[オプション] ダイアログ ボックス、[プロジェクトおよびソリューション]、[ビルド/実行]

このダイアログ ボックスで、同時にビルドできる Visual C++ または Visual C# のプロジェクトの最大数、特定の既定のビルドの動作、およびいくつかのビルドのログ設定を指定することができます。 これらのオプションにアクセスするには、[ツール]、[オプション] の順に選択し、[プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[ビルド/実行] を選択します。

並行してビルドするプロジェクトの最大数
同時にビルドできる Visual C++ および Visual C# のプロジェクトの最大数を指定します。 ビルド プロセスを最適化するため、並列プロジェクトのビルドの最大数が、コンピューターの CPU 数に自動的に設定されます。 最大値は 32 です。

実行時に、スタートアップ プロジェクトおよび依存関係のみをビルドする
F5 キーを使用する場合にスタートアップ プロジェクトとその依存関係のみをビルドするには、[デバッグ]、[開始]メニュー コマンドの順に選択するか、または [ビルド] メニューの適用可能なコマンドを選択します。 何も選択しないと、すべてのプロジェクトと依存関係がビルドされます。

実行時に、プロジェクトが最新の状態でないとき
"Visual C++ プロジェクトだけで使用できます。"

F5 キーを押すか、[デバッグ]、[開始] コマンドの順に選択してプロジェクトを実行するとき、プロジェクトの構成が最新の状態でない場合には、既定の設定 [ビルドするかどうかを確認する] でメッセージが表示されます。 実行のたびにプロジェクトをビルドするには、[常にビルドする] を選択します。 プロジェクト実行時のすべての自動ビルドを抑止するには、[ビルドしない] を選択します。

実行時に、ビルドまたは配置のエラーが発生したとき
"Visual C++ プロジェクトだけで使用できます。"

F5 キーを押すか、[デバッグ]、[開始] コマンドの順に選択してプロジェクトを実行するとき、ビルドが失敗してもプロジェクトを実行する必要がある場合は、既定の設定 [起動するかどうかを確認する] でメッセージが表示されます。 [古いバージョンを起動する] を選択すると、最新の正常なビルドが自動的に起動されます。この結果として、実行コードとソース コードとの間に不一致が生じる可能性があります。 メッセージを抑止するには、[起動しない] を選択します。

新しいソリューションでは現在選択されているプロジェクトをスタートアップ プロジェクトとして使用する
このオプションを設定すると、新しいソリューションでは現在選択されているプロジェクトがスタートアップ プロジェクトとして使用されます。

MSBuild プロジェクト ビルドの出力の詳細
ビルドの[出力] ウィンドウで表示される情報量を決定します。

MSBuild プロジェクト ビルド ログ ファイルの詳細
"Visual C++ プロジェクトだけで使用できます。"

ビルド ログ ファイルに書き込まれる情報量を決定します。ビルド ログ ファイルは、\...\ProjectName\Debug\ProjectName.log にあります。

関連項目

-コードのコンパイルとビルド