Visual Studio 2017 の新機能What's New in Visual Studio 2017

15.5 リリースの更新Updated for the 15.5 release

以前のバージョンの Visual Studio からのアップグレードを検討していますか。Looking to upgrade from a previous version of Visual Studio? Visual Studio 2017 にはすべての開発、すべてのアプリ、すべてのプラットフォームにおいて、他に類を見ない生産性があります。Here's what Visual Studio 2017 can offer you: Unparalleled productivity for any dev, any app, and any platform. Visual Studio 2017 を利用し、Android、iOS、Windows、Linux、Web、クラウド向けのアプリを開発します。Use Visual Studio 2017 to develop apps for Android, iOS, Windows, Linux, web, and cloud. 短期間でプログラミングできて、デバッグや診断も簡単に行えます。テストを頻繁に行うことで、自信をもってリリースできます。Code fast, debug and diagnose with ease, test often, and release with confidence. 独自の拡張機能を開発することで Visual Studio を拡張し、カスタマイズすることもできます。You can also extend and customize Visual Studio by building your own extensions. 今回のリリースでは、バージョン管理を使用した、迅速で、効率的な共同作業が可能になりました。Use version control, be agile, and collaborate efficiently with this release!

以前のバージョンである Visual Studio 2015 以降に行われた主な変更点の要約を示します。Here's a high-level recap of the changes we've made since our previous version, Visual Studio 2015:

  • 基本の再定義Redefined fundamentals. 新しいセットアップ エクスペリエンスにより、必要なものを必要なタイミングでより短い時間でインストールできるようになりました。A new setup experience means that you can install more quickly and install what you want when you need it. 大規模なソリューションやプロジェクトを読み込む場合でも、コードのフォルダーや単一のコード ファイルを操作する場合でも、Visual Studio の起動がより高速になりました。Whether you want to load large solutions and projects, or work on folders of code, or even a single file of code, Visual Studio starts faster. さらに Visual Studio は、特に DevOps を大事にするチームにとって、全体像を把握するのに役立ちます。And, Visual Studio helps you stay focused on the big picture, especially for teams embracing DevOps.
  • パフォーマンスと生産性Performance and productivity. Microsoft は、新しく、現代的なモバイル、クラウド、デスクトップの開発機能を導入することを中心に取り組んできました。We have focused on new and modern mobile, cloud, and desktop development capabilities. 全体的な取得機能、パフォーマンス、全般的な開発者生産性も改善されています。And, we've also improved the overall acquisition, performance, and general developer productivity experiences. Visual Studio の起動が以前と比較してより高速になり、より応答性が向上し、メモリーの消費量が少なくなりました。Visual Studio starts faster, is more responsive, and uses less memory than before.
  • Azure によるクラウド アプリの開発Cloud app development with Azure. Microsoft Azure を使用するクラウド ファーストのアプリを簡単に作成できる Azure ツールのビルトイン スイート。A built-in suite of Azure tools enable you to easily create cloud-first apps powered by Microsoft Azure. Visual Studio を使用すれば、Azure でアプリとサービスを構成、ビルド、デバッグ、パッケージ化、デプロイするのが容易になります。Visual Studio makes it easy to configure, build, debug, package, and deploy apps and services on Azure.
  • Windows アプリ開発Windows app development. Visual Studio 2017 で UWP テンプレートを使用して、すべての Windows 10 デバイス (PC、タブレット、電話、Xbox、HoloLens、Surface Hub など) を対象とした単一のプロジェクトを作成します。Use the UWP templates in Visual Studio 2017 to create a single project for all Windows 10 devices – PC, tablet, phone, Xbox, HoloLens, Surface Hub, and more. 次に、アプリ パッケージを作成し、Visual Studio 内から Microsoft Store に提出してアプリをユーザーに公開します。Then, produce an app package and submit it to Microsoft Store from within Visual Studio to get your app out to customers.
  • モバイル アプリの開発Mobile app development. Visual Studio 2017 では Xamarin が導入されています。これにより、1 つのコア コードベースとスキル セットを使用することでマルチプラットフォームのモバイル要件が統合され、短期間で成果を出すことができます。In Visual Studio 2017, you can innovate and get results fast with Xamarin, which unifies your multi-platform mobile requirements by using one core codebase and set of skills. 既存のチーム、テクノロジへの投資、C# コードをモバイル対応にして、コンシューマー グレードのエクスペリエンスを予定より早くかつ予算以内で提供します。Go mobile with your existing teams, technology investments, and C# code to deliver consumer-grade experiences ahead of schedule and under budget. モバイル ライフサイクルのすべてのステップを加速させ、ワールドクラスのコンシューマー エクスペリエンスまたは従業員の生産性向上を支援するアプリのポートフォリオを提供します。Accelerate every step of the mobile lifecycle to deliver world-class consumer experiences or a portfolio of productivity apps to empower your workforce.
  • クロスプラットフォーム開発Cross-platform development. 対象となるプラットフォームにソフトウェアをシームレスに届けます。Seamlessly deliver software to any targeted platform. Redgate Data Tools により DevOps プロセスを SQL Server に拡張し、Visual Studio からのデータベース配置を安全に自動化します。Extend DevOps processes to SQL Server through Redgate Data Tools and safely automate database deployments from Visual Studio. あるいは、.NET Core を利用し、変更しなくても Windows、Linux、macOS オペレーティング システムをまたいで実行できるアプリやライブラリを作成します。Or, use .NET Core to write apps and libraries that run unmodified across Windows, Linux, and macOS operating systems. (15.3 の新機能: .NET Core 2.0 SDK の side-by-side サポート)(And new in 15.3: Get side-by-side support for .NET Core 2.0 SDKs.)
  • ゲーム開発Games development. Visual Studio tools Unity (VSTU) を利用すると、Visual Studio を使用して C# でゲームとエディター スクリプトを記述した後、強力なデバッガーを使用してエラーを検出して修正できます。With Visual Studio Tools for Unity (VSTU), you can use Visual Studio to write game and editor scripts in C# and then use its powerful debugger to find and fix errors. VSTU の最新リリースでは、Unity の ShaderLab シェーダー言語の構文の色分け、デバッガーの視覚化機能の向上、および、MonoBehavior ウィザードによるコード生成の機能強化などが行われました。The latest release of VSTU includes syntax coloring for Unity's ShaderLab shader language, better debugger visualizations, and improved code generation for the MonoBehavior wizard. また、VSTU により、Unity のプロジェクト ファイル、コンソール メッセージ、およびゲームを開始する機能が Visual Studio に統合されるため、コードの記述中に Unity エディターとの間で切り替える手間を少なくできます。VSTU also brings your Unity project files, console messages, and the ability to start your game into Visual Studio so you can spend less time switching to and from the Unity Editor while writing code.
  • AI の開発AI development. Visual Studio Tools for AI (15.5 の新機能) では、Visual Studio の生産性機能を使用して、AI 革新を高速化することができます。With Visual Studio Tools for AI (new in 15.5), you can use the productivity features of Visual Studio to accelerate AI innovation. 堅牢な実験機能 (たとえば、データ準備とモデル トレーニング ジョブの別の計算ターゲットへの透過的な送信など) のために、Azure Machine Learning とシームレスに統合するディープ ラーニング / AI ソリューションをビルド、テスト、展開します。Build, test, and deploy Deep Learning / AI solutions that seamlessly integrate with Azure Machine Learning for robust experimentation capabilities, such as submitting data preparation and model training jobs transparently to different compute targets. また、Visual Studio Tools for AI はカスタム メトリックと実行履歴追跡のサポートを提供し、データ サイエンスの再現性と監査を可能にします。And, Visual Studio Tools for AI provides support for custom metrics and run history tracking, which enable data science reproducibility and auditing.

