ツールボックス、[データ] タブ

フォームとコンポーネントに追加できるデータ オブジェクトを表示します。 作成しているプロジェクトに関連するデザイナーがあると、ツールボックス[データ] タブが表示されます。 ツールボックスは、Visual Studio の統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) に既定で表示されます。ツールボックスを表示する必要がある場合は、[表示] メニューの [ツールボックス] をクリックします。

ヒント

データ ソース構成ウィザードを実行すると、ほとんどのデータ項目が自動的に作成され、構成されます。 詳細については、「新しいデータ ソースの追加」を参照してください。

UI 要素の一覧

コンポーネントに対する .NET Framework の参照ページを直接表示するには、ツールボックスの項目で、またはデザイナーのトレイにあるコンポーネントの項目で、F1 キーを押します。

名前 説明
DataSet 型付きまたは型なしのデータセットのインスタンスをフォームまたはコンポーネントに追加します。 このオブジェクトをデザイナーにドラッグすると、ダイアログ ボックスが表示されて、既存の型指定されたデータセット クラスを選択、または新しいブランクの型指定されていないデータセットの作成を指定できます。 注: 新しい型指定されたデータセット スキーマおよびクラスを作成する場合、ツールボックスDataSet オブジェクトは使用しません。 詳細については、データセットの作成と構成に関するページを参照してください。
DataGridView データを表形式で表示するための強力で柔軟な機能が用意されています。
BindingSource 基になるデータ ソースにコントロールをバインドするプロセスを簡略化します。
BindingNavigator データにバインドされている、フォーム上のコントロールを移動および操作するためのユーザー インターフェイス (UI) を表します。

関連項目

Visual Studio でのデータへのアクセス
.NET 用の Visual Studio データ ツール
Visual Studio のデータセット ツール
Visual Studio でのデータへのコントロールのバインド
Visual Studio でのデータへの Windows フォーム コントロールのバインド
データセットのデータの編集
データセットのデータの検証
データの保存