Visual Studio 2019 の新機能What's new in Visual Studio 2019

16.3 リリースの更新Updated for the 16.3 release

Visual Studio 2019 では、あらゆる開発者、アプリ、プラットフォームを対象とした最高クラスのツールとサービスを提供しています。With Visual Studio 2019, you'll get best-in-class tools and services for any developer, any app, and any platform. Visual Studio を初めて使用する方も、長年使用している方も、この新しいバージョンを気に入っていただけるでしょう。Whether you're using Visual Studio for the first time or you've been using it for years, there's a lot to like in this new version!

新機能の大まかな要約を示します。Here's a high-level recap of what's new:

  • 開発 :パフォーマンスの向上、迅速なコードのクリーンアップ、優れた検索結果による生産性向上に引き続き注力しています。Develop: Stay focused and productive with improved performance, instant code cleanup, and better search results.
  • 共同作業 :Git ファーストのワークフロー、リアルタイムでの編集とデバッグ、Visual Studio でのコード レビューによる自然な共同作業を体験してください。Collaborate: Enjoy natural collaboration through a Git-first workflow, real-time editing and debugging, and code reviews right in Visual Studio.
  • デバッグ :特定の値を強調表示してそこに移動したり、メモリの使用を最適化したり、アプリケーションの実行のスナップショットを自動的に取得したりできます。Debug: Highlight and navigate to specific values, optimize memory use, and take automatic snapshots of your application's execution.

このバージョンのすべての新機能の一覧は、リリース ノートを参照してください。For a complete list of everything that's new in this version, see the release notes.

開発Develop

新機能を利用して時間を節約する方法について詳しくは、次のビデオをご覧ください。View the following video to learn more about how you can save time with new features.

"ビデオの長さ:3.00 分"Video length: 3.00 minutes

新しい検索エクスペリエンス (以前のクイック起動) は、より高速でより効果的になりました。Formerly known as Quick Launch, our new search experience is faster and more effective. 入力すると、検索結果が動的に表示されるようになりました。Now, search results appear dynamically as you type. また、将来使用するためにコマンドをより簡単に記憶できるように、検索結果にコマンドのキーボード ショートカットが含まれるようになりました。And, search results can often include keyboard shortcuts for commands, so that you can more easily memorize them for future use.

Visual Studio 2019 の新しい検索エクスペリエンスのアニメーション

新しいあいまい検索ロジックでは、入力ミスがあっても、目的の内容を検索できます。The new fuzzy search logic will find anything you need, regardless of typos. 新しい検索機能は、探しているものがコマンド、設定、ドキュメント、またはその他の便利な機能であるかに関わらず、検索対象を見つけやすくします。So, whether you're looking for commands, settings, documentation, or other useful things, the new search feature makes it easier to find what you're looking for.

リファクタリングRefactorings

C# には非常に便利な新しいリファクタリングが多数あります。これにより、コードの整理がより簡単になります。There are lots of new and highly useful refactorings in C# that make it easier to organize your code. それらは電球で提案として表示されます。インターフェイスや基底クラスへのメンバーの移動、フォルダー構造に一致させるための名前空間の調整、foreach ループの Linq クエリへの変換などのアクションが含まれています。They show up as suggestions in the light bulb and include actions such as moving members to interface or base class, adjusting namespaces to match folder structure, convert foreach-loops to Linq queries, and more.

Visual Studio 2019 のリファクタリングのアニメーション

Ctrl +. を押し、Simply invoke the refactorings by pressing Ctrl+. 実行するアクションを選択するだけでリファクタリングを呼び出せます。and selecting the action you want to take.

IntelliCodeIntelliCode

Visual Studio IntelliCode は、人工知能 (AI) を使用したソフトウェア開発作業を強化します。Visual Studio IntelliCode enhances your software development efforts by using artificial intelligence (AI). IntelliCode は GitHub 上の 2,000 のオープン ソース プロジェクト (それぞれに 100 個以上の星が付いています) 全体をトレーニングして、レコメンデーションを生成します。IntelliCode trains across 2,000 open-source projects on GitHub—each with over 100 stars—to generate its recommendations.

