OpenFile コマンドOpen File Command

既存のファイルを開き、エディターを指定できます。Opens an existing file and allows you to specify an editor.

構文Syntax

File.OpenFile filename [/e:editorname]

引数Arguments

filename

必須。Required. 開くファイルの完全パスまたは部分パス、およびファイル名。The full or partial path and file name of the file to open. パスに空白が含まれる場合は、引用符で囲む必要があります。Paths containing spaces must be enclosed in quotation marks.

スイッチSwitches

/e:editorname/e:editorname

任意。Optional. ファイルを開くために使用するエディターの名前です。Name of the editor in which the file will be opened. 引数は指定されていても、エディター名がない場合、[プログラムから開く] ダイアログ ボックスが表示されます。If the argument is specified but no editor name is supplied, the Open With dialog box appears.

/e:editorname 引数の構文では、[ファイルを開くアプリケーションの選択] ダイアログ ボックスで表示されるようにエディター名を入力し、引用符で囲みます。The /e:editorname argument syntax uses the editor names as they appear in the Open With Dialog Box, enclosed in quotation marks.

たとえば、ソース コード エディターでファイルを開くには、/e:editorname 引数に対して次のように入力します。For example, to open a file in the source code editor, you would enter the following for the /e:editorname argument.

/e:"Source Code (text) Editor"

コメントRemarks

パスを入力する場合、オート コンプリートによって正しいパス名とファイル名が検索されます。As you enter a path, auto completion tries to locate the correct path and file name.

Example

次の例では、スタイル ファイル "Test1.css" をソース コード エディターで開きます。This example opens the style file "Test1.css" in the source code editor.

>File.OpenFile "C:\My Projects\project1\Test1.css" /e:"Source Code (text) Editor"

参照See Also