[Web ブラウザー]([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])

内部 Web ブラウザーと Internet Explorer のオプションを設定します。 このダイアログ ボックスにアクセスするには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[環境] フォルダーを展開して [Web ブラウザー] を選択します。

注意

実際に画面に表示されるダイアログ ボックスとメニュー コマンドは、アクティブな設定またはエディションによっては、ヘルプの説明と異なる場合があります。 設定を変更するには、[ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。 詳細については、「Visual Studio IDE のカスタマイズ」を参照してください。

重要

Web の特定のファイルまたはコンポーネントを開いて、コンピューター上のコードを実行できます。

ホーム ページ
IDE Web ブラウザーを開いたときに表示されるページを設定します。

[検索] ページ
内部 Web ブラウザーの [検索] ページを指定できます。 この場所には、統合開発環境 (IDE) 以外で開始された Internet Explorer のインスタンスが使用する検索ページとは別のページを指定できます。

ソース表示の選択
内部 Web ブラウザーからページの [ソースの表示] を選択するときに Web ページを開くために使用するエディターを設定します。

  • ソース エディター 選択すると、[コードの作成] にソースが表示されます。

  • HTML エディター 選択すると、HTML デザイナーに表示されます。 この場合、デザイン ビューまたは標準のテキストベースのソース ビューで Web ページを編集します。

  • 外部エディター 選択すると、別のエディターにソースが表示されます。 選択するエディター (Notepad.exe など) のパスを指定します。

    Internet Explorer オプション
    クリックして、[インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスで Internet Explorer のオプションを変更します。 このダイアログ ボックスの変更内容は、内部 Web ブラウザーと、Visual Studio IDE 以外 (たとえば、[スタート] メニュー) で開始された Internet Explorer のインスタンスの両方に影響があります。

注意

[ブラウザーの選択] ダイアログ ボックスで、別の外部 Web ブラウザーを使用して Visual Studio 内部 Web ブラウザー (Internet Explorer のいずれかのバージョン) を置き換えます。

関連項目

[環境] ([オプション] ダイアログ ボックス)
[全般]、[環境]、[オプション] ダイアログ ボックス
HTML デザイナー