イミディエイト ウィンドウImmediate Window

[イミディエイト] ウィンドウは、式のデバックと評価、ステートメントの実行、変数値の出力などのために使用します。The Immediate window is used to debug and evaluate expressions, execute statements, print variable values, and so forth. このモードでは、デバッグ時に、開発言語で評価または実行される式を入力できます。It allows you to enter expressions to be evaluated or executed by the development language during debugging. [イミディエイト] ウィンドウを表示するには、編集用にプロジェクトを開いて、[デバッグ] メニューの [ウィンドウ] をポイントし、[イミディエイト] をクリックするか、Ctrl キーと Alt キーを押しながら I キーを押します。To display the Immediate window, open a project for editing, then choose Windows from the Debug menu and select Immediate, or press CTRL+ALT+I.

このウィンドウは、Visual StudioVisual Studio コマンドを個別に実行するために使用できます。You can use this window to issue individual Visual StudioVisual Studio commands. 使用できるコマンドには、EvaluateStatement があります。このコマンドは、変数に値を割り当てるのに使用できます。The available commands include EvaluateStatement, which can be used to assign values to variables. [イミディエイト] ウィンドウは、IntelliSense もサポートしています。The Immediate window also supports IntelliSense.

変数の値の表示Displaying the Values of Variables

このウィンドウはアプリケーションをデバッグするときに特に役に立ちます。This window can be particularly useful while debugging an application. たとえば、varA 変数の値を確認するには、Print コマンドを使用します。For example, to check the value of a variable varA, you can use the Print Command:

>Debug.Print varA  

疑問符 (?) はDebug.Print のエイリアスであるため、このコマンドは次のように書き換えることもできます。The question mark (?) is an alias for Debug.Print, so this command can also be written:

>? varA  

コマンドをどちらで入力した場合でも、変数 varA の現在の値が返されます。Both versions of this command will return the value of the variable varA.

注意

[イミディエイト] ウィンドウで Visual StudioVisual Studio コマンドを実行するには、コマンドの先頭に不等号 (>) を付ける必要があります。To issue a Visual StudioVisual Studio command in the Immediate window, you must preface the command with a greater than sign (>). 複数のコマンドを入力するには、[コマンド] ウィンドウに切り替えます。To enter multiple commands, switch to the Command window.

デザイン時の式の評価Design Time Expression Evaluation

[イミディエイト] ウィンドウを使用すると、デザイン時に関数またはサブルーチンを実行できます。You can use the Immediate window to execute a function or subroutine at design time.

デザイン時に関数を実行するにはTo execute a function at design time

  1. 次のコードを Visual BasicVisual Basic コンソール アプリケーションにコピーします。Copy the following code into a Visual BasicVisual Basic console application:

    Module Module1  
    
        Sub Main()  
            MyFunction(5)  
        End Sub  
    
        Function MyFunction(ByVal input as Integer) As Integer  
            Return input * 2  
        End Function  
    
    End Module  
    
  2. [デバッグ] メニューの [ウィンドウ] をポイントし、[イミディエイト] をクリックします。On the Debug menu, click Windows, and then click Immediate.

  3. [イミディエイト] ウィンドウで「?MyFunction(2)」と入力し、Enter キーを押します。Type ?MyFunction(2) in the Immediate window and press Enter.

    [イミディエイト] ウィンドウで MyFunction が実行され、4 と表示されます。The Immediate window will run MyFunction and display 4.

関数またはサブルーチンにブレークポイントが含まれているとき、Visual StudioVisual Studio は適切なポイントで実行を中断します。If the function or subroutine contains a breakpoint, Visual StudioVisual Studio will break execution at the appropriate point. デバッガー ウィンドウを使用して、プログラムの状態を確認できます。You can then use the debugger windows to examine your program state. 詳細については、「チュートリアル: デザイン時のデバッグ」を参照してください。For more information see Walkthrough: Debugging at Design Time.

デザイン時の式の評価は、実行時環境の起動を必要とするプロジェクトの種類 (Visual Studio Tools for OfficeVisual Studio Tools for Office プロジェクト、Web プロジェクト、スマート デバイス プロジェクト、SQL プロジェクトなど) には使用できません。You cannot use design time expression evaluation in project types that require starting up an execution environment, including Visual Studio Tools for OfficeVisual Studio Tools for Office projects, Web projects, Smart Device projects, and SQL projects.

