Shell コマンドShell Command

Visual StudioVisual Studio 内から実行可能プログラムを起動します。Launches executable programs from within Visual StudioVisual Studio.

構文Syntax

Tools.Shell [/command] [/output] [/dir:folder] path [args]  

引数Arguments

path
必須です。Required. 実行するファイルまたは開くドキュメントのパスとファイル名。The path and file name of the file to execute or the document to open. 指定したファイルが、PATH 環境変数のディレクトリのいずれにもない場合は、完全パスが必要です。A full path is required if the specified file is not in one of the directories in the PATH environment variable.

args
省略可能です。Optional. 呼び出されるプログラムに渡す引数。Any arguments to pass to the invoked program.

スイッチSwitches

/commandwindow、/command、/c または /cmd/commandwindow [or] /command [or] /c [or] /cmd
省略可能です。Optional. 実行可能ファイルの出力が [コマンド] ウィンドウに表示されるように指定します。Specifies that the output for the executable is displayed in the Command window.

/dir:folder または /d: folder/dir:folder [or] /d: folder
省略可能です。Optional. プログラムの実行時に作業ディレクトリが設定されるように指定します。Specifies the working directory to be set when the program is run.

/outputwindow、/output、/out、または /o/outputwindow [or] /output [or] /out [or] /o
省略可能です。Optional. 実行可能ファイルの出力が [出力] ウィンドウに表示されるように指定します。Specifies that the output for the executable is displayed in the Output window.

コメントRemarks

/dir、/o、/c の各スイッチは、Tools.Shell の直後に指定する必要があります。The /dir /o /c switches must be specified immediately after Tools.Shell. 実行可能ファイルの名前の後に指定した内容は、その実行可能ファイルにコマンド ライン引数として渡されます。Anything specified after the name of the executable is passed to it as command line arguments.

定義済みの Shell エイリアスは、Tools.Shell の代わりに使用できます。The predefined alias Shell can be used in place of Tools.Shell.

注意事項

path 引数でディレクトリ パスとファイル名を指定する場合は、次のように、リテラル二重引用符 (""") でパス名全体を囲む必要があります。If the path argument supplies the directory path as well as the file name, you should enclose the entire pathname in literal quotes ("""), as in the following:

Tools.Shell """C:\Program Files\SomeFile.exe"""  

3 つの二重引用符 (""") の各セットは、Shell プロセッサによって、1 つの二重引用符として解釈されます。Each set of three double quotes (""") is interpreted by the Shell processor as a single double quote character. そのため、上の例では実際には次のパス文字列を Shell コマンドに渡します。Thus, the preceding example actually passes the following path string to the Shell command:

"C:\Program Files\SomeFile.exe"  

注意事項

パス文字列をリテラル二重引用符 (""") で囲まなかった場合、Windows では、文字列のうち最初の空白までの部分のみが使用されます。If you do not enclose the path string in literal quotes ("""), Windows will use only the portion of the string up to the first space. たとえば、上記のパス文字列を引用符で適切に囲まなかった場合、Windows では、C:\ ルート ディレクトリにある "Program" というファイルが検索されます。For example, if the path string above were not quoted properly, Windows would look for a file named "Program" located in the C:\ root directory. C:\Program.exe という実行可能ファイルが実際は使用可能な場合、不正改ざんによってインストールされたファイルであっても、Windows では目的の "c:\Program Files\SomeFile.exe" プログラムではなく、そのプログラムの実行が試行されます。If a C:\Program.exe executable file were actually available, even one installed by illicit tampering, Windows would attempt to execute that program in place of the desired "c:\Program Files\SomeFile.exe" program.

Example

次のコマンドでは xcopy.exe を使用して、ファイル MyText.txtText フォルダーにコピーします。The following command uses xcopy.exe to copy the file MyText.txt into the Text folder. xcopy.exe からの出力は、コマンド ウィンドウ[出力] ウィンドウの両方に表示されます。The output from xcopy.exe is displayed in both the Command Window and the Output window.

>Tools.Shell /o /c xcopy.exe c:\MyText.txt c:\Text\MyText.txt  

関連項目See Also

Visual Studio のコマンド Visual Studio Commands
コマンド ウィンドウ Command Window
[出力] ウィンドウ Output Window
[検索/コマンド] ボックス Find/Command Box
Visual Studio コマンドのエイリアスVisual Studio Command Aliases