その他のファイルMiscellaneous Files

Visual StudioVisual Studio のエディターでは、プロジェクトともソリューションとも関係のないファイルを操作できます。You might want to use the Visual StudioVisual Studio editors to work independently on files from a project or from a solution. ソリューションを開いているときに、ファイルをソリューションやプロジェクトに追加せずに開いて編集できます。While you have a solution open, you can open and modify files without adding them to a solution or to a project. コンテナーとは関係なく操作されるファイルを "その他のファイル" と呼びます。Files you want to work with independently from the containers are called miscellaneous files. "その他のファイル" は、ソリューションやプロジェクトの外部にあり、ビルドには含まれません。また、ソース管理の対象になっているソリューションに含めることはできません。Miscellaneous files are external to solutions and projects, are not included in builds, and cannot be included with a solution under source control.

ファイルをコンテナーとは関係なく開くと、さまざまな利点があります。Opening files independently from a container is useful for a variety of reasons. たとえば、プロジェクト ベースのソリューションの開発中に、ソリューションの開発には必要のないファイルを表示できます。You might have a file that you want to view while developing a project-based solution but that is not integral to the solution's development. こうしたファイルの例としては、開発メモ (指示書)、データベース スキーマ、コード クリップなどがあります。Common examples include development notes or instructions, database schema, and code clips. また、スタンドアロンのファイルも作成できます。In addition, you might want to create a stand-alone file.

ソリューション プロジェクトSolutions Projects

ソリューション エクスプローラーで該当する表示オプションを有効にすると、[その他のファイル] フォルダーが表示されます。Solution Explorer can display a Miscellaneous Files folder for the files if the options for the folder are enabled. [ドキュメント] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境]) から、オプションを設定することができます。The options can be set from the Documents, Environment, Options Dialog Box. "その他のファイル" を閉じた後も特定のソリューションやプロジェクトとの関連付けを維持するには、そのためのオプションを有効にする必要があります。After you close a miscellaneous file, it is not associated with any particular solution or project unless an option is enabled for that as well.

[その他のファイル] フォルダーは、ファイルをリンクとして表します。The Miscellaneous Files folder represents the files as links. このフォルダーはソリューションの一部ではありませんが、設定によっては、ソリューションを開いたときに、前回ソリューションを閉じたときに開いていた "その他のファイル" の一部またはすべてが再び開かれます。Although this folder is not part of a solution, when you open a solution, some or all of the miscellaneous files that were opened when the solution was last closed are re-opened, depending upon the settings for the folder.

注意

一部のファイルは [その他のファイル] フォルダーに表示されません。これらは、.zip ファイルや .doc ファイルのような IDE では変更できないファイルです。Some of the files that do not appear in the Miscellaneous Files folder are files that you cannot modify within the IDE, such as .zip files and .doc files. IDE は外部エディターでしか変更できないファイルは追跡しません。The IDE will not track files that can only be modified through an external editor.

IDE で使用できるコマンドCommands Available in the IDE

メニュー、ツール バー、およびそれらに含まれるコマンドは、開いたファイルの形式によって変化します。The menus, toolbars, and the commands they contain change based on the format of the file you open. たとえば、テキスト ファイルを開くと、[テキスト エディター] ツール バーが表示されて、そのコマンドを使用できるようになります。When you open a text file, for example, the Text Editor toolbar appears and its commands are available. その後 XML スキーマ ファイルを開くと、[XML スキーマ] ツール バーが表示されます。If you then open an XML Schema file, the XML Schema toolbar appears. XML スキーマを編集している間は、[テキスト エディター] ツール バーのコマンド ([テキスト エディター] ツール バー自体) は使用できなくなります。While editing your XML Schema, the Text Editor toolbar's commands (or the toolbar itself) are unavailable. このとき、XML スキーマがアクティブなウィンドウであるため、現在の選択コンテキストはこの XML スキーマにあります。The XML Schema is the active window and as such, has current selection context. プロジェクト ファイルから "その他のファイル" に切り替えると、プロジェクト関連のコマンドはすべて表示されなくなり、そのファイルに直接関連するコマンドだけが表示されます。When you switch between a project file and a miscellaneous file, all project-related commands disappear and only those that are directly related to the miscellaneous file appear.

フォルダー表示オプションFolder Display Options

[その他のファイル] フォルダーの表示オプションを設定して、"その他のファイル" を一度も開いていない場合でも、このフォルダーを表示できます。You can set display options for the Miscellaneous Folder so that the folder appears even though you have not opened any Miscellaneous Files. ソリューション ファイルは、"その他のファイル" の一覧を永久に管理するわけではありません。The solution file does not permanently manage a list of miscellaneous files. ソリューション ファイルでは、オプションの機能を使用して、MRU ファイル リスト (最近使ったファイルの一覧) をユーザー別に保存できます。It uses an optional feature that allows it to remember a per-user most recently used (MRU) list of files.

関連項目See Also

ソリューションおよびプロジェクト Solutions and Projects
[ドキュメント] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])Documents, Environment, Options Dialog Box