注意

Visual Studio 2017 の新機能の一覧については、現在のリリース ノートに関するページを参照してください。For a complete list of new features and functionality in Visual Studio 2017, see the current Release Notes. また、将来的な機能の内容については、プレビュー リリース ノートに関するページを参照してください。And for a peek at future feature offerings, see the Preview Release Notes.

Visual Studio 2017 の最も重要な改善点と新機能について、そのいくつかの詳細を確認できます。Here's more detailed information about some of the most notable improvements and new features in Visual Studio 2017.

基本の再定義Redefined fundamentals

新しいセットアップ エクスペリエンスA new setup experience

Visual Studio 2017 をダウンロードするまたは Visual Studio のシステム要件を確認するDownload Visual Studio 2017 or Check Visual Studio system requirements

Visual Studio により、必要な機能だけを必要なタイミングでより簡単により短い時間でインストールできます。Visual Studio makes it easier and faster to install just the features you need, when you need them. また、アンインストールも正常に行われます。And, it uninstalls cleanly, too.

Visual Studio をインストールするときに確認できる最も重要な変更は、新しいセットアップ エクスペリエンスです。The most important change to note when you install Visual Studio is its new setup experience. [ワークロード] タブには、共通のフレームワーク、言語、プラットフォーム別にグループ化されたインストール オプションが表示されます。On the Workloads tab, you'll see installation options that are grouped to represent common frameworks, languages, and platforms. .NET デスクトップ開発から Windows、Linux、iOS での C++ アプリケーション開発まで、すべてを網羅します。It covers everything from .NET desktop development to C++ application development on Windows, Linux, and iOS.

必要なワークロードを選択し、必要に応じてそれらを変更します。Choose the workloads you need, and change them when you need to.

Visual Studio 2017 のセットアップ ダイアログVisual Studio 2017 setup dialog

ワークロードを使用する代わりに、独自のコンポーネントを選択するには、Want to pick your own components instead of using workloads? インストーラーから [個別のコンポーネント] タブを選択します。Select the Individual components tab from the installer. また、Windows の言語オプションを変更することなく、言語パックをインストールする場合は、Want to install Language Packs without also having to change the Windows language option? インストーラーの [言語パック] タブを選択します。Choose the Language packs tab of the installer.

ステップ バイ ステップの手順を含む、新しいインストール エクスペリエンスの詳細については、Visual Studio のインストールに関するページを参照してください。To learn more about the new installation experience, including step-by-step instructions that walk you through it, see the Install Visual Studio page.

アクセシビリティに重点を置くA focus on accessibility

15.3 の新機能として、Visual Studio と多くのユーザーが使用している支援技術との互換性を改善する、1,700 を超える変更を行いました。New in 15.3, we made over 1,700 targeted fixes to improve compatibility between Visual Studio and the assistive technologies that many customers use. スクリーン リーダーやハイ コントラスト テーマなどの支援技術との互換性を従来よりも改善するシナリオが、数多くあります。There are dozens of scenarios that are more compatible with screen readers, high contrast themes, and other assistive technologies than ever before. デバッガー、エディター、シェルのすべてに重要な変更点があります。The debugger, editor and shell have all gotten significant improvements, too.

詳細については、ブログ投稿の「Accessibility improvements in Visual Studio 2017 version 15.3 (Visual Studio 2017 バージョン 15.3 でのアクセシビリティの機能強化)」をご覧ください。For more information, see the Accessibility improvements in Visual Studio 2017 version 15.3 blog post.

パフォーマンスと生産性Performance and productivity

複数のアカウント間のサインインSign in across multiple accounts

チーム エクスプローラー、Azure Tools、Microsoft ストアでの発行で使用するユーザー アカウントを共有できるように、Visual Studio で新しい ID サービスを導入しました。We've introduced a new identity service in Visual Studio that allows you to share user accounts across Team Explorer, Azure Tools, Microsoft Store publishing, and more.

また、より長い時間サインインしたままにできます。You can stay signed in longer, too. Visual Studio に 12 時間ごとにサインインを求められることはなくなりました。Visual Studio won't ask you to sign in again every 12 hours. 詳細については、「Fewer Visual Studio Sign-in Prompts」 (Visual Studio のサインインの確認メッセージを減らす) のブログの投稿を参照してください。To learn more, see the Fewer Visual Studio Sign-in Prompts blog post.

