さまざまなツール ウィンドウを使用してコードの構造を表示するView the structure of code using different tool windows

クラス ビュー呼び出し階層オブジェクト ブラウザーコード定義 (C++ のみ) など、Visual Studio のさまざまなツール ウィンドウを使って、クラスとそのメンバーを調べることができます。You can examine classes and their members in Visual Studio using various tool windows, including Class View, Call Hierarchy, Object Browser, and Code Definition (C++ only). これらのツール ウィンドウでは、Visual Studio プロジェクトのコード、.NET Framework コンポーネント、COM コンポーネント、ダイナミック リンク ライブラリ (DLL)、およびタイプ ライブラリ (TLB) を調査できます。These tool windows can examine code in Visual Studio projects, .NET Framework components, COM components, dynamic-link libraries (DLL), and type libraries (TLB).

プロジェクトの型とメンバーの参照、シンボルの検索、メソッドの呼び出し階層の表示、シンボル参照の検索などを行うために、ソリューション エクスプローラーを使用することもできます。この場合、複数のツール ウィンドウを切り替える必要がなくなります。You can also use Solution Explorer to browse the types and members in your projects, search for symbols, view a method's call hierarchy, find symbol references, and more, without having to switch between multiple tool windows.

Visual Studio Enterprise があるなら、コード マップを使用して、コードの構造や、ソリューション全体におけるその依存関係を視覚化することができます。If you have Visual Studio Enterprise edition, you can use code maps to visualize the structure of your code and its dependencies across the entire solution. 詳しくは、「Map dependencies with code maps」(コード マップでのマップの依存関係) をご覧ください。For more information, see Map dependencies with code maps.

クラス ビュー (Visual Basic、C#、C++)Class View (Visual Basic, C#, C++)

クラス ビューソリューション エクスプローラーの一部として、別個のウィンドウに表示されます。Class View is shown as part of Solution Explorer and as a separate window. クラス ビューには、アプリケーションの要素が表示されます。Class View displays the elements of an application. 上部のペインは名前空間、型、インターフェイス、列挙、およびクラスが表示され、下部ペインには、上のペインで選択した型に属するメンバーを表示します。The upper pane displays namespaces, types, interfaces, enumerations, and classes, and the lower pane displays the members that belong to the type selected in the upper pane. このウィンドウを使用すると 、ソース コード (または要素がソリューションの外部で定義されている場合はオブジェクト ブラウザー) のメンバーの定義に移動できます。By using this window, you can move to member definitions in the source code (or in the Object Browser if the element is defined outside your solution).

[クラス ビュー] で要素を表示するためにプロジェクトをコンパイルする必要はありません。You do not have to compile a project to view its elements in Class View. プロジェクトのコードを変更すると、ウィンドウが更新されます。The window is refreshed as you modify the code in your project.

プロジェクト ノードを選択し、[追加] ボタンを選択して [新しい項目の追加] ダイアログ ボックスを開くと、プロジェクトにコードを追加できます。You can add code to your project by selecting the project node and choosing the Add button to open the Add New Item dialog box. コードは別個のファイルに追加されます。The code is added in a separate file.

プロジェクトがソース コード管理にチェックインされている場合、クラス ビューの各要素には、ファイルのソース コードの状態を示すアイコンが表示されます。If your project is checked in to source code control, every Class View element displays an icon that indicates the source code status of the file. [チェックアウト][チェックイン]、および [最新バージョンの取得] などの一般的なソース コード管理コマンドは、要素のショートカット メニューでも使用できます。Common source code control commands such as Check Out, Check In, and Get Latest Version are also available on the shortcut menu for the element.

