セキュリティおよびローカライズされたサテライト アセンブリSecurity and Localized Satellite Assemblies

メイン アセンブリで厳密な名前付けを使用している場合、サテライト アセンブリをメイン アセンブリと同じ秘密キーで署名する必要があります。If your main assembly uses strong naming, satellite assemblies must be signed with the same private key as the main assembly. 公開キーと秘密キーのペアがメイン アセンブリとサテライト アセンブリで一致しない場合、リソースは読み込まれません。If the public/private key pair does not match between the main and satellite assemblies, your resources will not be loaded. アセンブリへの署名の詳細については、「方法 : 厳密な名前でアセンブリに署名する」を参照してください。For more information on signing assemblies, see How to: Sign an Assembly with a Strong Name.

通常、組織の署名のグループまたは外部の署名機関には、秘密キーを使って署名させる必要があります。In general, you may need to have your organization's signing group or an external signing organization sign with the private key. これは、秘密キーの機密性によるもので、多くの場合、アクセスは数人のユーザーに制限されます。This is due to the sensitive nature of the private key: access is often restricted to a few individuals. 開発時には遅延署名を使用することができます。You can use delayed signing during development. 詳細については、「アセンブリへの遅延署名」を参照してください。For more information, see Delay Signing an Assembly.

関連項目See Also

アセンブリのセキュリティに関する考慮事項 Assembly Security Considerations
セキュリティの基本概念 Key Security Concepts
.NET Framework ベースの国際対応アプリケーションの概要 Introduction to International Applications Based on the .NET Framework
アプリケーションのローカライズ Localizing Applications
アプリケーションのグローバライズとローカライズGlobalizing and Localizing Applications