Visual Studio の起動の高速化Start Visual Studio faster

Visual Studio の新しいパフォーマンス センターは、IDE の起動時間を最適化するのに役立ちます。The new Visual Studio Performance Center can help you optimize your IDE start-up time. パフォーマンス センターでは、IDE の起動を遅くしている可能性のある拡張機能やツール ウィンドウをすべて一覧表示します。The Performance Center lists all the extensions and tool windows that might slow down the IDE startup. 拡張機能を起動するタイミングや、ツール ウィンドウを起動時に開くかどうかを指定して、起動時のパフォーマンスを向上させるために使用することができます。You can use it to improve startup performance by determining when extensions start, or whether tool windows are open at startup.

拡張機能のオンデマンド読み込みの高速化Faster on-demand loading of extensions

Visual Studio では、独自およびサードパーティの拡張機能が IDE の起動時ではなく必要に応じて読み込まれるように取り組みを進めています。Visual Studio is moving its extensions (and working with third-party extensions too) so that they load on-demand, rather than at IDE startup. どの拡張機能が起動、ソリューションの読み込み、および入力パフォーマンスに影響があるかについて関心をお持ちですか?Curious about which extensions impact startup, solution load, and typing performance? この情報については、[ヘルプ]、[Visual Studio のパフォーマンスの管理] の順に選択して確認することができます。You can see this information in Help -> Manage Visual Studio Performance.

Visual Studio 2017 の [オプション] ダイアログ ボックスOptions dialog box in Visual Studio 2017

[拡張機能マネージャーのローミング] で拡張機能を管理するManage your extensions with Roaming Extensions Manager

Visual Studio にサインインすると、お気に入りの拡張機能を使用して、各開発環境を容易に設定できるようになりました。It's easier to set up each development environment with your favorite extensions when you sign in to Visual Studio. 新しい [拡張機能マネージャーのローミング] は、クラウドに同期されたリストを作成することで、お気に入りの拡張機能をすべて追跡します。The new Roaming Extension Manager keeps track of all your favorite extensions by creating a synchronized list in the cloud.

Visual Studio の拡張機能の一覧を表示するには、[ツール]、[拡張機能と更新プログラム] の順にクリックし、[拡張機能マネージャーのローミング] をクリックします。To see a list of your extensions in Visual Studio, click Tools > Extensions & Updates, and then click the Roaming Extension Manager.

Visual Studio 2017 - [拡張機能と更新プログラム] ダイアログVisual Studio 2017 - Extensions and Updates dialog

[拡張機能マネージャーのローミング] では、インストールするすべての拡張機能を追跡しますが、どの拡張機能をローミング リストに追加するかを選択することができます。The Roaming Extension Manager tracks all the extensions you install, but you can choose which ones you want to add to your Roaming list.

Visual Studio 2017 - [拡張機能と更新プログラム] ダイアログVisual Studio 2017 - Extensions and Updates dialog

[拡張機能マネージャーのローミング] を使用する場合、リストに次の 3 つの種類のアイコンが表示されます。When you use the Roaming Extension Manager, there are three icon types on your list:

  • ローミング済みアイコン "ローミング済み": ローミング リストにあり、このコンピューターにはインストールされていない拡張機能を示します。Roamed icon Roamed: An extension that is part of this Roaming List, but not installed on your machine. (これらの拡張機能は、[ダウンロード] ボタンでインストールできます。)(You can install these by using the Download button.)
  • ローミングおよびインストール済みアイコン "ローミングおよびインストール済み": ローミング リストにあり、お使いの開発環境にインストールされているすべての拡張機能を示します。Roamed & Installed icon Roamed & Installed: All extensions that are part of this Roaming List and installed in your dev environment. (ローミングしない場合は、[ローミングの停止] ボタンで削除することができます。)(If you decide you do not want to roam, you can remove these by using the Stop Roaming button.)
  • インストール済みアイコン "インストール済み": この環境にインストールされ、ローミング リストにはないすべての拡張機能を示します。Installed icon Installed: All extensions that are installed in this environment, but are not part of your Roaming List. ([ローミングの開始] ボタンを使用して、拡張機能をローミング リストに追加できます。)(You can add extensions to the Roaming List by using the Start Roaming button.)

サインイン中にダウンロードした拡張機能は、ローミングおよびインストール済みとしてリストに追加され、ローミング リストに表示されます。これにより、どのコンピューターからでもアクセスできるようになります。Any extension that you download while you are signed in is added to your list as Roamed & Installed and is part of your Roaming list, which gives you access to it from any machine.

Enterprise のライブ単体テストExperience live unit testing

Visual Studio Enterprise 2017 では、ライブ単体テストを実行することで、コーディング中にエディターで単体テストの結果とコード カバレッジをライブで確認できます。In Visual Studio Enterprise 2017, live unit testing gives you live unit test results and code coverage in the editor while you are coding. .NET Framework と .NET Core の両方で C# プロジェクトと Visual Basic プロジェクトと連動し、MSTest、xUnit、NUnit の 3 つのテスト フレームワークをサポートします。It works with C# and Visual Basic projects for both the .NET Framework and .NET Core, and it supports three test frameworks of MSTest, xUnit, and NUnit.

ライブ単体テストLive Unit Testing

詳細については、「Introducing Live Unit Testing」(Live Unit Testing の概要) を参照してください。For more information, see the Introducing Live Unit Testing. Visual Studio Enterprise 2017 の各リリースで追加された新機能の一覧は、「What's new in Live Unit Testing」(Live Unit Testing の新機能) を参照してください。For a list of new features added in each release of Visual Studio Enterprise 2017, see What's new in Live Unit Testing.

CI/CD パイプラインの設定Setting up a CI/CD pipeline

自動テストAutomated testing

自動化されたテストは、DevOps パイプラインの重要な部分です。Automated testing is a key part of any DevOps pipeline. 短い周期で、一貫性と信頼性のある方法でソリューションをテストし、公開できます。It allows you to consistently and reliably test and release your solution on much shorter cycles. CI/CD (Continuous Integration and Continuous Delivery/継続的インテグレーションと継続的配信) フローにより、このプロセスがさらに効率的になります。CI/CD (Continuous Integration and Continuous Delivery) flows can help make the process more efficient.