[クラス ビュー] ツール バーClass View toolbar

[クラス ビュー] ツール バーには、以下のコマンドがあります。The Class View toolbar contains the following commands:

新しいフォルダーNew Folder 通常使用される要素を整理するための仮想フォルダーまたはサブフォルダーを作成します。Creates a virtual folder or subfolder in which you can organize frequently used elements. これらはアクティブなソリューション (.suo) ファイルに保存されます。They are saved in the active solution (.suo) file. コード要素の名前を変更するか、削除すると、エラー ノードとして仮想フォルダーに表示されることがあります。After you rename or delete an element in your code, it might appear in a virtual folder as an error node. この問題を解決するには、エラー ノードを削除します。To correct this problem, delete the error node. 要素の名前を変更した場合は、プロジェクト階層からフォルダーに再度移動できます。If you renamed an element, you can move it from the project hierarchy into the folder again.
戻るBack 以前に選択したアイテムに移動します。Navigates to the previously selected item.
次へForward 選択した次の項目に移動します。Navigates to the next selected item.
クラス ダイアグラムで表示 (マネージ コード プロジェクトでのみ)View Class Diagram (managed code projects only) 名前空間を選択するか、またはクラス ビューを入力すると使用可能になります。Becomes available when you select a namespace or type in Class View. 名前空間を選択すると、その中のすべての型がクラス図に表示されます。When a namespace is selected, the class diagram shows all the types in it. ある型を選択すると、その型だけがクラス図に表示されます。When a type is selected, the class diagram shows only that type.

クラス ビュー設定Class View settings

ツール バーの [クラス ビュー設定] ボタンは、次の設定を指定できます。The Class View Settings button on the toolbar has the following settings:

基本型の表示Show Base Types 基本型が表示されます。Base types are displayed.
派生型の表示Show Derived Types 派生型が表示されます。Derived types are displayed.
非表示の型とメンバーの表示Show Hidden Types and Members 非表示の型とメンバー (クライアントが使用できない) は淡い灰色のテキストで表示されます。Hidden types and members (not intended for use by clients) are displayed in light gray text.
パブリック メンバーの表示Show Public Members パブリック メンバーが表示されます。Public members are displayed.
プロテクト メンバーの表示Show Protected Members プロテクト メンバーが表示されます。Protected members are displayed.
プライベート メンバーの表示Show Private Members プライベート メンバーが表示されます。Private members are displayed.
他のメンバーの表示Show Other Members 他の種類のメンバーが表示されます。内部の (Visual Basic では Friend) メンバーが含まれます。Other kinds of members are displayed, including internal (or Friend in Visual Basic) members.
継承されたメンバーの表示Show Inherited Members 継承メンバーが表示されます。Inherited members are displayed.
拡張メソッドの表示Show Extension Methods 拡張メソッドが表示されます。Extension methods are displayed.

クラス ビューのショートカット メニューClass View shortcut menu

クラス ビューのショートカット メニューには、選択したプロジェクトの種類に応じて次のコマンドが含まれる場合があります。The shortcut menu in Class View may contain the following commands, depending on the kind of project selected:

