Visual Studio でのカスタム ビルド イベントの指定

カスタム ビルド イベントを指定することで、ビルドの開始前またはビルドの終了後に自動的にコマンドを実行できます。 たとえば、ビルドの開始前に .bat ファイルを実行したり、ビルドの完了後に新しいファイルをフォルダーにコピーできます。 ビルド イベントは、ビルド プロセスにおいてビルドがこれらのポイントに正常に達する場合にのみ実行します。

使用するプログラミング言語に関する具体的な情報については、次のトピックを参照してください。

構文

ビルド イベントは、DOS コマンドと同じ構文に従いますが、マクロを使用すると、ビルド イベントをより簡単に作成することができます。 使用可能なマクロの一覧については、「[ビルド前に実行するコマンド ライン] / [ビルド後に実行するコマンド ライン] ダイアログ ボックス」を参照してください。

最適な結果を得るには、次のような書式のヒントに従います。

  • .bat ファイルを実行するすべてのビルド イベントの前に call ステートメントを追加します。

    例 : call C:\MyFile.bat

    例 : call C:\MyFile.bat call C:\MyFile2.bat

  • ファイルのパスを引用符で囲みます。

    例 (Windows 8 の場合): "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft SDKs\Windows\v8.0A\Bin\NETFX 4.0 Tools\gacutil.exe" -if "$(TargetPath)"

  • 改行を使用して、複数のコマンドを区切ります。

  • 必要に応じて、ワイルドカードを挿入します。

    例: for %I in (*.txt *.doc *.html) do copy %I c:\mydirectory\

    注意

    上記のコードの %I は、バッチ スクリプトでは %%I になります。

関連項目

コードのコンパイルとビルド
[ビルド前に実行するコマンド ライン] / [ビルド後に実行するコマンド ライン] ダイアログ ボックス
MSBuild の特殊文字
チュートリアル: アプリケーションをビルドする