方法 : エディターで URL をリンクとして表示する

コード エディターでコード内の Uniform Resource Locator (URL) をアクティブなリンクとして扱うことができます。 この機能を使うと、URL は次のように処理されます。

  • 下線付きで表示されます。

  • URL をポイントするとツールヒントが表示されます。

  • Ctrl キーを押しながらリンクを左クリックすると、示されている Web サイトが表示されます。 既定では、Web サイトは内部 Web ブラウザーに表示されます。

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、ヘルプの説明と異なる場合があります。 設定を変更するには、 [ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

プロシージャ

  1. [ツール] メニューの [オプション]をクリックします。

  2. [テキスト エディター] をクリックします。

  3. 1 つの言語についてのみオプションを変更するには、その言語のフォルダーを展開して、[全般] を選択します。

    または

    すべての言語についてオプションを変更するには、[すべての言語] フォルダーを展開して、[全般] を選択します。

  4. [表示][シングル クリックでの URL ナビゲーションを有効にする] をオンにします。

関連項目

エディターのカスタマイズ
[テキスト エディター] ([オプション] ダイアログ ボックス)
コードの作成