Watch コマンドWatch Command

指定したインスタンスの [ウォッチ] ウィンドウを作成し、開きます。Creates and opens a specified instance of a Watch window. [ウォッチ] ウィンドウを使用すると、変数、式、レジスタの値の計算し、それらの値を編集し、結果を保存することができます。You can use a Watch window to calculate the values of variables, expressions, and registers, to edit these values, and to save the results.

構文Syntax

Debug.Watch[index]  

引数Arguments

index
必須です。Required. [ウォッチ] ウィンドウのインスタンス番号。The instance number of the watch window.

コメントRemarks

index は整数でなければなりません。The index must be an integer. 有効値は 1、2、3、または 4 です。Valid values are 1, 2, 3, or 4.

Example

>Debug.Watch1  

関連項目See Also

[自動変数] ウィンドウと [ローカル] ウィンドウ Autos and Locals Windows
Visual Studio でウォッチ ウィンドウとクイック ウォッチ ウィンドウを使用して変数のウォッチ ポイントを設定する Set a Watch on Variables using the Watch and QuickWatch Windows in Visual Studio
Visual Studio のコマンド Visual Studio Commands
コマンド ウィンドウ Command Window
[検索/コマンド] ボックス Find/Command Box
Visual Studio コマンドのエイリアスVisual Studio Command Aliases