[オプション] ダイアログ ボックス、[プロジェクトおよびソリューション]、[ビルド/実行]Options Dialog Box, Projects and Solutions, Build and Run

このダイアログ ボックスで、同時にビルドできる Visual C++ または C# のプロジェクトの最大数、特定の既定のビルドの動作、およびいくつかのビルドのログ設定を指定することができます。In this dialog box, you can specify the maximum number of Visual C++ or C# projects that can build at the same time, certain default build behaviors, and some build log settings. これらのオプションにアクセスするには、[ツール]、[オプション] の順に選択し、[プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[ビルド/実行] を選択します。To access these options, select Tools > Options expand Projects and Solutions, and select Build and Run.

並行してビルドするプロジェクトの最大数Maximum number of parallel project builds
同時にビルドできる Visual C++ および C# のプロジェクトの最大数を指定します。Specifies the maximum number of Visual C++ and C# projects that can build at the same time. ビルド プロセスを最適化するため、並列プロジェクトのビルドの最大数が、コンピューターの CPU 数に自動的に設定されます。To optimize the build process, the maximum number of parallel project builds is automatically set to the number of CPUs of your computer. 最大値は 32 です。The maximum is 32.

実行時に、スタートアップ プロジェクトおよび依存関係のみをビルドするOnly build startup projects and dependencies on Run
F5 キーを使用する場合にスタートアップ プロジェクトとその依存関係のみをビルドするには、[デバッグ]、[開始]メニュー コマンドの順に選択するか、または [ビルド] メニューの適用可能なコマンドを選択します。Builds only the startup project and its dependencies when you use the F5 key, select the Debug > Start menu command, or applicable commands on the Build menu. 何も選択しないと、すべてのプロジェクトと依存関係がビルドされます。If clear, all projects and dependencies are build.

実行時に、プロジェクトが最新の状態でないときOn Run, when projects are out of date
"Visual C++ プロジェクトだけで使用できます。"Applies to Visual C++ projects only.

F5 キーを押すか、[デバッグ]、[開始] コマンドの順に選択してプロジェクトを実行するとき、プロジェクトの構成が最新の状態でない場合には、既定の設定 [ビルドするかどうかを確認する] でメッセージが表示されます。When running a project with F5 or the Debug > Start command, the default setting Prompt to build displays a message if a project configuration is out of date. 実行のたびにプロジェクトをビルドするには、[常にビルドする] を選択します。Select Always build to build the project every time it is run. プロジェクト実行時のすべての自動ビルドを抑止するには、[ビルドしない] を選択します。Select Never build to suppress all automatic builds when a project is run.

実行時に、ビルドまたは配置のエラーが発生したときOn Run, when build or deployment errors occur
"Visual C++ プロジェクトだけで使用できます。"Applies to Visual C++ projects only.

F5 キーを押すか、[デバッグ]、[開始] コマンドの順に選択してプロジェクトを実行するとき、ビルドが失敗してもプロジェクトを実行する必要がある場合は、既定の設定 [起動するかどうかを確認する] でメッセージが表示されます。When running a project with F5 or the Debug > Start command, the default setting Prompt to launch displays a message if a project should be run even if the build failed. [古いバージョンを起動する] を選択すると、最新の正常なビルドが自動的に起動されます。この結果として、実行コードとソース コードとの間に不一致が生じる可能性があります。Select Launch old version to automatically launch the last good build, which could result in mismatches between the running code and the source code. メッセージを抑止するには、[起動しない] を選択します。Select Do not launch to suppress the message.

新しいソリューションでは現在選択されているプロジェクトをスタートアップ プロジェクトとして使用するFor new solutions use the currently selected project as the startup project
このオプションを設定すると、新しいソリューションでは現在選択されているプロジェクトがスタートアップ プロジェクトとして使用されます。When this option is set, new solutions use the currently selected project as the startup project.

MSBuild プロジェクト ビルドの出力の詳細MSBuild project build output verbosity
ビルドの[出力] ウィンドウで表示される情報量を決定します。Determines how much information appears in the Output window for the build.

MSBuild プロジェクト ビルド ログ ファイルの詳細MSBuild project build log file verbosity
"Visual C++ プロジェクトだけで使用できます。"Applies to Visual C++ projects only.

ビルド ログ ファイルに書き込まれる情報量を決定します。ビルド ログ ファイルは、\...\ProjectName\Debug\ProjectName.log にあります。Determines how much information is written to the build log file, which is located at \...\ProjectName\Debug\ProjectName.log.

関連項目See also

コードのコンパイルとビルドCompiling and Building
[オプション] ダイアログ ボックス、[プロジェクトおよびソリューション]Options Dialog Box, Projects and Solutions
[オプション] ダイアログ ボックス、[プロジェクトおよびソリューション]、[Web プロジェクト]Options Dialog Box, Projects and Solutions, Web Projects