自動化されたテストの詳細については、DevOps の 自動化テストの CI/CD パイプラインに関するブログ投稿をご覧ください。For more information about automated tests, see the CI/CD pipeline for automated tests in DevOps blog post.

Continuous Delivery Tools for Visual Studio (Visual Studio 用の継続的配信ツール) DevLabs 拡張の新機能の詳細については、「Committing with Confidence: Commit Time Code Quality (自信を持ってコミットする: タイム コードの品質をコミットする)」をご覧ください。And, for more information about what's new in the Continuous Delivery Tools for Visual Studio DevLabs extension, see the Committing with Confidence: Commit Time Code Quality blog post.

Visual Studio IDE の拡張機能Visual Studio IDE enhancements

新しいリファクタリングの使用Use new refactorings

リファクタリングは、コード作成後の改善プロセスです。Refactoring is the process of improving your code after it has been written. リファクタリングでは、動作を変更せずにコードの内部構造を変更します。Refactoring changes the internal structure of the code without changing its behavior. 新しいリファクタリングが頻繁に追加されています。ここではいくつかの例を挙げます。We add new refactorings often; here are just a few:

  • パラメーターを追加する (CallSite から)Add parameter (from CallSite)
  • オーバーライドを生成するGenerate overrides
  • 名前付き引数を追加するAdd named argument
  • パラメーターの null チェックを追加するAdd null-check for parameters
  • リテラルに桁区切り記号を挿入するInsert digit-separators into literals
  • 数値リテラルの基本を変更する (たとえば、16 進数を 2 進数に)Change base for numeric literals (for example, hex to binary)
  • if を switch に変換するConvert if-to-switch
  • 未使用の変数を削除するRemove unused variable

詳細については、クイック アクションに関するページを参照してください。For more information, see Quick Actions.

Git との連携Interact with Git

Visual Studio でプロジェクトを操作する際に、コードを迅速にセットアップしてコミットし、Git サービスにコードを公開できます。When you are working with a project in Visual Studio, you can set up and quickly commit and publish your code to a Git service. また、IDE の右下隅のボタンからメニュー クリックを使用して、Git リポジトリを管理することもできます。You can also manage your Git repositories by using menu clicks from buttons in the bottom right-hand corner of the IDE.

Visual Studio 2017 と Git ダイアログのやり取りVisual Studio 2017 interacts with the Git dialog

操作性が改善されたナビゲーション コントロールExperience improved navigation controls

より確実に混乱なく A から B に移動できるようにナビゲーション エクスペリエンスを更新しました。We've refreshed the navigation experience to help you get from A to B with greater confidence and fewer distractions.

  • 15.4 の新機能: 定義へ移動 (Ctrl キーを押しながらクリックまたは F12) – マウスを使っているユーザーは、Ctrl キーを押しながらメンバーをクリックすることで、メンバーの定義に簡単に移動することができます。New in 15.4: Go To Definition (Ctrl+click or F12) – Mouse users have an easier way to navigate to the definition of a member by pressing Ctrl and then clicking the member. Ctrl キーを押しながらコード記号の上にマウスを置くと、下線が引かれ、リンクに変わります。Pressing Ctrl and hovering over a code symbol will underline it and turn it into a link. 詳細については、「Go To Definition and Peek Definition」([定義へ移動] および [定義をここに表示]) を参照してください。See Go To Definition and Peek Definition for more information.

  • 実装に移動 (Ctrl + F12) –任意の基本データ型やメンバーから各種実装に移動します。Go To Implementation (Ctrl+F12) – Navigate from any base type or member to its various implementations.

  • すべてにジャンプ (Ctrl + T または Ctrl + ,) – 任意のファイル/型/メンバー/シンボル宣言に直接移動します。Go To All (Ctrl+T or Ctrl+,) – Navigate directly to any file/type/member/symbol declaration. 結果の一覧をフィルターしたり、クエリ構文 (例: ファイルは “f searchTerm”、型は “t searchTerm” など) を使用したりできます。You can filter your result list or use the query syntax (for example, "f searchTerm" for files, "t searchTerm" for types, etc.).

    [すべてにジャンプ] の機能強化Improved Go To All

  • すべての参照の検索 (Shift + F12) – 構文の色付けにより、[すべての参照の検索] の結果をプロジェクト、定義、パスの組み合わせでグループ化できます。Find All References (Shift+F12) – With syntax colorization, you can group Find All Reference results by a combination of project, definition, and path. また、結果を "ロック" して元の結果を失うことなく別の参照を検索できます。You can also "lock" results so that you can continue to find other references without losing your original results.

    新しい [すべての参照の検索] ツールNew Find All References tool

  • Structure Visualizer(構造ビジュアライザ) – 灰色の縦の点線 (インデント ガイド) がコード内のランドマークとしての役割を果たし、ビューのフレーム内のコンテキストを提供します。Structure Visualizer – Dotted, gray vertical lines (indent guides) act as landmarks in code to provide context within your frame of view. おすすめの Productivity Power Tools で認識できます。You may recognize them from the popular Productivity Power Tools. これを使用することで、スクロールすることなく現在作業しているコード ブロックを視覚化して検出できます。You can use them to visualize and discover what block of code you're in at any time without having to scroll. 行にカーソルを置くとツールチップが表示され、そのブロックの開始地点とその親を確認できます。Hovering over the lines displays a tooltip that shows you the opening of that block and its parents. TextMate 文法を介してサポートされるすべての言語のほか、C#、Visual Basic、XAML で使用できます。It's available for all the languages supported via TextMate grammars, as well as C#, Visual Basic, and XAML.

Visual Studio 2017 の構造ビジュアライザーVisual Studio 2017 structure visualizer

新しい生産性向上機能の詳細については、Visual Studio 2017 での生産性向上に関する Mark Wilson-Thomas のブログ投稿を参照してください。For more information about the new productivity features, see the Productivity in Visual Studio 2017 blog post by Mark Wilson-Thomas.

