS ファイルのオプションを指定できます。

[検証] ([オプション] ダイアログ ボックス - [テキスト エディター] - [HTML])
HTML ページのオプションを指定できます。

オートメーションと機能拡張のリファレンス
IDE のオートメーション モデルに関する言語リファレンス トピックが含まれています。 デバッグのオートメーション モデルを含んでいます。

参照
IDE でホストされるすべての製品に関するユーザー インターフェイス リファレンス、言語リファレンス、エラー メッセージ、およびその他のリファレンス トピックがあります。