[オプション]、[テキスト エディター]、[すべての言語]、[タブ]

このダイアログ ボックスでは、コード エディターの既定の動作を変更できます。 設定は、HTML デザイナーのソース ビューなど、コード エディターに基づいて他のエディターにも適用されます。 オプションを表示するには、[ツール] メニューから [オプション] を選択します。 [テキスト エディター] フォルダー内で [すべての言語] サブフォルダーを展開し、[タブ] を選択します。

注意事項

このページから、すべての開発言語の既定のオプションが設定されます。 このダイアログでオプションをリセットすると、すべての言語のタブ オプションがここで選択されているものにリセットされます。 1 つだけの言語のテキスト エディター オプションを変更にするには、その言語のサブフォルダーを展開し、そのオプション ページを選択します。

特定のプログラミング言語のタブ オプション ページで異なる設定が選択されている場合、インデント オプションの違いに対して "個々のテキスト形式のインデントの設定が競合しています" というメッセージが表示され、タブ オプションの違いに対して "個々のテキスト形式のタブの設定が競合しています" というメッセージが表示されます。 たとえば、このリマインダーは、Visual Basic の場合、[スマート インデント] が選択されているときに表示されます。Visual C++ の場合、[ブロック インデント] が選択されているときに表示されます。

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、ヘルプの説明と異なる場合があります。 設定を変更するには、 [ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

インデント

なし
選択すると、新しい行に対するインデントは行われません。 カーソルは、新しい行の最初の列に移動します。

ブロック
選択すると、新しい行に自動的にインデントが行われます。 カーソルは、前の行と同じ開始位置に移動します。

[スマート]
選択すると、コードのコンテキストに合わせ、新しい行の位置が調整されます。他のコード書式設定や開発言語の IntelliSense 規則に基づきます。 このオプションは、一部の開発言語で使用できません。

たとえば、左中かっこ ( { ) とそれに対応する右中かっこ ( } ) は同じ位置に揃えられ、その間に記述された行は、中かっこの位置を起点としてタブ ストップが挿入され、自動的にインデントされます。

タブ

[タブ サイズ]
タブ ストップの間隔を空白文字数で設定します。 既定値は 4 スペースです。

[インデント サイズ]
自動インデントの幅を空白文字数で設定します。 既定値は 4 スペースです。 指定したサイズに合わせて、タブ文字、空白文字、またはその両方が挿入されます。

[空白の挿入]
選択した場合、インデント操作によって、TAB 文字ではなく空白文字だけが挿入されます。 たとえば、[インデント サイズ] に 5 を設定した場合、Tab キーを押すか、[書式設定] ツール バーの [インデントを増やす] をクリックするたびに 5 つの空白文字が挿入されます。

[タブの保持]
選択した場合、インデント操作によって、可能な限りの TAB 文字が挿入されます。 TAB 文字の長さは、[タブ サイズ] ボックスで指定したスペースの数に相当します。 [インデント サイズ] 値が [タブ サイズ] 値の倍数ではない場合は、その差を埋めるために空白文字が挿入されます。

関連項目

[オプション]、[テキスト エディター]、[すべての言語]
[全般]、[環境]、[オプション] ダイアログ ボックス