Visual C++Visual C++

Visual Studio には、C++ Core ガイドラインの配信、C++11 および C++ 機能の拡張サポートを追加することによるコンパイラの更新、C++ ライブラリへの機能の追加および更新など、いくつかの改善が加えられています。You'll see several improvements in Visual Studio, such as distributing C++ Core Guidelines with Visual Studio, updating the compiler by adding enhanced support for C++11 and C++ features, and adding and updating functionality in the C++ libraries. また、C++ IDE やインストールのワークロードなどのパフォーマンスも改善しました。We've also improved the performance of the C++ IDE, installation workloads, and more.

同時に 250 以上のバグを修正し、コンパイラおよびツールの問題をレポートしてきました。その多くは Microsoft Connect を通じてお客様から寄せられたものです。As well, we've fixed over 250 bugs and reported issues in the compiler and tools, many submitted by customers through Microsoft Connect.

詳細については、Visual 2017 での Visual C++ の新機能に関するページを参照してください。For complete details, see the What's New for Visual C++ in Visual 2017 page.

デバッグと診断Debugging and Diagnostics

クリックで実行Run to Click:

デバッグ中に必要な行に止まるためにブレークポイントを設定することなく、簡単に前方にスキップできるようになりました。Now, you can more easily skip ahead during debugging without setting a breakpoint to stop on the line you want. デバッガーが停止した場合は、コード行の横に表示されるアイコンをクリックします。When you are stopped in the debugger, just click the icon that appears next to the line of code. 次にコード パスでその地点に到達すると、その行でコードが実行されて停止します。Your code will run and stop on that line the next time it is hit in your code path.

Visual Studio 2017 のデバッグ - クリックで実行Visual Studio 2017 debug - Run To Click

新しい例外ヘルパー:The new Exception Helper:

新しい例外ヘルパーを使用すると、例外情報を一目で確認できます。The new Exception Helper helps you view your exception information at-a-glance. 情報はコンパクトな形式で表示され、内部の例外に簡単にアクセスできます。The information is presented in a compact form with instant access to inner exceptions. NullReferenceException を診断するときに、例外ヘルパー内の null をすばやく確認できます。When you diagnose a NullReferenceException, you can quickly see what was null right inside the Exception Helper.

新しい例外ヘルパー ダイアログThe New Exception Helper dialog in Visual Studio

詳細については、「Using the New Exception Helper in Visual Studio」 (Visual Studio で新しい例外ヘルパーを使用する) のブログの投稿を参照してください。For more information, see the Using the New Exception Helper in Visual Studio blog post.

スナップショットと IntelliTrace ステップ バック:Snapshots and IntelliTrace step-back:

15.5 の新機能: IntelliTrace ステップ バックでは、ブレークポイントおよびデバッガー ステップ イベントごとにアプリケーションのスナップショットを自動的に取得します。New in 15.5: IntelliTrace step-back automatically takes a snapshot of your application at every breakpoint and debugger step event. 記録されたスナップショットにより、前のブレークポイントまたはステップに戻り、過去の時点でのアプリケーションの状態を確認できるようになります。The recorded snapshots enable you to go back to previous breakpoints or steps and view the state of the application as it was in the past. IntelliTrace ステップ バックでは、以前のアプリケーションの状態を確認したいが、デバッグの再開や必要なアプリ状態の再作成は必要でない場合に時間を節約できます。IntelliTrace step-back can save you time when you want to see the previous application state but don't want to restart debugging or recreate the desired app state.

スナップショット間を移動して表示するには、デバッグ ツールバーの [前に戻る] ボタンと [次へ進む] ボタンを使用します。You can navigate and view snapshots by using the Step Backward and Step Forward buttons in the Debug toolbar. これらのボタンを使用して、[診断ツール] ウィンドウの [イベント] タブに表示されるイベント間を移動します。These buttons navigate the events that appear in the Events tab in the Diagnostic Tools window. あるイベントに戻るまたは進むと、選択したイベントの過去のデバッグが自動的に有効になります。Stepping backward or forward to an event automatically activates historical debugging on the selected event.

Visual Studio の新しい例外ヘルパー ダイアログThe New Exception Helper dialog in Visual Studio

詳細については、「IntelliTrace ステップ バックを使用してスナップショットを表示する」のページ参照してください。For more information, see the View snapshots using IntelliTrace step-back page.

コンテナー詰めContainerization

コンテナーを使用することで、生産性と DevOps アジリティを高めるだけでなく、アプリの集積度を増やし、展開コストを下げることができます。Containers provide you with increased app density and lower deployment cost along with improved productivity and DevOps agility.

Docker コンテナーのツールDocker Container Tooling

15.5 の新機能New in 15.5

  • Visual Studio には Docker コンテナー用のツールが含まれており、最適化されたコンテナー イメージの作成を効率化するマルチステージの Dockerfile がサポートされるようになりました。Visual Studio includes tools for Docker containers that now support multi-stage Dockerfiles, which streamline creating optimized container images.
  • 既定では、Docker サポートが含まれるプロジェクトを開くと、Visual Studio が必要なコンテナー イメージをバックグラウンドで自動的にプル、ビルド、および実行します。By default, Visual Studio will automatically pull, build, and run the necessary container images in the background when you open a project that has Docker support. これは Visual Studio の [コンテナーをバックグラウンドで自動的に開始する]設定で無効にすることができます。You can disable this via the Automatically start containers in background setting in Visual Studio.

Azure によるクラウド アプリの開発Cloud app development with Azure

Azure Functions ツールAzure Functions Tools

"Azure 開発" ワークロードの一部として、コンパイル済みの C# クラス ライブラリを利用して Azure Functions を開発するためのツールを追加しました。As part of the "Azure development" workload, we've included tools to help you develop Azure functions by using pre-compiled C# class libraries. ローカルの開発マシンでビルドし、実行し、デバッグし、Visual Studio から Azure に直接公開できます。Now you can build, run, and debug on your local development machine and then publish directly to Azure from Visual Studio.

詳細については、「Azure Functions Tools for Visual Studio」 (Visual Studio の Azure Functions ツール) ページを参照してください。For more information, see the Azure Functions Tools for Visual Studio page.

