[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[実験用]Options, Text Editor, C/C++, Experimental

これらのオプションを変更することによって、C または C++ でプログラミングを行うときに、IntelliSense に関連する動作と参照データベースを変更できます。By changing these options, you can change the behavior related to IntelliSense and the browsing database when you're programming in C or C++. これらの機能は完全に実験用であり、Visual Studio の将来のリリースでは変更または削除される可能性があります。These features are truly experimental, and may be modified or removed from Visual Studio in a future release. このトピックでは、Visual Studio 2017 のオプションについて説明します。This topic describes the options in Visual Studio 2017. Visual Studio 2015 の詳細については、「[オプション]、[テキスト エディター]、[C/C++]、[実験用]」を参照してください。For Visual Studio 2015, see Options, Text Editor, C/C++, Experimental

このプロパティ ページにアクセスするには、Control + Q キーを押し、Quick Launch をアクティブ化してから「実験用」と入力します。To access this property page, press Control + Q to activate Quick Launch and then type "experimental". クイック起動では、最初の数文字に一致するページが検索されます。Quick Launch will find the page after the first few letters. [ツール] - [オプション] を選択して [テキスト エディター] を展開し、[C/C++][実験用] の順に選択してアクセスすることもできます。You can also get to it by choosing Tools | Options and expanding Text Editor, then C/C++, and then choosing Experimental.

これらの機能は、Visual Studio 2017 のインストールで使用できます。These features are available in a Visual Studio 2017 installation.

注意

次の手順で参照している Visual Studio ユーザー インターフェイス要素の一部は、お使いのコンピューターでは名前や場所が異なる場合があります。Your computer might show different names or locations for some of the Visual Studio user interface elements in the following instructions. これらの要素は、使用している Visual Studio のエディションや独自の設定によって決まります。The Visual Studio edition that you have and the settings that you use determine these elements. Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。See Personalize the Visual Studio IDE.

予測 IntelliSense を有効にするEnable Predictive Intellisense

予測 IntelliSense は、コンテキストに関連のある結果のみが表示されるように、IntelliSense ドロップダウン リストに表示される結果の数を制限します。Predictive IntelliSense limits the number of results displayed in the IntelliSense dropdown list so that you see only results that are relevant in the context. たとえば、「int x =」と入力して IntelliSense ドロップダウン リストを呼び出すと、整数または整数を返す関数のみが表示されます。For example, if you type int x = and invoke the IntelliSense dropdown, you will see only integers or functions that return integers. 予測 IntelliSense は既定ではオフになっています。Predictive IntelliSense is turned off by default.

プロジェクトの高速読み込みを有効にするEnable Faster Project Load

Visual Studio 2017 バージョン 15.3 およびそれ以降: この機能は現在、プロジェクトのキャッシュを有効にすると呼ばれており、[VC++ プロジェクトの設定] プロパティ ページに移動しました。Visual Studio 2017 version 15.3 and later: This feature is now called Enable Project Caching and has moved to the VC++ Project Settings property page. このオプションでは、Visual Studio がプロジェクト データをキャッシュすることで、次にプロジェクトを開いたときにプロジェクト ファイルから再計算せずにキャッシュされたデータを読み込めるようになります。This option enables Visual Studio to cache project data so that when you open the project the next time, it can load that cached data rather than re-computing it from the project files. キャッシュされたデータを使用すると、プロジェクトの読み込み時間を大幅に短縮できます。Using cached data can speed up the project load time significantly.

Visual Studio Marketplace で追加された機能Additional Features in the Visual Studio Marketplace

Visual Studio Marketplace で、追加のテキスト エディター機能を参照できるようになりました。You can browse additional text editor features in the Visual Studio Marketplace. 例として、 C++ Quick Fixesがあります。これは、次をサポートします。An example is C++ Quick Fixes, which supports the following:

  • 不足している #include の追加 -コード内の不明なシンボルについて関連する #include を提案しますAdd missing #include - Suggests relevant #include's for unknown symbols in your code

  • 名前空間/完全修飾シンボルの使用を追加 - 前の項目と同様ですが、名前空間に機能します。Add using namespace/Fully qualify symbol - Like the previous item, but for namespaces

  • 不足しているセミコロンの追加Add missing semicolon

  • オンライン ヘルプ - エラー メッセージに関するオンライン ヘルプを検索しますOnline help - Search online help for your error messages

  • その他And more...

関連項目See also

言語固有のエディター オプションの設定Setting Language-Specific Editor Options
C++ でのリファクタリング (VC のブログ)Refactoring in C++ (VC Blog)