[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[詳細]Options, Text Editor, C/C++, Advanced

これらのオプションを変更することによって、C または C++ でプログラミングを行うときに、IntelliSense に関連する動作と参照データベースを変更できます。By changing these options, you can change the behavior related to IntelliSense and the browsing database when you're programming in C or C++.

このページにアクセスするには、左ウィンドウ枠の [オプション] ダイアログ ボックスで、[テキスト エディター][C/C++] の順に展開して、[詳細] を選択します。To access this page, in the Options dialog box, in the left pane, expand Text Editor, expand C/C++, and then choose Advanced.

注意

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。See Personalize the Visual Studio IDE.

参照/ナビゲーションBrowsing/Navigation

ソリューションの規模が大きすぎるため、データベース アクティビティにより許容できない量のシステム リソースが消費されるというまれなケースを除いて、これらのオプションを選択しないでください。You should never choose these options except in the rare case where a solution is so large that the database activity consumes an unacceptable amount of system resources.

データベースの無効化Disable Database
コード参照データベース (SDF) のすべての使用、その他のすべての参照/ナビゲーション オプション、および #include のオートコンプリートを除く IntelliSense のすべての機能は無効になります。All use of the code browsing database (SDF), all other Browsing/Navigation options, and all IntelliSense features except for #include Auto Complete are disabled.

データベース更新の無効化Disable Database Updates
データベースは読み取り専用で開かれ、ファイルの編集時に更新は実行されません。The database will be opened read-only, and no updates will be performed as files are edited. ほとんどの機能は引き続き動作します。Most features will still work. ただし、編集が加えられると、データは古くなり、正しくない結果が取得されます。However, as edits are made, the data will become stale, and you'll get incorrect results.

データベース自動更新の無効化Disable Database Auto Updates
コード参照データベースは、ソース ファイルが変更されるときに自動的に更新されなくなります。The code browsing database won't be automatically updated when source files are modified. ただし、ソリューション エクスプローラーを開き、プロジェクトのショートカット メニューを開いてから [ソリューションの再スキャン] を選択すると、期限切れのすべてのファイルがチェックされ、データベースが更新されます。However, if you open Solution Explorer, open the shortcut menu for the project, and then choose Rescan Solution, all out-of-date files will be checked, and the database will be updated.

暗黙的なファイルの無効化Disable Implicit Files
コード参照データベースは、プロジェクトで指定されていないファイルのデータを収集しません。The code browsing database doesn't collect data for files that aren't specified in a project. プロジェクトには、明示的に指定されているソース ファイルとヘッダー ファイルが含まれています。A project contains source files and header files that are explicitly specified. 暗黙的なファイルは、明示的なファイル (たとえば、afxwin.h、windows.h、および atlbase.h) に含まれています。Implicit files are included by explicit files (for example, afxwin.h, windows.h, and atlbase.h). 通常、システムでは、これらのファイルが検出され、さまざまな参照機能 (移動など) のためにインデックスが付けられます。Normally, the system finds these files and also indexes them for various browsing features (including Navigate To). このオプションを選択した場合は、これらのファイルにインデックスが付けられず、一部の機能が使用できなくなります。If you choose this option, those files aren't indexed, and some features aren't available for them. また、このオプションを選択した場合は、"暗黙的なクリーンアップの無効化" と "外部依存関係の無効化" が暗黙的に選択されます。If you choose this option, "Disable Implicit Cleanup" and "Disable External Dependencies" are also implicitly chosen.

暗黙的なクリーンアップの無効化Disable Implicit Cleanup
コード参照データベースは、参照されなくなった暗黙的なファイルをクリーンアップしません。The code browsing database doesn't clean up implicit files that are no longer referenced. このオプションは、暗黙的なファイルが使用されなくなったときにデータベースから削除されないようにします。This option prevents implicit files from being removed from the database when they're no longer used. たとえば、mapi.h を参照する #include ディレクティブをソース ファイルの 1 つに追加すると、mapi.h が検出されてインデックス付けされます。For example, if you add an #include directive that references mapi.h to one of your source files, mapi.h will be found and indexed. 次に、#include を削除すると、ファイルが他の場所で参照されなくなり、このオプションを選択しない限り、このファイルに関する情報が最終的に削除されます If you then remove the #include and the file isn't referenced elsewhere, information about it will eventually be removed unless you choose this option. ([ソリューションの再スキャンの間隔] オプションを参照してください)。このオプションは、ソリューションを明示的に再スキャンする場合には無視されます。(See the Rescan Solution Interval option.) This option is ignored when you explicitly rescan the solution.