ライブ Azure アプリケーションでスナップショットとログポイントを使用して、ライブ ASP.NET アプリをデバッグするDebug live ASP.NET apps using snappoints and logpoints in live Azure applications

15.5 の新機能: スナップショット デバッガーは、対象コードの実行時に実稼働アプリのスナップショットを取得します。New in 15.5: The Snapshot Debugger takes a snapshot of your in-production apps when code that you are interested in executes. スナップショットを取得するようにデバッガーに指示するには、コードでスナップショットとログポイントを設定します。To instruct the debugger to take a snapshot, you set snappoints and logpoints in your code. デバッガーでは、実稼働アプリケーションのトラフィックに影響を与えることなく、問題を正確に確認できます。The debugger lets you see exactly what went wrong, without impacting traffic of your production application. スナップショット デバッガーは、実稼働環境で発生する問題の解決にかかる時間を大幅に短縮するのに役立ちます。The Snapshot Debugger can help you dramatically reduce the time it takes to resolve issues that occur in production environments.

スナップショット コレクションは、Azure App Service で実行されている次の Web アプリで利用できます。Snapshot collection is available for the following web apps running in Azure App Service:

  • .NET Framework 4.6.1 以降で実行されている ASP.NET アプリケーション。ASP.NET applications running on .NET Framework 4.6.1 or later.
  • Windows の .NET Core 2.0 以降で実行されている ASP.NET Core アプリケーション。ASP.NET Core applications running on .NET Core 2.0 or later on Windows.

詳細については、スナップショットとログポイントを使用するライブ ASP.NET アプリのデバッグに関するページを参照してください。For more information, see Debug live ASP.NET apps using snappoints and logpoints.

Windows アプリ開発Windows app development

ユニバーサル Windows プラットフォームUniversal Windows Platform

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) は Windows 10 用のアプリ プラットフォームです。The Universal Windows Platform (UWP) is the app platform for Windows 10. API セット、アプリ パッケージ、ストアをそれぞれ 1 つ使用するだけで、すべての Windows 10 デバイス (PC、タブレット、電話、Xbox、HoloLens、Surface Hub など) で利用可能な UWP 用アプリを開発できます。You can develop apps for UWP with just one API set, one app package, and one store to reach all Windows 10 devices – PC, tablet, phone, Xbox, HoloLens, Surface Hub, and more. UWP では、異なる画面サイズやさまざまな相互作用モデル (タッチ、マウスとキーボード、ゲーム コントローラー、ペン) がサポートされます。UWP supports different screen sizes and a variety of interaction models, whether it be touch, mouse and keyboard, a game controller, or a pen. UWP アプリの中核となるのは、ユーザーがすべてのデバイスでモバイル エクスペリエンスを手に入れたい、目の前の作業に最も便利または効率的なデバイスを使用したいという考え方です。At the core of UWP apps is the idea that users want their experiences to be mobile across ALL their devices, and they want to use whatever device is most convenient or productive for the task at hand.

ユニバーサル Windows プラットフォームUniversal Windows Platform

希望する開発言語を —C#、Visual Basic、C++ または JavaScript の中から—選び、Windows 10 デバイスを対象とするユニバーサル Windows プラットフォーム アプリを作成します。Choose your preferred development language—from C#, Visual Basic, C++, or JavaScript—to create a Universal Windows Platform app for Windows 10 devices. Visual Studio 2017 には、各言語の UWP アプリ テンプレートが用意されており、すべてのデバイスを対象とした単一のプロジェクトを作成できます。Visual Studio 2017 provides a UWP app template for each language that lets you create a single project for all devices. 作業が終わったら、アプリ パッケージを生成し、Visual Studio 内から Microsoft Store に提出できます。これで、すべての Windows 10 デバイスのユーザーにアプリが公開されます。When your work is finished, you can produce an app package and submit it to Microsoft Store from within Visual Studio to get your app out to customers on any Windows 10 device.

15.5 の新機能New in 15.5
Visual Studio 2017 バージョン 15.5 では、Windows 10 Fall Creators Update SDK (10.0.16299.0) の最適なサポートが提供されます。Visual Studio 2017 version 15.5 provides the best support for the Windows 10 Fall Creators Update SDK (10.0.16299.0). また、Windows 10 Fall Creators Update により、UWP 開発者のための数多くの機能が強化されます。The Windows 10 Fall Creators Update also brings many improvements for UWP developers. 最も大きな変更点をいくつか以下に示します。Here are some of the biggest changes:

  • .NET Standard 2.0 のサポートSupport for .NET Standard 2.0
    Windows 10 Fall Creators Update は、アプリ配置を効率化するだけでなく、.NET Standard 2.0 サポートを提供する Windows 10 の最初のリリースとなります。In addition to streamlined app deployment, the Windows 10 Fall Creators Update is the first release of Windows 10 to provide .NET Standard 2.0 support. 実際には、.NET Standard は、すべての .NET プラットフォームで実装できる基本クラス ライブラリの参照実装です。Effectively, .NET Standard is a reference implementation of the base class library that any .NET platform can implement. .NET Standard の目的は、.NET 開発者が作業用に選択したすべての .NET プラットフォームでコードをできるだけ簡単に共有できるようにすることです。The goal of .NET Standard is to make it as easy as possible for .NET developers to share code across any .NET platform they choose to work on.
  • UWP と Win32 の両方に長所The best of both UWP and Win32
    デスクトップ ブリッジを使用して Windows 10 プラットフォームを改善しました。これにより、現在のフォーカスが UWP、WPF、Windows Forms、または Xamarin のいずれにあるかに関係なく、すべての .NET 開発者は Windows 10 を改善することができます。We have improved the Windows 10 Platform with the Desktop Bridge to make Windows 10 better for all .NET developers, whether their current focus is on UWP, WPF, Windows Forms, or Xamarin. Visual Studio 2017 バージョン 15.5 の新しいアプリ パッケージング プロジェクト タイプを使用することで、UWP プロジェクトの場合と同じように、WPF または Windows Forms プロジェクトの Windows アプリケーション パッケージを作成できます。With the new App Packaging project type in Visual Studio 2017 version 15.5, you can create Windows App Packages for your WPF or Windows Forms projects, just like you can for UWP projects. アプリをパッケージ化すると、Windows 10 アプリ配置のすべての利点が得られ、Microsoft Store (コンシューマー アプリケーションの場合) または Microsoft Store for Business と Education を通じて配布することができます。After you package your app, you get all the Windows 10 app deployment benefits and have the option to distribute via Microsoft Store (for consumer apps) or Microsoft Store for Business and Education. パッケージ化されたアプリは完全な UWP API 画面とデスクトップ上の Win32 API の両方にアクセスできるため、WPF および Windows Forms アプリケーションを UWP API および Windows 10 の機能で段階的に最新化できるようになりました。Because packaged apps have access to both the full UWP API surface and the Win32 APIs on desktop, you can now modernize your WPF and Windows Forms applications gradually with UWP APIs and Windows 10 features. さらに、すべての Win32 機能を使用して、デスクトップ上で点灯する UWP アプリケーションに Win32 コンポーネントを含めることができます。Moreover, you can include your Win32 components in your UWP applications that light up on desktop with all Win32 capabilities.

