チュートリアル 3: 絵合わせゲームの作成

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

このチュートリアルでは、プレーヤーが隠されたアイコンのペアを見つける絵合わせゲームを作成します。 以下の方法について説明します。

  • アイコンなどのオブジェクトを List オブジェクトに格納する。

  • foreach ループ (Visual C# の場合) または For Each ループ (Visual Basic の場合) を使用してリスト内の項目を反復処理する。

  • 参照変数を使用してフォームの状態を追跡する。

  • 複数のオブジェクトでイベントへの応答に使用できるイベント ハンドラーを作成する。

  • 開始されるとカウント ダウンを行い一度だけイベントを発生させるタイマーを作成する。

    このチュートリアルを完了すると、プログラムは次の図のようになります。

    このチュートリアルで作成するゲーム
    このチュートリアルで作成するゲーム

    サンプルの完全バージョンをダウンロードするには、「絵合わせゲームのチュートリアルの完全なサンプル」を参照してください。

注意

このチュートリアルでは、Visual C# と Visual Basic の両方が取り上げられているため、使用しているプログラミング言語固有の情報に注意してください。

プログラミングに行き詰まった場合や疑問がある場合は、MSDN フォーラムのいずれかに質問を投稿してみてください。 Visual Basic フォーラム、および Visual C# フォーラムを参照してください。 無料で利用できる便利なビデオ学習リソースもあります。 Visual Basic でのプログラミングの詳細については、「Visual Basic の基礎: 入門者向けの開発」を参照してください。 Visual C# でのプログラミングの詳細については、「C# の基礎: 入門者向けの開発」を参照してください。

関連トピック

タイトル 説明
手順 1: プロジェクトの作成とフォームへのテーブルの追加 プロジェクトを作成し、コントロール配置用の TableLayoutPanel コントロールを追加することから始めます。
手順 2: Random オブジェクトおよびアイコンのリストの追加 Random オブジェクトおよび List オブジェクトを追加し、アイコンのリストを作成します。
手順 3: 各ラベルへのランダムなアイコンの割り当て Label コントロールにアイコンをランダムに割り当てて、各ゲームでそれらの配置が同じにならないようにします。
手順 4: 各ラベルへの Click イベント ハンドラーの追加 クリックされたラベルの色を変更させる Click イベント ハンドラーを追加します。
手順 5: ラベルの参照の追加 参照変数を追加して、どのラベルがクリックされたかを追跡します。
手順 6: タイマーの追加 ゲームの実行中に経過した時間を追跡するためのタイマーをフォームに追加します。
手順 7: ペアの表示の維持 一致するペアが選択された場合に、アイコンのペアが表示されたままになるようにします。
手順 8: プレーヤーが勝利したかどうかを確認するメソッドの追加 プレーヤーが勝利したかどうかを確認する CheckForWinner() メソッドを追加します。
手順 9: その他の機能を試す アイコンおよび色の変更、グリッドの追加、サウンドの追加などの、その他の機能を試します。 また、ボードの拡大およびタイマーの調整を試します。