ListCallStack コマンドList Call Stack Command

現在の呼び出し履歴を表示します。Displays the current call stack.

構文Syntax

Debug.ListCallStack [/Count:number] [/ShowTypes:yes|no]  
[/ShowNames:yes|no] [/ShowValues:yes|no] [/ShowModule:yes|no]  
[/ShowLineOffset:yes|no] [/ShowByteOffset:yes|no]  
[/ShowLanguage:yes|no] [/IncludeCallsAcrossThreads:yes|no]  
[/ShowExternalCode:yes|no] [Thread:n] [index]  

引数Arguments

index
任意。Optional. 現在のスタック フレームを設定し、出力は表示しません。Sets the current stack frame and displays no output.

スイッチSwitches

各スイッチは、完全な形式または短い形式を使用して、呼び出すことができます。Each switch can be invoked using either its complete form or a short form.

/Count:number または /C:number/Count:number [or] /C:number
任意。Optional. 表示する呼び出し履歴の最大数。Maximum number of call stacks to display. 既定値は無制限です。The default value is unlimited.

/ShowTypes:yes|no または /T:yes|no/ShowTypes:yes|no [or] /T:yes|no
任意。Optional. パラメーターの型を表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display parameter types. 既定値は yesにする必要があります。Default value is yes.

/ShowNames:yes|no または /N:yes|no/ShowNames:yes|no [or] /N:yes|no
任意。Optional. パラメーターの名前を表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display parameter names. 既定値は yesにする必要があります。Default value is yes.

/ShowValues:yes|no または /V:yes|no/ShowValues:yes|no [or] /V:yes|no
任意。Optional. パラメーターの値を表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display parameter values. 既定値は yesにする必要があります。Default value is yes.

/ShowModule:yes|no または /M:yes|no/ShowModule:yes|no [or] /M:yes|no
任意。Optional. モジュールの名前を表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display the module name. 既定値は yesにする必要があります。Default value is yes.

/ShowLineOffset:yes|no または /#:yes|no/ShowLineOffset:yes|no [or] /#:yes|no
任意。Optional. 行オフセットを表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display the line offset. 既定値は noにする必要があります。Default value is no.

/ShowByteOffset:yes|no または /B:yes|no/ShowByteOffset:yes|no [or] /B:yes|no
任意。Optional. バイト オフセットを表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display the byte offset. 既定値は noにする必要があります。Default value is no.

/ShowLanguage:yes|no または /L:yes|no/ShowLanguage:yes|no [or] /L:yes|no
任意。Optional. 言語を表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display the language. 既定値は noにする必要があります。Default value is no.

/IncludeCallsAcrossThreads:yes|no または /I:yes|no/IncludeCallsAcrossThreads:yes|no [or] /I:yes|no
任意。Optional. 他のスレッドとの間の呼び出しを含めるかどうかを指定します。Specifies whether to include calls to or from other threads. 既定値は noにする必要があります。Default value is no.

/ShowExternalCode:yes|no/ShowExternalCode:yes|no
任意。Optional. 呼び出し履歴で [マイ コードのみ] を表示するかどうかを指定します。Specifies whether to display Just My Code for the callstack. [マイ コードのみ] がオフの場合は、すべての非ユーザー コードが表示されます。When Just My Code is off, all non-user code is displayed. [マイ コードのみ] がオンの場合、非ユーザー コードは呼び出し履歴の出力で [external] として表示されます。When Just My Code is on, non-user code is displayed as [external] in the callstack output.

Thread:nThread:n
任意。Optional. スレッド n の呼び出し履歴を表示します。Displays the callstack for thread n. スレッドが指定されていない場合、現在のスレッドの呼び出し履歴が表示されます。If no thread is specified, diplays the callstack for the current thread.

コメントRemarks

引数やスイッチに加えられた変更は、以降のコマンドの呼び出しに適用されます。Changes made to the arguments or switches apply to future invocations of this command. Debug.ListCallStackby を単独で実行すると、呼び出し履歴全体が表示されます。If you issue Debug.ListCallStackby itself, the entire call stack displays. たとえば、次のようなインデックスを指定します。If you specify an index, for example,

Debug.ListCallStack 2  

この場合、現在のスタック フレームは対象のフレーム (この例では、2 つ目のフレーム) に設定されます。then the current stack frame is set to that frame (in this case, the second frame).

このコマンドは、定義済みのエイリアス kb を使用して記述することもできます。You can also write this command using its pre-defined alias, kb. たとえば、次のように入力できます。For example, you can enter

kb 2  

この場合、現在のスタック フレームが 2 つ目のフレームに設定されます。to set the current stack frame to the second frame.

Example

>Debug.CallStack /Count:4 /ShowTypes:yes  

参照See Also

逆アセンブリの一覧表示コマンド List Disassembly Command
スレッドの一覧表示コマンド List Threads Command
Visual Studio のコマンド Visual Studio Commands
コマンド ウィンドウ Command Window
[検索/コマンド] ボックス Find/Command Box
Visual Studio コマンドのエイリアスVisual Studio Command Aliases