Visual Studio にサインイン

Visual Studio の開発環境をカスタマイズし、最適化するには、IDE にサインインして個人アカウントを設定します。

Visual Studio にサインインする必要がある理由

Visual Studio にサインインすると、次の利点が得られます。

  • 無料のソフトウェア、トレーニング、サポートなど、Visual Studio Dev Essentials プログラムにおけるさまざまな特典にアクセスできます 。 詳細については、「 Visual Studio Dev Essentials 」をご覧ください。

  • Visual Studio の設定を同期する – どのデバイス上の Visual Studio にサインインしても、ユーザーがカスタマイズした設定 (キー バインド、ウィンドウのレイアウト、配色テーマなど) がすぐに適用されます。 「 Visual Studio での同期された設定」をご覧ください。

  • Visual Studio Express エディションのロックを完全に解除する – 任意のエディションの Visual Studio Express を、30 日の評価期間にとらわれることなく使用できます。

  • Visual Studio Community エディションのロックを解除する – 30 日の評価期間の制限がなくなります。

  • Visual Studio の評価期間を拡張する – 30 日の評価期間にとらわれることなく、Visual Studio Professional または Visual Studio Enterprise を 90 日間延長して使用できます。

  • MSDN または Visual Studio Team Services サブスクリプションに関連付けられたアカウントを使用すると、Visual Studio のロックが解除されます。 「 Visual Studio のロックを解除する方法」を参照してください。

  • IDE で、Azure や Visual Studio Team Services などのサービスに自動的に接続 され、同じアカウントの資格情報を再度要求されることはなくなります。

Visual Studio にサインインする方法

Visual Studio を初めて起動すると、サインインして基本登録情報を入力するように求められます。 Microsoft アカウント、またはユーザーを最も的確に表す職場や学校のアカウントを選択してください。 これらのアカウントがない場合は、Microsoft アカウントを無料で作成できます。 「 Microsoft アカウントへのサインアップ方法」をご覧ください。

次に、Visual Studio で使用する UI 設定や配色テーマを選択します。 これらの設定は Visual Studio に保存され、サインインしたすべての Visual Studio 環境間で同期されます。 同期される設定の一覧については、「Visual Studio での同期された設定」を参照してください。 Visual Studio の [ツール] > [オプション] メニューを開けば、これらの設定は後で変更できます。

設定が終わったら、Visual Studio が起動し、サインインして、作業を開始できるようになります。 ログインしているかどうかを確認するには、Visual Studio 環境の右上隅に表示されているプロファイル名を探します。

VS2017 に現在ログインしているユーザー

サインアウトしない限り、Visual Studio を起動すると自動的にサインインすることになり、同期された設定への変更が自動的に適用されます。 サインアウトするには、Visual Studio 環境の自分のプロファイル名の横にある下矢印をクリックし、 [アカウント設定] をクリックして、 [サインアウト] リンクをクリックします。 再度サインインするには、Visual Studio 環境の右上隅の [サインイン] をクリックします。

ユーザーのプロファイル情報を変更するには

  1. [ファイル] > [アカウント設定] に進み、[Visual Studio プロファイルの管理] リンクを選択します。

  2. ブラウザーで、上部にある自分のアカウント名を選択し、[Visual Studio プロファイル] を選択します。

  3. [プロファイルの編集] を選択し、必要な設定を変更します。

  4. 終了したら、[変更を保存] を選択します。