定義に移動Go To Definition 開いているプロジェクトで要素が定義されていない場合、ソース コード、またはオブジェクト ブラウザーで要素の定義を見つけます。Finds the definition of the element in the source code, or in the Object Browser, if the element is not defined in the open project.
定義の参照Browse Definition 選択した項目をオブジェクト ブラウザーで表示します。Displays the selected item in the Object Browser.
すべての参照の検索Find All References 選択したオブジェクトの項目を検索し、[検索結果] ウィンドウに結果を表示します。Finds the currently selected object item and displays the results in a Find Results window.
型のフィルター (マネージ コードのみ)Filter To Type (managed code only) 選択した型または名前空間だけを表示します。Displays only the selected type or namespace. [検索] ボックスの横にある [検索のクリア] (X) ボタンをクリックしてフィルターを削除できます。You can remove the filter by choosing the Clear Find (X) button next to the Find box.
コピーCopy 項目の完全修飾名をコピーします。Copies the fully qualified name of the item.
アルファベット順に並べ替えSort Alphabetically 名前でアルファベット順に型およびメンバーを一覧表示します。Lists types and members alphabetically by name.
メンバーの型で並べ替えSort by Member Type 型で型およびメンバーを一覧表示します (クラスがインターフェイスより前に表示され、インターフェイスがデリゲートより前に表示され、メソッドがプロパティより前に表示されます)。Lists types and members in order by type (such that classes precede interfaces, interfaces precede delegates, and methods precede properties).
メンバーのアクセスで並べ替えSort by Member Access アクセスの種類 (パブリックかプライベートなど) に応じて型およびメンバーを一覧表示します。Lists types and members in order by access type, such as public or private.
メンバーの種類によるグループ化Group by Member Type オブジェクトの種類によって型およびメンバーを並べ替えてグループにします。Sorts types and members into groups by object type.
宣言へ移動 (C++ コードのみ)Go To Declaration (C++ code only) ソース コードの型またはメンバーの宣言を表示します (存在する場合)Displays the declaration of the type or member in the source code, if available.
定義に移動Go To Definition ソース コードの型またはメンバーの定義を表示します (存在する場合)Displays the definition of the type or member in the source code, if available.
参照へジャンプGo To Reference ソース コード内の型またはメンバーへの参照を表示します (存在する場合)Displays a reference to the type or member in the source code, if available.
呼び出し階層の表示View Call Hierarchy [呼び出し階層] ウィンドウで、選択したメソッドが表示されます。Displays the selected method in the Call Hierarchy window.

[呼び出し階層] ウィンドウ (Visual Basic、C#、C++)Call Hierarchy window (Visual Basic, C#, C++)

[呼び出し階層] ウィンドウには、特定のメソッドまたはプロパティが呼び出された場所が表示されます。The Call Hierarchy window shows where a given method or property is called. また、そのメソッドから呼び出されたメソッドの一覧も示されます。It also lists the methods that are called from that method. 指定したスコープでメソッドの呼び出し元/呼び出し先の関係を示す、複数レベルの呼び出しのグラフを表示できます。You can view multiple levels of the call graph, which shows the caller-callee relationships among the methods in a specified scope.

エディターでメソッド (またはプロパティやコンストラクター) を選択し、ショートカット メニューの [呼び出し階層の表示] を選択すると、[呼び出し階層] ウィンドウを表示できます。You can display the Call Hierarchy window by selecting a method (or property or constructor) in the editor and then choosing View Call Hierarchy on the shortcut menu. 表示は次の図のようになります。The display should resemble the following image:

Visual Studio での [呼び出し階層] ウィンドウ

ツール バーのドロップダウン リストを使用して、階層の範囲を指定できます (ソリューション、現在のプロジェクト、または現在のドキュメント)。By using the drop-down list on the toolbar, you can specify the scope of the hierarchy: the solution, current project, or current document.

メイン ウィンドウにはメソッドに対する呼び出しとメソッドからの呼び出しが表示され、[呼び出しサイト] ウィンドウには選択した呼び出しの場所が表示されます。The main pane displays the calls to and from the method, and the Call Sites pane displays the location of the selected call. 仮想または抽象メンバーの場合、[Overrides method name ](メソッド名のオーバーライド) ノードが表示されます。For members that are virtual or abstract, an Overrides method name node appears. インターフェイス メンバーの場合は、[Implements method name](メソッド名の実装) ノードが表示されます。For interface members, an Implements method name node appears.

[呼び出し階層] ウィンドウはメソッド グループ参照を検索しません。これには、メソッドがイベント ハンドラーとして追加される場所、またはメソッドがデリゲートに割り当てられる場所が含まれます。The Call Hierarchy window does not find method group references, which include places where a method is added as an event handler or is assigned to a delegate. これらの参照を取得するには、[すべての参照の検索] コマンドを使用します。To find these references, use the Find All References command.