Visual Studio 2019 の IntelliCode のアニメーション

Visual Studio IntelliCode が生産性の強化に役立つ方法を次にいくつか示します。Here are a few ways that Visual Studio IntelliCode can help enhance your productivity:

  • 文脈に合わせてコードの入力候補を示すDeliver context-aware code completions
  • チームのパターンやスタイルに準拠するように開発者を導くGuide developers to adhere to the patterns and styles of their team
  • 見つけにくいコード問題を見つけるFind difficult-to-catch code issues
  • コード レビューの焦点を本当に重要な領域に向けるFocus code reviews by drawing attention to areas that really matter

Visual Studio 向けの拡張機能として IntelliCode を初めてプレビューしたときには、C# しかサポートしていませんでした。We initially supported only C# when we first previewed the IntelliCode as an extension for Visual Studio. 今回、16.1 の新機能として C# と XAML のサポートを追加しました。Now, new in 16.1, we've added support for C# and XAML "in-the-box". (ただし、C++ と TypeScript/JavaScript のサポートはまだプレビュー段階です。)(Support for C++ and TypeScript/JavaScript are still in preview, however.)

C# を使用している場合は、独自のコードでカスタム モデルをトレーニングする機能も追加されました。And if you're using C#, we've also added the ability to train a custom model on your own code.

IntelliCode に関する詳細については、ブログ投稿の「Announcing the general availability of IntelliCode plus a sneak peek」 (IntelliCode の一般提供の告知とちら見せ) と「Code more, scroll less with Visual Studio IntelliCode」 (Visual Studio IntelliCode でコードを増やし、スクロールを少なく) を参照してください。For more information about IntelliCode, see the Announcing the general availability of IntelliCode plus a sneak peek and Code more, scroll less with Visual Studio IntelliCode blog posts.

コードのクリーンアップCode cleanup

新しいドキュメントの正常性インジケーターと組み合わされたのが、新しいコード クリーンアップ コマンドです。Paired with a new document health indicator is a new code cleanup command. この新しいコマンドを使用して、警告と提案を特定し、ボタンをクリックして両方を修正することができます。You can use this new command to identify and then fix both warnings and suggestions with the click of a button.

クリーンアップにより、コードが書式設定され、現在の設定および .editorconfig ファイルのいずれかの提案に従って、任意のコード修正が適用されます。The cleanup will format the code and apply any code fixes as suggested by the current settings and .editorconfig files.

Visual Studio 2019 の新しいコード クリーンアップ コントロールのスクリーン ショット

修正機能のコレクションをプロファイルとして保存することもできます。You can also save collections of fixers as a profile. たとえば、コードを書いている間に頻繁に適用する小規模なターゲット修正機能があり、コード レビューの前に適用する完全な修正機能のセットがそれ以外にある場合は、それらの異なるタスクに対処するためのプロファイルを構成することができます。For example, if you have a small set of targeted fixers that you apply frequently while you code, and then you have another comprehensive set of fixers to apply before a code review, you can configure profiles to address these different tasks.

Visual Studio 2019 の構成コード クリーンアップ コントロールのスクリーンショット

Per-monitor aware (PMA) レンダリングPer-monitor aware (PMA) rendering

異なる表示倍率で構成されているモニターを使用する場合、またはご使用のメイン デバイスとは異なる表示倍率を持つマシンにリモートで接続する場合、Visual Studio がぼやけて見えたり、間違ったスケールでレンダリングされる場合があります。If you use monitors that are configured with different display scale factors, or connect remotely to a machine with display scale factors that are different from your main device, you might notice that Visual Studio looks blurry or renders at the wrong scale.

Visual Studio 2019 のリリースにより、Visual Studio を Per-monitor aware (PMA) アプリケーションにすることができます。With the release of Visual Studio 2019, we're making Visual Studio a per-monitor aware (PMA) application. お使いのディスプレイ スケール要素に関係なく、Visual Studio で正しくレンダリングできるようになりました。Now, Visual Studio renders correctly regardless of the display scale factors you use.

