[オプション]、[テキスト エディター]、[C#]、[IntelliSense]

Visual C# での IntelliSense の動作設定を変更するには、[IntelliSense] プロパティ ページを使用します。 [IntelliSense] プロパティ ページにアクセスするには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックして、[テキスト エディター] フォルダーで [C#] をクリックし、[IntelliSense] をクリックします。

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、ヘルプの説明と異なる場合があります。 設定を変更するには、 [ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

[IntelliSense] プロパティ ページには、以下のプロパティがあります。

入力候補一覧

文字が入力された後に入力候補一覧を表示する
このオプションを選択すると、入力を開始したときに IntelliSense によって入力候補一覧が自動的に表示されます。 このオプションを選択しない場合でも、IntelliSense の入力候補は [IntelliSense] メニューから、または CTRL キーを押しながら SPACE キーを押して使用できます。

入力候補一覧にキーワードを配置する
このオプションを選択すると、IntelliSense によって C# キーワード (class など) が入力候補一覧に追加されます。

入力候補一覧にコード スニペットを配置する
このオプションを選択すると、IntelliSense によって C# コード スニペットのエイリアスが入力候補一覧に追加されます。 コード スニペットのエイリアスがキーワードと同じ場合 (class など)、キーワードは、ショートカットで置き換えられます。 詳細については、「Visual C# のコード スニペット」を参照してください。

入力候補一覧からの選択

次の文字の入力によって確定する
入力すると、入力候補一覧内の選択した項目に対して IntelliSense のオート コンプリートを実行するすべての文字を指定します。

スペース バーを押すことによって確定する
入力候補一覧内の選択した項目に対して IntelliSense のオート コンプリートを実行するために、スペース バーを押すアクションを含めることを指定します。

単語を完全に入力した後 Enter キーで新しい行を追加する
入力候補一覧内のエントリのすべての文字を入力して ENTER キーを押すと、新しい行が自動的に作成され、新しい行にカーソルが移動することを指定します。

たとえば、else を入力し、ENTER キーを押すと、エディターには次のように表示されます。

else

| (カーソルの位置)

ただし、el のみを入力して ENTER キーを押すと、エディターには次のように表示されます。

else| (カーソルの位置)

IntelliSense メンバーの選択

最近使用されたメンバーをあらかじめ選択する
このオプションを選択すると、統合開発環境 (IDE) での現在のセッション中に、オブジェクト名の自動補完のために、ポップアップ メンバーの一覧ボックスで最近選択したメンバーが IntelliSense によってあらかじめ選択されます。 最近使用したメンバーの履歴は、IDE の各セッションの間に消去されます。 詳細については、「最近使用されたメンバーに対する IntelliSense」を参照してください。

関連項目

[全般]、[環境]、[オプション] ダイアログ ボックス
XML ドキュメント コメント
IntelliSense の使用