Visual C++ のコード スニペットVisual C++ code snippets

Visual Studio でコード スニペットを使用して、よく使用されるコードを C++ コード ファイルに追加することができます。In Visual Studio, you can use code snippets to add commonly-used code to your C++ code files. 通常、C# の場合とほぼ同じ方法でコード スニペットを使用できますが、既定のコード スニペットのセットは異なります。In general, you can use code snippets in much the same way as in C#, but the set of default code snippets is different.

コード スニペットをコードの特定の場所に追加することと (挿入)、選択したコードをコード スニペットで囲むことのいずれかが可能です。You can either add a code snippet at a particular location in your code (insertion) or surround some selected code with a code snippet.

コード スニペットの挿入Insert a code snippet

コード スニペットを挿入するには、C++ コード ファイル (.cpp または .h) を開き、ファイル内の任意の場所をクリックして、次のいずれかを実行します。To insert a code snippet, open a C++ code file (.cpp or .h), click somewhere inside the file, and do one of the following:

  • 右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[スニペットの挿入] を選択するRight-click to get the context menu and select Insert Snippet

  • [編集 / IntelliSense] メニューの [スニペットの挿入] を選択するIn the Edit / IntelliSense menu, select Insert Snippet

  • ホット キー Ctrl + K + X を使用するUse the hotkeys: Ctrl+K+X

#if で始まる選択肢の一覧が表示されます。You should see a list of choices beginning with #if. #if を選択すると、ファイルに追加された次のコードが表示されます。When you select #if, you should see the following code added to the file:

#if 0

#endif // 0

次に、0 を正しい条件に置き換えることができます。You can then replace the 0 with the correct condition.

コード スニペットを使用して、選択したコードを囲むUse a code snippet to surround selected code

コード スニペットを使用して、選択したコードを囲むには、行 (または複数の行) を選択し、次のいずれかを実行します。To use a code snippet to surround selected code, select a line (or multiple lines) and do one of the following:

  • 右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[ブロックの挿入] を選択するRight-click to get the context menu, and select Surround With

  • [編集] > [IntelliSense] メニューの [ブロックの挿入] を選択するFrom the Edit > IntelliSense menu, select Surround With

  • キーボードの Ctrl + K + S キーを押すUsing a keyboard, press: Ctrl+K+S

#if を選択します。Select #if. 次のように表示されます。You should see something like this:

#if 0
#include "pch.h"  // or whatever line you had selected
#endif // 0

次に、0 を正しい条件に置き換えることができます。You can then replace the 0 with the correct condition.

C++ コード スニペットの全一覧の確認場所Where can I find a complete list of the C++ code snippets?

コード スニペット マネージャー ([ツール] メニュー) に移動し、[言語][Visual C++] に設定すると、C++ コード スニペットの全一覧が表示されます。You can find the complete list of C++ code snippets by going to the Code Snippets Manager (on the Tools menu) and setting the Language to Visual C++. 下のウィンドウで、[Visual C++] を展開します。In the window below, expand Visual C++. すべての C++ コード スニペットの名前がアルファベット順で表示されます。You should see the names of all the C++ code snippets in alphabetical order.

ほとんどのコード スニペットの名前は自明ですが、一部の名前は分かりにくい場合があります。The names of most code snippets are self-explanatory, but some names might be confusing.

class と classiClass vs. classi

class スニペットは MyClass というクラスの定義を提供します。これは適切な既定のコンストラクターとデストラクターを持ち、コンストラクターとデストラクターの定義はクラスの外部に配置されます。The class snippet provides the definition of a class named MyClass, with the appropriate default constructor and destructor, where the definitions of the constructor and destructor are located outside the class:

class MyClass
{
public:
    MyClass();
    ~MyClass();

private:

};

MyClass::MyClass()
{
}

MyClass::~MyClass()
{
}

classi コード スニペットも MyClass というクラスの定義を提供しますが、既定のコンストラクターとデストラクターはクラス定義内で定義されます。The classi code snippet also provides the definition of a class named MyClass, but the default constructor and destructor are defined inside the class definition:

class MyClass
{
public:
    MyClass()
    {
    }

    ~MyClass()
    {
    }

private:

};

for と forr と rforfor vs. forr vs rfor

さまざまな種類の for ループを提供する 3 つの for スニペットがあります。There are three different for snippets that provide different kinds of for loops.

rfor スニペットは、範囲に基づく for ループ (リンク) を提供します。The rfor snippet provides a range-based for loop (link). インデックスに基づく for ループよりも、このコンストラクトが適しています。This construct is preferred over index-based for loops.

for (auto& i : v)
{

}

for スニペットは、条件がオブジェクトの長さ (size_t) に基づく for ループを提供します。The for snippet provides a for loop in which the condition is based on the length (in size_t) of an object.

for (size_t i = 0; i < length; i++)
{

}

forr スニペットは、条件がオブジェクトの長さ (整数) に基づく逆 for ループを提供します。The forr snippet provides a reverse for loop in which the condition is based on the length (in integers) of an object.

for (int i = length - 1; i >= 0; i--)
{

}

デストラクターのスニペット (~)The destructor snippet (~)

デストラクターのスニペット (~) は、コンテキストに応じてさまざまな動作を示します。The destructor snippet (~) shows different behavior in different contexts. このスニペットをクラス内に挿入すると、そのクラスのデストラクターが提供されます。If you insert this snippet inside a class, it provides a destructor for that class. たとえば、次のような XML があるとします。For example, given the following code:

class SomeClass {

};

デストラクターのスニペットを挿入すると、SomeClass のデストラクターが提供されます。If you insert the destructor snippet, it provides a destructor for SomeClass:

class SomeClass {
    ~SomeClass()
    {

    }
};

デストラクターのスニペットをクラスの外部に挿入しようとすると、プレースホルダーの名前を持つデストラクターが提供されます。If you try to insert the destructor snippet outside a class, it provides a destructor with a placeholder name:

~TypeNamePlaceholder()
{

関連項目See also