[呼び出し階層] ウィンドウのショートカット メニューには、次のコマンドが含まれています。The shortcut menu in the Call Hierarchy window contains the following commands:

新規ルートとして追加Add as New Root 新しいルート ノードとして選択したノードを追加します。Adds the selected node as a new root node.
ルートの削除Remove Root 選択されたルート ノードをツリー ビュー ペインから削除します。Removes the selected root node from the tree view pane.
定義に移動Go to Definition メソッドの元の定義に移動します。Navigates to the original definition of a method.
すべての参照の検索Find All References プロジェクトで、選択したメソッドへの参照をすべて検索します。Finds in the project all the references to the selected method.
コピーCopy 選択したノードをコピーします (そのサブ ノードはコピーしません)。Copies the selected node (but not its subnodes).
最新の情報に更新Refresh 情報を更新します。Refreshes the information.

オブジェクト ブラウザーObject Browser

[オブジェクト ブラウザー] ウィンドウは、プロジェクトのコードの説明を表示します。The Object Browser window displays descriptions of the code in your projects.

ウィンドウの上部にあるドロップダウン リストを使って、表示するコンポーネントをフィルター処理できます。You can filter the components you want to view by using the drop-down list at the top of the window. カスタム コンポーネントには、マネージド コードの実行可能ファイル、ライブラリのアセンブリ、タイプ ライブラリ、および .ocx ファイルを含めることができます。Custom components can include managed code executables, library assemblies, type libraries, and .ocx files. C++ のカスタム コンポーネントを追加することはできません。It is not possible to add C++ custom components. カスタム設定は Visual Studio ユーザー アプリケーション ディレクトリ (%APPDATA%\Microsoft\VisualStudio\15.0\ObjBrowEX.dat) に保存されます。Custom settings are saved in the Visual Studio user application directory, %APPDATA%\Microsoft\VisualStudio\15.0\ObjBrowEX.dat.

オブジェクト ブラウザーの左側のウィンドウは、アセンブリを示します。The left pane of the Object Browser shows assemblies. アセンブリを展開してそこに含まれている名前空間を表示し、名前空間を展開してそこに含まれている型を表示します。You can expand the assemblies to display the namespaces they contain, and then expand the namespaces to display the types they contain. 型を選択すると、メンバー (プロパティ、メソッドなど) が右ペインに一覧表示されます。When you select a type, its members (such as properties and methods) are listed in the right pane. 右下ペインに、選択した項目に関する詳細情報が表示されます。The lower right pane displays detailed information about the selected item.

特定の項目をウィンドウの上部の [検索] ボックスを使用して検索できます。You can search for a specific item by using the Search box at the top of the window. 検索時に大文字と小文字が区別されます。Searches are case-insensitive. 検索結果は左ペインに表示されます。Search results are displayed in the left pane. 検索をクリアするには、[検索] ボックスの横の [検索のクリア] (X) ボタンを選びます。To clear a search, choose the Clear Search (X) button next to the Search box.

オブジェクト ブラウザーは、ユーザーが実行した選択を追跡し、ツール バーの [次へ] ボタンと [戻る] ボタンを使用して選択項目間を移動できます。The Object Browser keeps track of the selections you have made, and you can navigate among your selections by using the Forward and Back buttons on the toolbar.

オブジェクト ブラウザーを使用し、項目 (アセンブリ、名前空間、型、メンバー) を選択してツール バーの [参照の追加] ボタンを選択することで、開いているソリューションにアセンブリ参照を追加できます。You can use the Object Browser to add an assembly reference to an open solution by selecting an item (assembly, namespace, type, or member) and choosing the Add Reference button on the toolbar.