外部依存関係フォルダーの無効化Disable External Dependencies Folders
各プロジェクトの外部依存関係フォルダーは作成または更新されません。The External Dependencies folder for each project isn't created or updated. ソリューション エクスプローラーでは、各プロジェクトに外部依存関係フォルダーが含まれます。このフォルダーには、そのプロジェクトのすべての暗黙的なファイルが含まれます。In Solution Explorer, each project contains an External Dependencies folder, which contains all implicit files for that project. このオプションを選択した場合は、外部依存関係フォルダーが表示されません。If you choose this option, that folder doesn't appear.

データベースの再作成Recreate Database
次回にソリューションを読み込んだときにコード参照データベースをゼロから再作成します。Recreate the code browsing database from nothing the next time that the solution loads. このオプションを選択した場合は、次回にソリューションを読み込んだときに SDF データベース ファイルが削除されるため、データベースが再作成され、すべてのファイルにインデックスが付けられます。If you choose this option, the SDF database file is deleted the next time you load the solution, thus causing the database to be recreated and all files indexed.

ソリューションの再スキャンの間隔Rescan Solution Interval
'ソリューションの再スキャン' ジョブは、指定した間隔でスケジュールされます。A 'Rescan Solution Now' job is scheduled for the interval that you specify. 有効な値は 0 ~ 5000 分です。You must specify between 0 and 5000 minutes. 既定値は 60 分です。The default value is 60 minutes. ソリューションの再スキャン中にファイルのタイムスタンプがチェックされ、ファイルが IDE の外部で変更されたかどうかが判断されます While the solution is rescanned, file timestamps are checked to determine whether a file was changed outside of the IDE. (IDE で行われた変更が自動的に追跡され、ファイルが更新されます)。暗黙的に含まれたファイルがチェックされ、これらのファイルすべてがまだ参照されているかどうかが判断されます。(Changes that are made in the IDE are automatically tracked, and files are updated.) Implicitly included files are checked to determine whether they're all still referenced.

診断ログDiagnostic Logging

これらのオプションは、Microsoft から問題を診断するために詳細な情報を収集するように求められた場合に提供されます。These options are provided in case Microsoft asks you to collect advanced information to diagnose an issue. ログ情報はユーザーにとって便利ではなく、無効にしておくことをお勧めします。The logging information isn't useful for users, and we recommend that you leave it disabled.

ログの有効化Enable Logging
診断ログを出力ウィンドウに出力します。Enables diagnostic logging to the output window.

ログ レベルLogging Level
ログの詳細レベルを 0 ~ 5 の数値で設定します。Set the log verbosity, from 0 to 5.

ログ フィルターLogging Filter
ビットマスクを使用して、表示されるイベントの種類をフィルター処理します。Filters displayed event types by using a bitmask.

次の任意のオプションの合計で設定します。Set by using a sum of any of the following options:

  • 0 - なし0 - None

  • 1 - General1 - General

  • 2 - Idle2 - Idle

  • 4 - WorkItem4 - WorkItem

  • 8 - IntelliSense8 - IntelliSense

  • 16 - ACPerf16 - ACPerf

  • 32 - ClassView32 - ClassView

フォールバック位置Fallback Location

フォールバック位置は、プライマリの場所 (ソリューションと同じディレクトリ) が使用されないときに SDF および IntelliSense サポート ファイル (たとえば、iPCH) が置かれる場所です。The fallback location is where the SDF and IntelliSense support files (for example, iPCH) are put when the primary location (same directory as solution) isn't used. ユーザーにソリューション ディレクトリへの書き込みアクセス許可がない場合、またはソリューション ディレクトリが低速のデバイス上にある場合、この状況が発生することがあります。This situation could occur the user doesn't have the permissions to write to the solution directory or the solution directory is on a slow device. 既定のフォールバック位置は、ユーザーの一時ディレクトリにあります。The default fallback location is in the user's temp directory.

常にフォールバック位置を使用Always Use Fallback Location
コード参照データベースと IntelliSense ファイルが .sln ファイルの横に保存されるのでなく、"フォールバック位置" として指定したフォルダーに常に保存される必要があることを示します。Indicates that the code browsing database and IntelliSense files should always be stored in a folder that you specify as your "Fallback Location", not next to the .sln file. IDE では、ソリューション ディレクトリの横に SDF ファイルまたは iPCH ファイルが配置されることはなく、常にフォールバック位置が使用されます。The IDE will never try to put the SDF or iPCH files next to the solution directory and will always use the fallback location.

