[オプション]、[テキスト エディター]、[基本] (Visual Basic)Options, Text Editor, Basic (Visual Basic)

[オプション] ([ツール] メニュー) ダイアログ ボックスの [テキスト エディター] フォルダーにある [Basic] フォルダーの [VB 固有] プロパティ ページでは、次のプロパティを指定します。The VB Specific property page, in the Basic folder of the Text Editor folder of the Options (Tools menu) dialog box contains the following properties:

[構造文の終端の自動挿入] たとえば、プロシージャ宣言の最初の行として Sub Main— を入力し、Enter キーを押すと、対応する End Sub 行がテキスト エディターに追加されます。Automatic insertion of end constructs When you type—for example, the first line of a procedure declaration, Sub Main—and press ENTER, the text editor adds a matching End Sub line. 同様に、For ループを追加すると、対応する Next ステートメントがテキスト エディターに追加されます。Similarly, if you add a For loop, the text editor adds a matching Next statement. このオプションをオンにすると、コード エディターで自動的に End 構造が追加されます。When this option is selected, the code editor automatically adds the end construct.

[コードの再フォーマット] 必要に応じてコードの書式が再設定されます。Pretty Listing (reformatting) of code The text editor reformats your code as appropriate. このオプションをオンにすると、コード エディターによって次の処理が行われます。When this option is selected, the code editor will:

  • コードを正しいタブ位置に揃える。Align your code to the correct tab position

  • キーワード、変数、およびオブジェクトの大文字と小文字の区別を修正する。Recase keywords, variables, and objects to the correct case

  • Then ステートメントの If...Then が欠けていた場合に補う。Add a missing Then to an If...Then statement

  • 関数呼び出しにかっこを追加する。Add parenthesis to function calls

  • 文字列の右引用符が欠けていた場合に補う。Add missing end quotes to strings

  • 指数表記の書式を正す。Reformat exponential notation

  • 日付の書式を正す。Reformat dates

[アウトライン モードを有効にする]Enable outlining mode

ファイルをコード エディターで開くときに、ドキュメントをアウトライン モードで表示できます。When you open a file in the code editor, you can view the document in outlining mode. 詳細については、「アウトライン」を参照してください。See Outlining for more information. このオプションをオンにすると、ファイルを開くときにアウトライン表示機能が有効になります。When this option is selected, the outlining feature is activated when you open a file.

[Interface と MustOverride メンバーの自動挿入]Automatic insertion of Interface and MustOverride members

クラスの Implements ステートメントまたは Inherits ステートメントをコミットすると、実装またはオーバーライドする必要があるメンバーのそれぞれのプロトタイプがテキスト エディターに自動的に挿入されます。When you commit an Implements statement or an Inherits statement for a class, the text editor inserts prototypes for the members that have to be implemented or overridden, respectively.

[プロシージャ行の区切り文字を表示する]Show procedure line separators

テキスト エディターに、プロシージャのスコープが表示されます。The text editor indicates visual scope of procedures. プロジェクトの .vb ソース ファイルで、次の表に示す場所に線が表示されます。A line is drawn in the .vb source files of your project at locations listed in the following table:

.vb ソース ファイル内の場所Location in .vb Source File 線が表示される場所の例Example of Line Location
ブロック宣言構造の後After the close of a block declaration construct - クラス、構造体、モジュール、インターフェイス、または列挙型の最後- At the end of a class, structure, module, interface, or enum
- プロパティ、関数、または sub の後- After a property, function, or sub
- プロパティの get 句と set 句の間は対象外- Not between the get and set clauses in a property
一連の単一行構造After a set of single line constructs - import ステートメントの後、クラス ファイルの型定義の前- After the import statements, before a type definition in a class file
- クラスで宣言されている変数の後、プロシージャの前- After variables declared in a class, before any procedures
単一行宣言After single line declarations (non-block level declarations) - Import ステートメント、Inherits ステートメント、変数宣言、イベント宣言、デリゲート宣言、および DLL の Declare ステートメントの後- Following import statements, inherits statements, variable declarations, event declarations, delegate declarations, and DLL declare statements

[エラー修正候補を有効にする]Enable error correction suggestions

一般的なエラーの解決方法がテキスト エディターに表示され、適切な修正方法を選択できます。修正方法を選択するとコードに適用されます。The text editor can suggest solutions to common errors and allow you to select the appropriate correction, which is then applied to your code.

[参照とキーワードの強調表示を有効にする]Enable highlighting of references and keywords

テキスト エディターでは、If..ThenWhile...End WhileTry...Catch...Finally などの句のシンボルのすべてのインスタンス、またはすべてのキーワードを強調表示できます。The text editor can highlight all instances of a symbol or all of the keywords in a clause such as If..Then, While...End While, or Try...Catch...Finally. 強調表示された参照間またはキーワード間を移動するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押すか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら上方向キーを押します。You can navigate between highlighted references or keywords by pressing CTRL+SHIFT+DOWN ARROW or CTRL+SHIFT+UP ARROW.

参照See Also