Visual Basic 固有の IntelliSense

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Visual Basic のソース コード エディターには、以下の IntelliSense の機能が用意されています。

  • 構文ヒント

    構文ヒントでは、入力中のステートメントの構文が表示されます。 この機能は、Declare などのステートメントで役立ちます。

自動補完

  • さまざまなキーワードの補完入力

    たとえば、「goto」と入力して Space キーを押すと、IntelliSense は定義されたラベルの一覧をドロップダウン メニューに表示します。 その他のキーワードとして、ExitImplementsOption、および Declare がサポートされています。

  • EnumBoolean での補完

    ステートメントが列挙型のメンバーを参照する場合は、IntelliSense では Enum のメンバーを一覧表示します。 ステートメントがブール型のメンバーを参照する場合は、IntelliSense では True または False のドロップダウン メニューを表示します。

    既定で補完機能を無効にするには、[Visual Basic] フォルダーの [全般] プロパティ ページで、[自動メンバー表示] の選択を解除します。

    メンバーの一覧、入力候補、または alt キーを押しながら右方向キーを起動することにより、完了を手動で起動することができます。 詳細については、「IntelliSense の使用方法」を参照してください。

ゾーン内の IntelliSense

ゾーン内の IntelliSenseは、部分信頼設定に制限された Visual Basic 開発者が、ClickOnce を使用してアプリケーションを配置する作業を支援する機能です。 この機能を使用すると、次のことが可能になります。

  • アプリケーションを実行するアクセス許可を選択できます。

  • [メンバーの一覧] で、選択したゾーンの API を利用可能な API として表示し、追加のアクセス許可が必要な API を利用できない API として表示できます。

    詳細については、「ClickOnce アプリケーションのコード アクセス セキュリティ」を参照してください。

参照

IntelliSense の使用方法