フォールバック位置の使用を警告しないDo Not Warn If Fallback Location Used
'フォールバック位置' が使用されている場合は、通知またはプロンプトが表示されません。You aren't informed or prompted if a 'Fallback Location' is used. 通常、IDE では、フォールバック位置を使用する必要があったかどうが通知されます。Normally, the IDE will tell you if it had to use the fallback location. このオプションは、その警告をオフにします。This option turns off that warning.

フォールバック位置Fallback Location
この値は、コード参照データベースまたは IntelliSense ファイルの第 2 の格納場所として使用されます。This value is used as a secondary location to store the code browsing database or IntelliSense files. 既定では、一時ディレクトリがフォールバック位置です。By default, your temporary directory is your fallback location. IDE では、ソリューションへの完全パスのハッシュに加えて、ソリューション名を含む指定のパス (または、一時ディレクトリ) の下にサブディレクトリが作成されます。これにより、ソリューション名が同一になる問題を回避します。The IDE will create a subdirectory under the specified path (or the temp directory) that includes the name of the solution along with a hash of the full path to the solution, which avoids issues with solution names being identical.

IntelliSenseIntelliSense

自動クイック ヒントAuto Quick Info
ポインターをテキストの上に移動すると、クイック ツールヒントが表示されます。Enables QuickInfo tooltips when you move the pointer over text.

IntelliSense の無効化Disable IntelliSense
すべての IntelliSense 機能を無効にします。Disables all IntelliSense features. IDE では、IntelliSense 要求にサービスを提供するために VCPkgSrv.exe プロセスを作成しないので、IntelliSense 機能 (QuickInfo、メンバー一覧、オートコンプリート、パラメーター ヘルプ) は機能しません。The IDE does not create VCPkgSrv.exe processes to service IntelliSense requests, and no IntelliSense features will work (QuickInfo, Member List, Auto Complete, Param Help). また、セマンティクスの色づけと参照の強調表示は無効になります。Semantic colorization and reference highlighting are also disabled. このオプションは、データベースのみに依存する参照機能 (ナビゲーション バー、ClassView、[プロパティ] ウィンドウなど) を無効にしません。This option doesn't disable browsing features that rely solely on the database (including Navigation Bar, ClassView, and Property window).

自動更新の無効化Disable Auto Updating
IntelliSense の更新は、IntelliSense の実際の要求時まで遅延されます。IntelliSense updating is delayed until an actual request for IntelliSense is made. この遅延により、ファイルでの最初の IntelliSense 操作の実行時間が長くなる可能性がありますが、非常に低速またはリソースが限られているコンピューターでこのオプションを設定すると便利な場合があります。This delay can result in a longer execution time of the first IntelliSense operation on a file, but it may be helpful to set this option on very slow or resource-constrained machines. また、このオプションを選択した場合は、"エラー レポートの無効化" オプションと "波線の無効化" オプションを暗黙的に選択します。If you choose this option, you also implicitly choose the "Disable Error Reporting" and "Disable Squiggles" options.

エラー レポートの無効化Disable Error Reporting
波線と [エラー一覧] ウィンドウによる IntelliSense エラーのレポートを無効にします。Disables reporting of IntelliSense errors through squiggles and the Error List window. エラー レポートに関連付けられているバックグラウンドの解析も無効にします。Also disables the background parsing that's associated with error reporting. また、このオプションを選択した場合は、"波線の無効化" オプションを暗黙的に選択します。If you choose this option, you also implicitly choose the "Disable Squiggles" option.

波線の無効化Disable Squiggles
IntelliSense エラーの波線を無効にします。Disables IntelliSense error squiggles. 赤い "波線" はエディター ウィンドウに表示されませんが、エラーは [エラー一覧] ウィンドウに表示されます。The red "squiggles" don't show in the editor window, but the error will still appear in the Error List window.

#include のオートコンプリートの無効化Disable #include Auto Complete
#include ステートメントのオートコンプリートを無効にします。Disables auto-completion of #include statements.

#include のオートコンプリートにスラッシュを使用Use Forward Slash in #include Auto Complete
"/" 使用すると #include ステートメントのオートコンプリートがトリガーされます。Triggers auto-completion of #include statements when "/" is used. 既定の区切り記号は円記号 '' です。The default delimiter is backslash ''. コンパイラでは、どちらの記号も使用できるため、このオプションを使用して、コード ベースが使用する記号を指定します。The compiler can accept either, so use this option to specify what your code base uses.