オブジェクト ブラウザー設定Object Browser settings

ツール バーの [オブジェクト ブラウザー設定] ボタンを使用して、次のビューの 1 つを指定できます。By using the Object Browser Settings button on the toolbar, you can specify one of the following views:

名前空間表示View Namespaces 左ペインに、物理コンテナーではなく、名前空間を表示します。Displays namespaces rather than physical containers, in the left pane. 複数の物理コンテナーに格納されている名前空間はマージされます。Namespaces stored in multiple physical containers are merged.
コンテナー表示View Containers 左ペインに、名前空間ではなく、物理コンテナーを表示します。Displays physical containers rather than namespaces, in the left pane. [名前空間表示][ コンテナー表示] は相互に排他的な設定です。View Namespaces and View Containers are mutually exclusive settings.
基本型の表示Show Base Types 基本型が表示されます。Displays base types.
派生型の表示Show Derived Types 派生型を表示します。Displays derived types.
非表示の型とメンバーの表示Show Hidden Types and Members 非表示の型およびメンバー (クライアントが使用できない) が淡い灰色のテキストで表示されます。Displays hidden types and members (not intended for use by clients), in light gray text.
パブリック メンバーの表示Show Public Members パブリック メンバーを表示します。Displays public members.
プロテクト メンバーの表示Show Protected Members プロテクト メンバーを表示します。Displays protected members.
プライベート メンバーの表示Show Private Members プライベート メンバーを表示します。Displays private members.
他のメンバーの表示Show Other Members 内部 (Visual Basic では Friend) メンバーを含む、他の種類のメンバーが表示されます。Displays other types of members, including internal (or Friend in Visual Basic) members.
継承されたメンバーの表示Show Inherited Members 継承メンバーを表示します。Displays inherited members.
拡張メソッドの表示Show Extension Methods 拡張メソッドが表示されます。Displays extension methods.

オブジェクト ブラウザーのショートカット メニューのコマンドObject Browser shortcut menu commands

オブジェクト ブラウザーのショートカット メニューには、選択されている項目の種類に応じて次のコマンドが含まれる場合があります。The shortcut menu in the Object Browser may contain the following commands, depending on the kind of item selected:

定義の参照Browse Definition 選択した項目のプライマリ ノードが表示されます。Shows the primary node for the selected item.
すべての参照の検索Find All References 選択したオブジェクトの項目を検索し、[検索結果] ウィンドウに結果を表示します。Finds the currently selected object item and displays the results in a Find Results window.
型のフィルターFilter To Type 選択した型または名前空間だけを表示します。Displays only the selected type or namespace. [検索のクリア] ボタンをクリックしてフィルターを削除できます。You can remove the filter by choosing the Clear Search button.
コピーCopy 項目の完全修飾名をコピーします。Copies the fully qualified name of the item.
削除Remove スコープがカスタム コンポーネント セットの場合、選択したコンポーネントをスコープから削除します。If the scope is a custom component set, removes the selected component from the scope.
アルファベット順に並べ替えSort Alphabetically 名前でアルファベット順に型およびメンバーを一覧表示します。Lists types and members alphabetically by name.
オブジェクトの型で並べ替えSort by Object Type 型で型およびメンバーを一覧表示します (クラスがインターフェイスより前に表示され、インターフェイスがデリゲートより前に表示され、メソッドがプロパティより前に表示されます)。Lists types and members in order by type (such that classes precede interfaces, interfaces precede delegates, and methods precede properties).
オブジェクトのアクセスで並べ替えSort by Object Access アクセスの種類 (パブリックかプライベートなど) に応じて型およびメンバーを一覧表示します。Lists types and members in order by access type, such as public or private.
オブジェクトの型でグループ化Group by Object Type オブジェクトの種類によって型およびメンバーを並べ替えてグループにします。Sorts types and members into groups by object type.
宣言へ移動 (C++ プロジェクトのみ)Go To Declaration (C++ projects only) ソース コードの型またはメンバーの宣言を表示します (存在する場合)Displays the declaration of the type or member in the source code, if available.
定義に移動Go To Definition ソース コードの型またはメンバーの定義を表示します (存在する場合)Displays the definition of the type or member in the source code, if available.
参照へジャンプGo To Reference ソース コード内の型またはメンバーへの参照を表示します (存在する場合)Displays a reference to the type or member in the source code, if available.
呼び出し階層の表示View Call Hierarchy [呼び出し階層] ウィンドウで、選択したメソッドが表示されます。Displays the selected method in the Call Hierarchy window.

