ListCallStack コマンド

現在の呼び出し履歴を表示します。

構文

Debug.ListCallStack [/Count:number] [/ShowTypes:yes|no]  
[/ShowNames:yes|no] [/ShowValues:yes|no] [/ShowModule:yes|no]  
[/ShowLineOffset:yes|no] [/ShowByteOffset:yes|no]  
[/ShowLanguage:yes|no] [/IncludeCallsAcrossThreads:yes|no]  
[/ShowExternalCode:yes|no] [Thread:n] [index]  

引数

index
省略可能です。 現在のスタック フレームを設定し、出力は表示しません。

スイッチ

各スイッチは、完全な形式または短い形式を使用して、呼び出すことができます。

/Count:number または /C:number
省略可能です。 表示する呼び出し履歴の最大数。 既定値は無制限です。

/ShowTypes:yes|no または /T:yes|no
省略可能です。 パラメーターの型を表示するかどうかを指定します。 既定値は yes です。

/ShowNames:yes|no または /N:yes|no
省略可能です。 パラメーターの名前を表示するかどうかを指定します。 既定値は yes です。

/ShowValues:yes|no または /V:yes|no
省略可能です。 パラメーターの値を表示するかどうかを指定します。 既定値は yes です。

/ShowModule:yes|no または /M:yes|no
省略可能です。 モジュールの名前を表示するかどうかを指定します。 既定値は yes です。

/ShowLineOffset:yes|no または /#:yes|no
省略可能です。 行オフセットを表示するかどうかを指定します。 既定値は no です。

/ShowByteOffset:yes|no または /B:yes|no
省略可能です。 バイト オフセットを表示するかどうかを指定します。 既定値は no です。

/ShowLanguage:yes|no または /L:yes|no
省略可能です。 言語を表示するかどうかを指定します。 既定値は no です。

/IncludeCallsAcrossThreads:yes|no または /I:yes|no
省略可能です。 他のスレッドとの間の呼び出しを含めるかどうかを指定します。 既定値は no です。

/ShowExternalCode:yes|no
省略可能です。 呼び出し履歴で [マイ コードのみ] を表示するかどうかを指定します。 [マイ コードのみ] がオフの場合は、すべての非ユーザー コードが表示されます。 [マイ コードのみ] がオンの場合、非ユーザー コードは呼び出し履歴の出力で [external] として表示されます。

Thread:n
省略可能です。 スレッド n の呼び出し履歴を表示します。 スレッドが指定されていない場合、現在のスレッドの呼び出し履歴が表示されます。

コメント

引数やスイッチに加えられた変更は、以降のコマンドの呼び出しに適用されます。 Debug.ListCallStackby を単独で実行すると、呼び出し履歴全体が表示されます。 たとえば、次のようなインデックスを指定します。

Debug.ListCallStack 2  

この場合、現在のスタック フレームは対象のフレーム (この例では、2 つ目のフレーム) に設定されます。

このコマンドは、定義済みのエイリアス kb を使用して記述することもできます。 たとえば、次のように入力できます。

kb 2  

この場合、現在のスタック フレームが&2; つ目のフレームに設定されます。

>Debug.CallStack /Count:4 /ShowTypes:yes  

関連項目

逆アセンブリの一覧表示コマンド
スレッドの一覧表示コマンド
Visual Studio のコマンド
コマンド ウィンドウ
[検索/コマンド] ボックス
Visual Studio コマンドのエイリアス