変換単位の最大キャッシュMax Cached Translation Units
IntelliSense 要求で同時に維持されるアクティブな変換単位の最大数です。The maximum number of translation units that will be kept active at any one time for IntelliSense requests. 有効な値は 2 ~ 15 です。You must specify a value between 2 and 15. この数値は、(Visual Studio の特定のインスタンスに対して) 実行される VCPkgSrv.exe プロセスの最大数に直接関連しています。This number directly relates to the maximum number of VCPkgSrv.exe processes that will run (for a given instance of Visual Studio). 既定値は 2 ですが、使用可能なメモリがある場合は、この値を大きくすると、IntelliSense でパフォーマンスがわずかに向上する可能性があります。The default value is 2, but if you have available memory, you can increase this value and possibly achieve slightly better performance on IntelliSense.

変換単位の詳細については、「変換フェーズ」を参照してください。For more information about translation units, see Phases of Translation.

メンバー リストをドットから矢印へMember List Dot-To-Arrow
メンバー リストに該当する場合に、ドット ('.') を矢印 ('->') に置換します。Replaces '.' with '->' when applicable for Member List.

アグレッシブ メンバー一覧を無効にするDisable Aggressive Member List
型または変数の名前を入力するときに、メンバー一覧が表示されません。The member list doesn't appear while you type the name of a type or variable. この一覧は、[メンバー一覧のコミット文字] オプションで定義されているコミット文字の 1 つを入力した後にのみ表示されます。The list appears only after you type one of the commit characters, as defined in the Member List Commit Characters option.

メンバー一覧のキーワードを無効にするDisable Member List Keywords
メンバー一覧の提案には、voidclassswitch などの言語キーワードは表示されません。Language keywords such as void, class, switch don't appear in member list suggestions.

メンバー一覧のコード スニペットを無効にするDisable Member List Code Snippets
コード スニペットはメンバー一覧の提案に表示されません。Code snippets don't appear in member list suggestions.

セマンティクスの色づけを無効にするDisable Semantic Colorization
言語キーワード、文字列、およびコメントを除き、すべてのコードの色付けをオフにします。Turns off all code colorization except for language keywords, strings, and comments.

スマート メンバー一覧コミットSmart Member List Commit
単語を完全に入力した後、Enter キーを押すと行が追加されます。Adds a line when you choose the Enter key at the end of a fully typed word.

メンバー一覧のフィルター モードMember List Filter Mode
照合アルゴリズムの型を設定します。Sets the type of matching algorithm. [ファジー] では、スペル チェック機能に類似したアルゴリズムを使用して、類似しているが同一ではない一致を検出するため、最も可能性の高い一致が検出されます。Fuzzy finds the most possible matches because it uses an algorithm that's similar to a spell-checker to find matches that are similar but not identical. [スマート フィルター処理] では、単語の先頭でない場合でも、部分文字列と照合されます。Smart filtering matches substrings even if they're not at the start of a word. [プレフィックス] では、単語の先頭から始まる同一の部分文字列に対してのみ照合されます。Prefix only matches on identical substrings that start at the beginning of the word.

メンバー一覧のコミット文字Member List Commit Characters
現在強調表示されているメンバー一覧の提案をコミットする文字を指定します。Specifies the characters that cause the currently highlighted Member List suggestion to be committed. この一覧の文字を追加または削除できます。You can add or remove characters from this list.

参照References

解決の無効化Disable Resolving
'すべての参照の検索' は IntelliSense を使用して各候補を検証する代わりに未加工のテキスト検索結果を既定で表示します。For performance reasons, 'Find All References' displays raw textual search results by default instead of using IntelliSense to verify each candidate. すべての検索操作でより正確な結果を表示する場合は、このチェック ボックスをオフにできます。You can clear this check box for more accurate results on all find operations. 検索単位ベースでフィルター処理するには、結果一覧のショートカット メニューを開き、[結果の解決] をクリックします。To filter on a per-search basis, open the shortcut menu for the result list, and then choose "Resolve Results."

未確認の項目を非表示Hide Unconfirmed
'すべての参照の検索' の結果で未確認の項目を非表示にします。Hide unconfirmed items in the 'Find All References' results. "解決の無効化" オプションを設定解除した場合は、このオプションを使用して結果で未確認の項目を非表示にします。If you unset the "Disable Resolving" option, you can use this option to hide unconfirmed items in the results.

参照の強調表示を無効にするDisable Reference Highlighting

[テキスト エディター]Text Editor

スコープの展開を有効にするEnable Expand Scopes
有効にすると、テキスト エディターに '{' を入力すれば選んだテキストが中かっこで囲まれます。If enabled, you can surround selected text with curly braces by typing '{' into the text editor.

優先順位の展開を有効にするEnable Expand Precedence
有効にすると、テキスト エディターに '(' を入力すれば選んだテキストがかっこで囲まれます。If enabled, you can surround selected text with parentheses by typing '(' into the text editor.

関連項目See Also

言語固有のエディター オプションの設定Setting Language-Specific Editor Options