デザイン時の式の評価 (複数のプロジェクトから成るソリューションの場合)Design Time Expression Evaluation in Multi-Project Solutions

デザイン時の式の評価におけるコンテキストを設定する際、Visual StudioVisual Studio はソリューション エクスプローラーで現在選択されているプロジェクトを参照します。When establishing the context for design time expression evaluation, Visual StudioVisual Studio references the currently selected project in Solution Explorer. ソリューション エクスプローラーでプロジェクトが選択されていない場合、Visual StudioVisual Studio はスタートアップ プロジェクトで関数を評価します。If no project is selected in Solution Explorer, Visual StudioVisual Studio attempts to evaluate the function against the startup project. 現在のコンテキストで関数を評価できない場合は、エラー メッセージが表示されます。If the function cannot be evaluated in the current context, you will receive an error message. ソリューションのスタートアップ プロジェクト以外のプロジェクトで関数を評価しようとしていたときにエラーを受け取った場合は、ソリューション エクスプローラーで評価対象プロジェクトを選択し、再度評価を試みてください。If you are attempting to evaluate a function in a project that is not the startup project for the solution and you receive an error, try selecting the project in Solution Explorer and attempt the evaluation again.

コマンドの入力Entering Commands

[イミディエイト] ウィンドウで Visual StudioVisual Studio コマンドを実行するときは、不等号 (>) を入力する必要があります。You must enter the greater than sign (>) when issuing Visual StudioVisual Studio commands in the Immediate window. 上方向キーおよび下方向キーを使用して、以前に入力したコマンドの間をスクロールします。Use the UP ARROW and DOWN ARROW keys to scroll through previously issued commands.

タスクTask ソリューションSolution Example
式を評価する。Evaluate an expression. 式の先頭に疑問符 (?) を付けます。Preface the expression with a question mark (?). ? a+b
イミディエイト モードの場合に、一時的にコマンド モードに移行して 1 つのコマンドを実行する。Temporarily enter Command mode while in Immediate mode (to execute a single command). 先頭に不等号 (>) を付けてコマンドを入力します。Enter the command, prefacing it with a greater than sign (>). >alias
[コマンド] ウィンドウに切り替る。Switch to the Command window. 先頭に不等号 (>) を付けて、ウィンドウに「cmd」と入力します。Enter cmd into the window, prefacing it with a greater than sign (>). >cmd
[イミディエイト] ウィンドウに戻る。Switch back to the Immediate window. 不等号 (>) を付けずにウィンドウに「immed」と入力します。Enter immed into the window without the greater than sign (>). immed

マーク モードMark Mode

[イミディエイト] ウィンドウで、既に出力されている任意の行をクリックすると、自動的にマーク モードに切り替わります。When you click on any previous line in the Immediate window, you shift automatically into Mark mode. これにより、テキスト エディターでの操作と同じように、既に入力されたコマンドのテキストを選択、編集、およびコピーし、現在の行に貼り付けることができます。This allows you to select, edit, and copy the text of previous commands as you would in any text editor, and paste them into the current line.

等号 (=)The Equals (=) Sign

EvaluateStatement コマンドをどのウィンドウに入力するかによって、等号 (=) を比較演算子として解釈するのか、代入演算子として解釈するのかが決まります。The window used to enter the EvaluateStatement command determines whether an equals sign (=) is interpreted as a comparison operator or as an assignment operator.

[イミディエイト] ウィンドウの場合、等号 (=) は、代入演算子と解釈されます。In the Immediate window, an equals sign (=) is interpreted as an assignment operator. したがって、たとえば次のコマンドSo, for example, the command

>Debug.EvaluateStatement(varA=varB)  

では、変数 varA に変数 varB の値が代入されます。will assign to variable varA the value of variable varB.

[コマンド] ウィンドウの場合、等号 (=) は、比較演算子と解釈されます。In the Command window, by contrast, an equals sign (=) is interpreted as a comparison operator. [コマンド] ウィンドウでは、代入演算は使用できません。You cannot use assignment operations in the Command window. したがって、たとえば変数 varA と変数 varB の値が異なる場合、次のコマンドSo, for example, if the values of variables varA and varB are different, then the command

>Debug.EvaluateStatement(varA=varB)  

は、値 False を返します。will return a value of False.

初回例外通知First-Chance Exception Notifications

設定の構成によっては、[イミディエイト] ウィンドウに初回例外通知が表示されることがあります。In some settings configurations, first-chance exception notifications are displayed in the Immediate window.

[イミディエイト] ウィンドウで初回例外通知を切り替えるにはTo toggle first-chance exception notifications in the Immediate window

  1. [表示] メニューの [その他のウィンドウ] をポイントし、[出力] をクリックします。On the View menu, click Other Windows, and click Output.

  2. [出力] ウィンドウのテキスト領域で右クリックし、[例外メッセージ] をクリックして選択または選択解除します。Right-click on the text area of the Output window, and select or deselect Exception Messages.

関連項目See Also

デバッガーでのコード間の移動 Navigating through Code with the Debugger
コマンド ウィンドウ Command Window
Visual Studio でのデバッグ Debugging in Visual Studio
デバッガーの基本事項 Debugger Basics
チュートリアル: デザイン時のデバッグ Walkthrough: Debugging at Design Time
Visual Studio Command Aliases Visual Studio Command Aliases
Visual Studio での正規表現の使用Using Regular Expressions in Visual Studio