UWP の詳細については、「ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 向けアプリの開発」を参照してください。For more information about UWP, see the Develop apps for the Universal Windows Platform (UWP) page.

モバイル アプリの開発Mobile app development

XamarinXamarin

".NET によるモバイル開発" ワークロードの一部として、C#、.NET、Visual Studio に詳しい開発者は Xamarin を利用し、Android、iOS、Windows のネイティブ アプリを開発できます。As part of the "Mobile development with .NET" workload, developers familiar with C#, .NET, and Visual Studio can deliver native Android, iOS, and Windows apps by using Xamarin. 開発者は、Android、iOS、および Windows デバイスでのリモート デバッグなど、モバイル アプリを Xamarin で開発する場合 — Objective-C または Java のようなネイティブのコーディング言語を習得しなくても、同じ機能と生産性を享受できます。Developers can enjoy the same the power and productivity when working with Xamarin for mobile apps, including remote debugging on Android, iOS, and Windows devices—without having to learn native coding languages like Objective-C or Java.

詳細については、「Visual Studio と Xamarin」ページを参照してください。For more information, see the Visual Studio and Xamarin page.

権利エディターEntitlements editor

15.3 の新機能: iOS 開発で必要になることから、スタンドアロンの権利エディターを追加しました。New in 15.3: For your iOS development needs, we've added a stand-alone Entitlements editor. 使いやすい UI で簡単に閲覧できます。It includes a user-friendly UI that can be easily browsed. entitlements.plist ファイルをダブルクリックすると起動します。To launch it, double-click your entitlements.plist file.

Xamarin の権利エディターEntitlement editor for Xamarin

Xamarin 用の Visual Studio ツールVisual Studio Tools for Xamarin

15.4 の新機能: Xamarin Live では、開発者は iOS および Android デバイスで直接、アプリの継続的な展開、テスト、デバッグができます。New in 15.4: Xamarin Live enables developers to continuously deploy, test, and debug their apps, directly on iOS and Android devices. Xamarin Live Player (—App Store または Google Play で利用可能—) をダウンロードした後、デバイスを Visual Studio とペアリングすることで、モバイル アプリの構築方法を一変させることができます。After downloading the Xamarin Live Player—available in the App Store or on Google Play—you can pair your device with Visual Studio and revolutionize the way you build mobile apps. この機能は、Visual Studio に含まれるようになりました。[ツール]、[オプション]、[Xamarin]、[その他]、[Xamarin Live Player を有効にする] の順に移動して有効にすることができます。This functionality is now included in Visual Studio and can be enabled by going to Tools > Options > Xamarin > Other > Enable Xamarin Live Player.

Xamarin Live Player のペアリング、展開、ライブ エディット モードのアニメーション

Visual Studio アプリ センターVisual Studio App Center

15.5 の新機能: Visual Studio App Center (Android、iOS、macOS、Windows アプリで現在一般公開されています) には、自動化されたビルド、クラウドの実際のデバイスでのテスト、ベータ テスターとアプリ ストアへの配布、クラッシュと分析データによる実際の使用状況の監視など、アプリのライフサイクルを管理するために必要なすべてのものがあります。New in 15.5: Visual Studio App Center—which is now generally available for Android, iOS, macOS, and Windows apps—has everything you need to manage the lifecycle of your apps, including automated builds, testing on real devices in the cloud, distribution to beta testers and app stores, and monitoring of real-world usage through crash and analytics data. Objective-C、Swift、Java、C#、Xamarin、React Native で作成されたアプリはすべての機能でサポートされます。Apps written in Objective-C, Swift, Java, C#, Xamarin, and React Native are supported across all features.

Visual Studio App Center のテスト環境

詳細については、「Introducing App Center: Build, Test, Distribute and Monitor Apps in the Cloud」 (App Center の概要: クラウドでのアプリのビルド、テスト、配布および監視) というブログ投稿を参照してください。For more information, see the Introducing App Center: Build, Test, Distribute and Monitor Apps in the Cloud blog post.

プラットフォーム間の開発Cross-platform development

Redgate Data ToolsRedgate Data Tools

DevOps 機能を SQL Server データベース開発に拡張するために、Visual Studio で Redgate Data Tools が利用できるようになりました。To extend DevOps capabilities to SQL Server database development, Redgate Data Tools are now available in Visual Studio.

Visual Studio 2017 Enterprise に付属:Included with Visual Studio 2017 Enterprise:

  • Redgate ReadyRoll Core は、移行スクリプトの開発、ソース管理によるデータベースの変更管理、アプリケーション変更と並行した SQL Server データベース変更の配置の安全な自動化に役立ちます。Redgate ReadyRoll Core helps you develop migration scripts, manage database changes using source control, and safely automate deployments of SQL Server database changes alongside applications changes.
  • Redgate SQL Prompt Core を利用すると、インテリジェントなコード入力候補機能により、SQL を短時間で正確に記述できます。Redgate SQL Prompt Core helps you write SQL more quickly and accurately with the help of intelligent code completion. SQL Prompt は、データベース、システム オブジェクト、キーワードをオートコンプリートし、入力と同時に列の入力候補を提案します。SQL Prompt autocompletes database and system objects and keywords, and offers column suggestions as you type. 列の名前やエイリアスを覚える必要がないため、結果として、間違いが少なく、読みやすいコードが完成します。This results in cleaner code and fewer errors because you don't have to remember every column name or alias.