Visual Studio 2019 の Per-monitor aware (PMA) レンダリング

詳細については、Visual Studio 2019 を使ったマルチモニター エクスペリエンスの向上に関するブログ記事をご覧ください。For more information, see the Better multi-monitor experience with Visual Studio 2019 blog post.

テスト エクスプローラーTest Explorer

16.2 の新機能: テスト エクスプローラーを更新しました。これにより、大規模なテスト セットの処理の改善、フィルター処理の簡易化、コマンドの見つけやすさの向上、プレイリスト ビューのタブ化、および表示するテスト情報をユーザーが微調整できるカスタマイズ可能な列が実現されます。New in 16.2: We've updated Test Explorer to provide better handling of large test sets, easier filtering, more discoverable commands, tabbed playlist views, and customizable columns that let you fine-tune what test information is displayed.

テスト エクスプローラーでのユーザー インターフェイスの改善を示すスクリーン ショット

.NET Core.NET Core

16.3 の新機能: .NET Core 3.0. のサポートを追加しました。New in 16.3: We've included support for .NET Core 3.0. クロスプラットフォームかつオープン ソース—Microsoft によって完全にサポートされています。Cross-platform, open source—and fully supported by Microsoft.

詳細については、「Announcing .NET Core 3.0」 (.NET Core 3.0 の発表) のブログ記事を参照してください。For more information, see the Announcing .NET Core 3.0 blog post.

共同作業Collaborate

問題を解決するためにチームを作る方法について詳しくは、次のビデオをご覧ください。View the following video to learn more about how you can team up to solve issues.

"ビデオの長さ:4.22 分"Video length: 4.22 minutes

クラウド ファーストのワークフローCloud-first workflow

Visual Studio 2019 を開いてまず気付くことは、新しいスタート ウィンドウです。Something you'll notice when you open Visual Studio 2019 is its new start window.

Visual Studio 2019 の新しいスタート ウィンドウのスクリーンショット

スタート ウィンドウには、コードをすばやく書くためのいくつかのオプションが表示されています。The start window presents you with several options to get you to code quickly. 最初に、リポジトリからコードを複製したりチェックアウトしたりできるオプションを追加しました。We've placed the option to clone or check out code from a repo, first.

Visual Studio 2019 の 'Git ファースト' エクスペリエンスのアニメーション

スタート ウィンドウには、プロジェクトやソリューションを開いたり、ローカル フォルダーを開いたり、新しいプロジェクトを作成したりするオプションも含まれています。The start window also includes options to open a project or solution, open a local folder, or create a new project.

詳しくは、「Get to code:How we designed the new Visual Studio start window (コードを取得: 新しい Visual Studio 開始ウィンドウの設計方法)」のブログ投稿をご覧ください。For more information, see the Get to code: How we designed the new Visual Studio start window blog post.

Live ShareLive Share

Visual Studio Live Share は開発者向けのサービスであり、これを使用することで、コードベースとそのコンテキストをチームメイトと共有し、Visual Studio 内から直接、双方向のインスタント コラボレーションを実現できます。Visual Studio Live Share is a developer service that allows you to share a codebase and its context with a teammate and get instant bidirectional collaboration directly from within Visual Studio. Live Share では自分が共有したプロジェクトをチームメイトがシームレスかつ安全に読み取り、移動、編集、デバッグすることができます。With Live Share, a teammate can read, navigate, edit, and debug a project that you've shared with them, and do so seamlessly and securely.

また、Visual Studio 2019 では、このサービスは既定でインストールされます。And with Visual Studio 2019, this service is installed by default.

Visual Studio 2019 の Live Share コラボレーション機能を示すアニメーション

詳しくは、「Visual Studio Live Share for real-time code reviews and interactive education」(Visual Studio Live Share のリアルタイム コード レビューと対話型の教育) と「Live Share now included with Visual Studio 2019」(Visual Studio 2019 に Live Share を導入) のブログ投稿を参照してください。For more information, see the Visual Studio Live Share for real-time code reviews and interactive education blog post and the Live Share now included with Visual Studio 2019 blog post.

