[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[書式設定]

[書式設定] プロパティ ページのダイアログ ボックスでコード エディターでのコード書式オプションを設定します。 このダイアログ ボックスを表示するには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[テキスト エディター][C#] を順に展開し、[書式設定] をクリックします。

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、ヘルプの説明と異なる場合があります。 設定を変更するには、 [ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

[全般設定]

全般設定は、コード エディターがどのように書式オプションをコードに適用するかに影響します。

UIElement の一覧

group1 説明
[; を入力しステートメントを終了したときにオート フォーマットする] このチェック ボックスがオンになっていると、入力時に、ステートメントがコード エディター用に選択された書式オプションに従って書式設定されます。 コード エディターでステートメントを変更しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。
[} の入力時にブロックをオート フォーマットする] このチェック ボックスがオンになっていると、コード エディター用に選択した書式オプションに従って、コード ブロックの記述後すぐにコード ブロックへ書式が適用されます。 コード エディターでコード ブロックを変更しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。
[貼り付け時にインデントを調整する] このチェック ボックスがオンになっていると、コード エディターに貼り付けされたテキストが、コード エディター用に選択された書式オプションに合わせて書式設定されます。 貼り付けしたテキストを変更しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。

プレビュー ウィンドウ

[行間][改行][行間]、および [折り返し] オプションのウィンドウでは、プレビュー ウィンドウを表示できます。 プレビュー ウィンドウでは、オプション適用時の状態が表示されます。 プレビュー ウィンドウを使用するには、書式オプションを選択します。 プレビュー ウィンドウに、選択したオプションを適用した例が表示されます。 設定を変更すると (たとえばチェック ボックスをオンまたはオフにすると)、プレビュー ウィンドウが更新され、新しい設定が反映されます。

コメント

各言語の [タブ] ページのインデント オプションでは、行の最後で Enter キーを押した後に、コード エディターでカーソルがどこに配置されるかということだけを決定します。 [書式設定] のインデント オプションは、たとえば、[貼り付け時にインデントを調整する] チェック ボックスがオンになっている間にコードをファイルに貼り付けるときなど、コードが自動的に書式設定される場合に適用されます。また、フォーマットされるブロックを手動で入力する場合にも適用されます。

関連項目

[全般]、[環境]、[オプション] ダイアログ ボックス