Visual Studio 2017 のすべてのエディションに付属:Included with all editions of Visual Studio 2017:

  • Redgate SQL Search では、複数のデータベースから SQL のフラグメントやオブジェクトをすばやく見つけることができ、生産性が向上します。Redgate SQL Search increases your productivity by helping you quickly find SQL fragments and objects across multiple databases.

詳細については、ブログの投稿「Redgate Data Tools in Visual Studio 2017」 (Visual Studio 2017 の Redgate Data Tools) を参照してください。To learn more, see the Redgate Data Tools in Visual Studio 2017 blog post.

.NET Core.NET Core

.NET Core は、モジュール形式のクロスプラットフォームかつオープン ソースを実装した汎用の .NET Standard です、.NET Framework と同じ API がたくさん含まれています。.NET Core is a general purpose, modular, cross-platform, and open source implementation of the .NET Standard and contains many of the same APIs as the .NET Framework.

.NET Core プラットフォームは複数コンポーネントで構成され、マネージ コンパイラ、ランタイム、基本クラス ライブラリ、および ASP.NET Core などの多数のアプリケーション モデルが含まれます。The .NET Core platform is made of several components, which include the managed compilers, the runtime, the base class libraries, and numerous application models, such as ASP.NET Core. .NET Core は、Windows、Linux、macOS の 3 つの主要オペレーティング システムをサポートしています。.NET Core supports three main operating systems: Windows, Linux, and macOS. .NET Core は、デバイス、クラウド、埋め込み/IoT のシナリオで使用できます。You can use .NET Core in device, cloud, and embedded/IoT scenarios.

Docker 対応にもなりました。And, it now includes Docker support.

15.3 の新機能: Visual Studio 2017 バージョン 15.3 は .NET Core 2.0 開発に対応しています。New in 15.3: Visual Studio 2017 version 15.3 supports .NET Core 2.0 development. .NET Core 2.0 を使用するには、.NET Core 2.0 SDK を別にダウンロードし、インストールする必要があります。Using .NET Core 2.0 requires downloading and installing the .NET Core 2.0 SDK separately.

詳細については、「.NET Core ガイド」ページを参照してください。For more information, see the .NET Core Guide page.

ゲーム開発Games development

Visual Studio Tools for UnityVisual Studio Tools for Unity

"Unity のゲーム開発" ワークロードの一部として、2D ゲーム、3D ゲーム、対話型コンテンツを開発するためのクロスプラットフォーム開発に役立つツールを追加しました。As part of the "Games development for Unity" workload, we've included tools to help you develop cross-platform to create 2D and 3D games and interactive content. Visual Studio 2017 と Unity 5.6 を利用することで、1 回作成するだけですべてのモバイル プラットフォーム、WebGL、Mac、PC、Linux デスクトップ、Web、コンソールなど、21 のプラットフォームに発行できます。Create once and publish to 21 platforms, including all mobile platforms, WebGL, Mac, PC and Linux desktop, web, or consoles by using Visual Studio 2017 and Unity 5.6.

詳しくは、「Visual Studio Tools for Unity」 (Unity の Visual Studio ツール) をご覧ください。For more information, see the Visual Studio Tools for Unity page.

AI の開発AI development

Visual Studio Tools for AIVisual Studio Tools for AI

15.5 の新機能: Visual Studio の生産性機能を使用して、今日の AI 革新を高速化します。New in 15.5: Use the productivity features of Visual Studio to accelerate AI innovation today. 組み込みコード エディターの構文強調表示、IntelliSense、テキスト自動書式設定などの機能を使用します。Use built-in code editor features like syntax highlighting, IntelliSense, and text auto formatting. ローカル変数とモデルに対してステップ実行デバッグを使用して、ローカル環境でディープ ラーニング アプリケーションを対話的にテストできます。You can interactively test your deep learning application in your local environment by using step-through debugging on local variables and models.

ディープ ラーニング IDE

詳細については、「Visual Studio Tools for AI」のページを参照してください。For more information, see the Visual Studio Tools for AI page.

ご意見Talk to us

Visual Studio チームにフィードバックを送ることにどんな意味があるのでしょうか?Why send feedback to the Visual Studio team? お客様からのフィードバックは、すべて真剣に考慮することにしています。Because we take customer feedback seriously. フィードバックによって今後の動向が左右されることになります。It drives much of what we do.

Visual Studio を向上させることができるご提案がある場合、または問題を報告する場合は、「ご意見」ページを参照してください。If you want to make a suggestion about how we can improve Visual Studio, or report a problem, please see the Talk to Us page.

問題を報告するReport a problem

メッセージは、発生した問題の影響をすべて表せていない場合があります。Sometimes, a message isn't enough to convey the full impact of a problem you've encountered. ハング、クラッシュ、またはその他のパフォーマンスの問題が発生した場合、[問題の報告] ツールを使用すると、再現手順やサポート ファイル (スクリーン ショット、トレース ファイル、ヒープ ダンプ ファイルなど) を簡単に Microsoft と共有することができます。If you experience a hang, crash, or other performance issue, you can easily share repro steps and supporting files (such as screenshots, and trace and heap dump files) with us by using the Report a Problem tool. このツールの使用方法については、問題を報告する方法に関するページを参照してください。For more information about how to use this tool, see the How to Report a Problem page.

問題点を Connect で追跡するTrack your issue in Connect

Visual Studio に関するフィードバックの状況を追跡するには、 Connect でバグ報告をしてください。If want to track the status of your Visual Studio feedback, go to Connect and report the bug there. 報告したら、Connect に戻って、その状態を追跡することができます。After you report it, you can return to Connect to track its status.

参照See Also