統合されたコード レビューIntegrated code reviews

ダウンロードして Visual Studio 2019 で使用できる新しい拡張機能を導入しました。We're introducing a new extension that you can download to use with Visual Studio 2019. この新しい拡張機能を使用すると、Visual Studio を離れることなく、チームからのプル要求を確認、実行、さらにはデバッグすることもできます。With this new extension, you can review, run, and even debug pull requests from your team without leaving Visual Studio. GitHub と Azure DevOps の両方のリポジトリのコードをサポートしています。We support code in both GitHub and Azure DevOps repositories.

Visual Studio 2019 の新しいスタート ウィンドウのスクリーンショット

詳細については、ブログ投稿の「Code reviews using the Visual Studio Pull Requests extension」 (Visual Studio プル要求拡張を利用したコード レビュー) を参照してください。For more information, see the Code reviews using the Visual Studio Pull Requests extension blog post.

デバッグDebug

デバッグ中に正確なターゲット設定に注力する方法について詳しくは、次のビデオをご覧ください。View the following video to learn more about how you can zero in with precise targeting while you debug.

"ビデオの長さ:3.54 分"Video length: 3.54 minutes

パフォーマンスの向上Performance gains

1 回限り排他的な C++ データ ブレークポイントを .NET Core アプリケーション向けに採用しました。We've taken the once-exclusive C++ data breakpoints and adapted them for .NET Core applications.

Visual Studio 2019 のデバッグ データ ブレークポイントを示すアニメーション

コードを C++ と .NET Core のどちらで書いている場合でも、データ ブレークポイントは通常のブレークポイントを配置する適切な代替手段となります。So whether you're coding in C++ or .NET Core, data breakpoints can be a good alternative to just placing regular breakpoints. データ ブレークポイントは、グローバル オブジェクトがリストのどこで修正、追加、削除されているかを見つけるようなシナリオでも適しています。Data breakpoints are also great for scenarios such as finding where a global object is being modified or being added or removed from a list.

また、大規模なアプリケーションを開発している C++ の開発者の場合、Visual Studio 2019 ではシンボルをプロセス外にできるため、メモリ関連の問題が発生することなくアプリケーションをデバッグできます。And, if you're a C++ developer who develops large applications, Visual Studio 2019 has made symbols out of proc, which allows you to debug those applications without experiencing memory-related issues.

デバッグ時の検索Search while debugging

以前にも使ったことがあるかもしれませんが、値セットの中の文字列をウォッチ ウィンドウで調べます。You've probably been there before, looking in the Watch window for a string amongst a set of values. Visual Studio 2019 では、検索するオブジェクトと値を見つけやすくするため、ウォッチ、ローカル、自動変数のウィンドウに検索が追加されました。In Visual Studio 2019, we've added search in the Watch, Locals, and Autos windows to help you find the objects and values you're looking for.

Visual Studio 2019 のデバッグ検索ウィンドウを示すアニメーション

また、ウォッチ、ローカル、自動変数のウィンドウに表示される値を書式設定することもできます。You can also format how a value is displayed within the Watch, Locals, and Autos windows. 任意のウィンドウ内でいずれかの項目をダブルクリックしてコンマ (",") を追加し、使用可能な書式指定子のドロップダウン リストにアクセスします。各書式指定子には、意図した効果の説明が含まれています。Double-click one of the items in any of the windows and add a comma (",") to access the drop-down list of possible format specifiers, each of which includes a description of its intended effect.

Visual Studio 2019 の新しいウォッチ ウィンドウと値の書式設定機能

詳細については、「Enhanced in Visual Studio 2019:Search for Objects and Properties in the Watch, Autos, and Locals Windows」(Visual Studio 2019 での機能拡張: [ウォッチ]、[自動変数]、[ローカル] ウィンドウでオブジェクトとプロパティを検索する) ブログ投稿をご覧ください。For more information, see the Enhanced in Visual Studio 2019: Search for Objects and Properties in the Watch, Autos, and Locals Windows blog post.