コード定義ウィンドウ (C++)Code Definition window (C++)

[コード定義] ウィンドウには、アクティブなプロジェクトに含まれている、選択した C++ の型またはメンバーの定義が表示されます。The Code Definition window displays the definition of a selected C++ type or member in the active project. 型またはメンバーは、コード エディターやコード ビューのウィンドウで選択できます。The type or member can be selected in the code editor or in a code view window.

このウィンドウは読み取り専用ですが、ブレークポイントまたはブック マークを設定できます。Although this window is read-only, you can set breakpoints or bookmarks in it. 表示された定義を変更するには、ショートカット メニューの [定義の編集] を選択します。To modify the displayed definition, choose Edit Definition on the shortcut menu. これにより、コード エディターでソース ファイルが開かれ、定義の開始行にカーソル位置が移動します。This opens the source file in the code editor and moves the insertion point to the line where the definition begins.

注意

Visual Studio 2015 以降では、[コード定義] ウィンドウは C++ のみで使用できます。Starting in Visual Studio 2015, the Code Definition window can only be used with C++ code.

コード定義のショートカット メニューCode Definition shortcut menu

[コード定義] ウィンドウのショートカット メニューには、次のコマンドが含まれている場合があります。The shortcut menu in the Code Definition window may contain the following commands:

クイック アクションとリファクタリングQuick Actions and Refactorings
名前の変更Rename
インクルード ファイルのグラフを生成Generate Graph of Include Files
定義をここに表示Peek Definition
定義に移動Go To Definition 定義 (部分クラスの場合は複数の定義) を見つけ、[検索結果] ウィンドウに表示します。Finds the definition (or definitions, for partial classes) and displays them in a Find Results window.
宣言に移動Go To Declaration
すべての参照の検索Find All References ソリューションの型またはメンバーへの参照を検索します。Finds the references to the type or member in the solution.
呼び出し階層の表示View Call Hierarchy [呼び出し階層] ウィンドウにメソッドが表示されます。Displays the method in the Call Hierarchy window.
ヘッダー/コード ファイルの切り替えToggle Header / Code File
テストの実行Run Tests プロジェクトに単体テストがある場合は、選択したコードのテストを実行します。If there are unit tests in the project, runs the tests for the selected code.
テストのデバッグDebug Tests
ブレークポイントBreakpoint ブレークポイント (またはトレース ポイント) を挿入します。Inserts a breakpoint (or a tracepoint).
カーソル行の前まで実行Run to Cursor カーソルの位置までプログラムをデバッグ モードで実行します。Runs the program in debug mode to the location of the cursor.
スニペットSnippet
切り取りコピー貼り付けCut, Copy, Paste
注釈Annotation
アウトラインOutlining 標準のアウトライン コマンド。Standard outlining commands.
再スキャンRescan
定義の編集Edit Definition コード ペインの定義まで挿入ポイントを移動します。Moves the insertion point to the definition in the code window.
エンコードの選択Choose Encoding ファイルのエンコーディングを設定できるように [エンコード] ウィンドウを開きます。Opens the Encoding window so that you can set an encoding for the file.

[ドキュメント アウトライン] ウィンドウDocument Outline window

[ドキュメント アウトライン] ウィンドウを、XAML ページのデザイナーや Windows フォーム デザイナー、または HTML ページなどのデザイナー ビューと共に使用することができます。You can use the Document Outline window in conjunction with designer views, such as the designer for a XAML page or a Windows Form designer, or with HTML pages. このウィンドウでは、要素がツリー ビューで表示されます。これにより、フォームまたはページの論理構造を表示し、組み込み位置の深いコントロールや非表示になっているコントロールを見つけることができます。This window displays the elements in a tree view, so that you can view the logical structure of the form or page and find controls that are deeply embedded or hidden.

関連項目See also