[オプション]、[テキスト エディター]、基本

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

[オプション] ([ツール] メニュー) ダイアログ ボックスの [テキスト エディター] フォルダーにある [Basic] フォルダーの [VB 固有] プロパティ ページでは、次のプロパティを指定します。

[End コンストラクトの自動挿入]
たとえば、プロシージャ宣言の最初の行として Sub Main— を入力し、Enter キーを押すと、対応する End Sub 行がテキスト エディターに追加されます。 同様に、For ループを追加すると、対応する Next ステートメントがテキスト エディターに追加されます。 このオプションをオンにすると、コード エディターで自動的に End 構造が追加されます。

[コードの再フォーマット]
必要に応じてコードの書式が再設定されます。 このオプションをオンにすると、コード エディターによって次の処理が行われます。

  • コードを正しいタブ位置に揃える。

  • キーワード、変数、およびオブジェクトの大文字と小文字の区別を修正する。

  • If...Then ステートメントの Then が欠けていた場合に補う。

  • 関数呼び出しにかっこを追加する。

  • 文字列の右引用符が欠けていた場合に補う。

  • 指数表記の書式を正す。

  • 日付の書式を正す。

    [アウトライン モードを有効にする]
    ファイルをコード エディターで開くときに、ドキュメントをアウトライン モードで表示できます。 詳細については、「アウトライン」を参照してください。 このオプションをオンにすると、ファイルを開くときにアウトライン表示機能が有効になります。

    [Interface と MustOverride メンバーの自動挿入]
    クラスの Implements ステートメントまたは Inherits ステートメントをコミットすると、実装またはオーバーライドする必要があるメンバーのそれぞれのプロトタイプがテキスト エディターに自動的に挿入されます。

    [プロシージャ行の区切り文字を表示する]
    テキスト エディターに、プロシージャのスコープが表示されます。 プロジェクトの .vb ソース ファイルで、次の表に示す場所に線が表示されます。

.vb ソース ファイル内の場所 線が表示される場所の例
ブロック宣言構造の後 - クラス、構造体、モジュール、インターフェイス、または列挙型の最後
- プロパティ、関数、または sub の後
- プロパティの get 句と set 句の間は対象外
一連の単一行構造 - import ステートメントの後、クラス ファイルの型定義の前
- クラスで宣言されている変数の後、プロシージャの前
単一行宣言 - Import ステートメント、Inherits ステートメント、変数宣言、イベント宣言、デリゲート宣言、および DLL の Declare ステートメントの後

[エラー修正候補を有効にする]
一般的なエラーの解決方法がテキスト エディターに表示され、適切な修正方法を選択できます。修正方法を選択するとコードに適用されます。

[参照とキーワードの強調表示を有効にする]
テキスト エディターでは、If..ThenWhile...End WhileTry...Catch...Finally などの句のシンボルのすべてのインスタンス、またはすべてのキーワードを強調表示できます。 強調表示された参照間またはキーワード間を移動するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら下方向キーを押すか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら上方向キーを押します。

参照

[全般] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])
[オプション]、[テキスト エディター]、[すべての言語]、[タブ]