スナップショット デバッガーSnapshot Debugger

何が起きているかを正確に把握するため、クラウド内でのアプリの実行のスナップショットを取得します。Get a snapshot of your app's execution in the cloud to see exactly what's happening. (この機能は Visual Studio Enterprise でのみ使用できます。)(This feature is available in Visual Studio Enterprise, only.)

Visual Studio 2019 Enterprise のスナップショット デバッガーを示すアニメーション

Azure VM で実行される ASP.NET (Core およびデスクトップ) アプリケーションを対象とするサポートが追加されました。We've added support for targeting ASP.NET (Core and desktop) applications that run on an Azure VM. また、Azure Kubernetes Service で実行されるアプリケーションのサポートが追加されました。And, we've added support for applications that run in an Azure Kubernetes Service. スナップショット デバッガーは、実稼働環境で発生する問題の解決にかかる時間を大幅に短縮するのに役立ちます。The Snapshot Debugger can help you dramatically reduce the time it takes to resolve issues that occur in production environments.

詳細については、「Debug live ASP.NET Azure apps using the Snapshot Debugger (スナップショット デバッガーを使用したライブ ASP.NET Azure アプリのデバッグ)」ページと「Introducing Time Travel Debugging for Visual Studio Enterprise 2019 (Visual Studio Enterprise 2019 のタイム トラベル デバッグの概要)」ブログ投稿を参照してください。For more information, see the Debug live ASP.NET Azure apps using the Snapshot Debugger page, and the Introducing Time Travel Debugging for Visual Studio Enterprise 2019 blog post.

Microsoft Edge Insider サポートMicrosoft Edge Insider support

16.2 の新機能: Microsoft Edge Insider ブラウザーを使用して、JavaScript アプリケーションにブレークポイントを設定し、デバッグ セッションを開始することができます。New in 16.2: You can set a breakpoint in a JavaScript application and start a debug session by using the Microsoft Edge Insider browser. これを行うと、Visual Studio によって、新しいブラウザー ウィンドウが開き、デバッグが有効になります。このウィンドウを使用して、Visual Studio 内でアプリケーションの JavaScript をステップ実行することができます。When you do so, Visual Studio opens a new browser window with debugging enabled, which you can then use to step through application JavaScript within Visual Studio.

ブラウザーでの JavaScript コードのレンダリングを示すスクリーンショット

次の内容What's next

Visual Studio 2019 は、より優れた開発を可能にする新機能で頻繁に更新されています。We update Visual Studio 2019 often with new features that can make your development experience even better. 最新のイノベーションの詳細については、「The Visual Studio Blog」 (Visual Studio に関するブログ) を参照してください。To learn more about our latest innovations, check out the Visual Studio Blog. 現在までプレビューでリリースしたものの記録については、プレビュー リリース ノートに関する記事を参照してください。And for a record of what we've released in preview to date, take a look at the Preview Release Notes.

Visual Studio 2019 のその他の機能について詳細を知りたい場合は、Want to know more about what else is in the works for Visual Studio 2019? Visual Studio のロードマップに関するページを参照してください。See the Visual Studio Roadmap.

フィードバックの送信Give us feedback

Visual Studio チームにフィードバックを送ることにどんな意味があるのでしょうか?Why send feedback to the Visual Studio team? お客様からのフィードバックは、すべて真剣に考慮することにしています。Because we take customer feedback seriously. フィードバックによって今後の動向が左右されることになります。It drives much of what we do.

  • Visual Studio を向上させることができるご提案がある場合は、[機能の提案] ツールを使用して、ご提案を送信してください。If you want to make a suggestion about how we can improve Visual Studio, you can do so by using the Suggest a Feature tool.

  • ハング、クラッシュ、またはその他のパフォーマンスの問題が発生した場合、[問題の報告] ツールを使用すると、再現コードやサポート ファイルを簡単に Microsoft と共有することができます。If you experience a hang, crash, or other performance issue, you can easily share repro steps and supporting files with us by using the Report a Problem tool.

関連項目See also